Yahoo! JAPAN

朝ドラの脇役・助演からブレイクした女優&俳優ランキング…有村架純(あまちゃん)、ディーン・フジオカ(あさが来た)、中村倫也(半分、青い。)らランクイン

ランキングー!

 朝ドラの脇役・助演からブレイクした女優&俳優ランキング

大勢の人が視聴する朝ドラでは、主役はもちろんのこと脇役・助演の俳優も注目されますよね!主人公の家族や親友を演じてブレイクし、一気にスターダムを駆け上った人はたくさんいます。また脇役を演じたことをきっかけに実力が認められ、自身が朝ドラのヒロインに抜擢された女優も!朝ドラの脇役・助演はブレイク前の俳優にとって大きなチャンスなんですね!
今回は朝ドラの脇役・助演からブレイクした女優や俳優のランキングをご紹介します。


1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【朝ドラの脇役・助演からブレイクした女優&俳優ランキング】

第1位 ディーン・フジオカ(あさが来た)
第2位 有村架純(あまちゃん)
第3位 中村倫也(半分、青い。)
(4位~20位は『ランキングー!』サイトに掲載中)

社会現象を引き起こすほど話題に!第1位はディーン・フジオカ(あさが来た)!

<投票者のコメント>
「私は『あさが来た』以前からのファンでしたが、このドラマから一気にドラマやCMが激増して、ファンが増えた印象!」

「あまりにかっこよくて、衝撃を受けました。五代さんが亡くなったあと、ロスが苦しかったです…」

「『あさが来た』は彼のドラマだったと思います。すごい存在感で、とてつもなく素敵だった」

1位の朝ドラ脇役からブレイクした俳優はディーン・フジオカさん!
「あさが来た」で、あさ(波瑠さん)が尊敬する実業家・五代友厚を演じました。英国紳士風のスマートなルックスで流ちょうな英語を話す五代は瞬く間に大人気となり、朝ドラファンからは「五代様」と呼ばれていましたよね~!五代がドラマの中で亡くなると「五代ロス」という言葉が生まれるほど、人気を博していました。
ディーン・フジオカさんは「あさが来た」の翌年には「ダメな私に恋してください」でヒロイン・深田恭子さんの相手役を演じるなど、主役級の俳優となり大ブレイク!そして2020年10月からは「危険なビーナス」に出演中です。爆イケのおディーン様にまた毎週会えます…!!


回想シーンを演じて大ブレイク!第2位は有村架純(あまちゃん)!

<投票者のコメント>
「本当に可愛い!大好き!!80年代アイドルの装いが本当に似合っていて印象的でした」

「小泉今日子に雰囲気が似ていて、注目され人気が出た気がします」

「回想シーンなど妖精のように時々出演しただけなのにその後のブレイクが半端なかった!」

2位朝ドラ脇役からブレイクした俳優は有村架純さん!
「あまちゃん」では主人公アキの母親・天野春子(小泉今日子さん)の若い頃を演じていました。聖子ちゃんカットが似合っていて、アイドルを目指して上京する姿が印象的でしたね!有村架純さんはこの役をきっかけに知名度をさらに上げ、大ブレイク!ドラマに引っ張りだこになりました。
2017年には脚本家の岡田惠和さんの強い希望で「ひよっこ」のヒロインに抜擢されたことも記憶に新しいですよね!2020年10月からの新ドラマ「姉ちゃんの恋人」に主演も決まっていて、こちらの脚本も「ひよっこ」と同じ岡田さん!朝ドラファンにもたまらない組み合わせです!


かわいい仕草と声に癒される!第3位は中村倫也(半分、青い。)!

<投票者のコメント>
「昔からからファンでしたが、明らかに『半分、青い。』に出演後からお芝居のチケットが取りづらくなってます!」

「『半分、青い。』で初めて知りました。いい俳優さんだと思いました」

「まあくんのトリコでした!!」

3位の朝ドラ脇役からブレイクした俳優は中村倫也さん!
「半分、青い。」では主人公の楡野鈴愛(永野芽郁さん)の友人、マアくんを演じました。おっとりした喋り方や律と再会した時に両手を広げて喜ぶ姿などに視聴者からは「かわいい!」という声が続出!鈴愛と淡い恋のような展開もありましたが、マアくんが「そんなつもりじゃなかった」と突き放したシーンには驚いた方も多いのでは?
中村倫也さんは2020年10月期のTBS系ドラマ「この恋あたためますか」に出演!また胸キュンさせてくれそう~!


4位以下には他にも、高畑充希(ごちそうさん)さんや、杉咲花(とと姉ちゃん)さん、土屋太鳳(花子とアン)さんなどがランクイン!あなたが好きな女優&俳優は何位?

以上、10-60代の女性4512名が選んだ「朝ドラの脇役・助演からブレイクした女優&俳優ランキング」でした。

4位以下のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:10-60代の女性4512人を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。

【関連記事】

おすすめの記事