Yahoo! JAPAN

サンボマスター、汗と涙と笑顔の“全員優勝”ライブ、横浜アリーナワンマンのセットリスト・プレイリストを公開 大阪城ホール&日本武道館ワンマンも発表に

SPICE

サンボマスター 撮影=浜野カズシ

約6年ぶり10作目となるニューアルバム『ラブ&ピース!マスターピース』をリリース、さらにデビュー20周年を記念し、11月19日(日)に横浜アリーナでサンボマスターのワンマンライブ『全員優勝フェスティバル ~ゴールデンLIVE‘it !~』が開催された。11581人が詰めかけたワンマンライブは大盛況のうちに終了した。

老若男女問わず大人気のサンボマスターが歴代のヒット曲を多数含む全24曲を披露。「ミラクルをキミとおこしたいんです」からスタートしたこの日のライブ、開始早々から「はじまっていく たかまっていく」、「世界をかえさせておくれよ」、「ヒューマニティ!」とアッパーチューンを立て続けに届けた。

サンボマスター 撮影=SARU

ヒートアップした会場をクールダウンするかのように久しぶりに披露された「ビューティフル」そして「戦争と僕」。祝祭の中にもロックバンドとして伝えるべき、共有すべきメッセージを観客に伝える、「ラブ&ピース」を常に願いと共に伝え続けるバンドの想いをしっかりとリスナーの脳裏に刻み込んだ。

MCをはさんで披露したロッカバラッド「ラブソング」では会場がスマホのライトに照らされる幻想的な光景に。中盤からはさらにメッセージ色の強い楽曲を立て続けに披露し、会場は一体感を増していく。

サンボマスター 撮影=浜野カズシ

後半は、「Future is Yours」、「輝きだして走ってく」、「笑っておくれ」など最新のヒット曲を連発しバンドも観客のボルテージも最高潮に。そして老若男女に愛される世代を超えた応援歌「できっこないを やらなくちゃ」では会場が大きく揺れる。

本編最後となる「花束」では、詰め掛けた11581人の観客に配布された花を、一人ひとりが大事な人を思いながらサンボマスターと共に大合唱。「あなたが花束!」と泣きながら笑顔で大合唱する観客、サンボマスターの奏でる音楽を通じて会場が一体となった。汗と涙と笑顔の花が会場中に咲き乱れた3時間半、文字通り「全員優勝」のライブとなった。

サンボマスター 撮影=浜野カズシ

サンボマスター 撮影=SARU

なお、各音楽配信サイトでは、この日のセットリストに基づいたPlaylistが公開されている。

さらに、ライブ中には来年、大阪城ホールと日本武道館でワンマンライブを実施することも発表された。

サンボマスター 撮影=浜野カズシ


【関連記事】

おすすめの記事