Yahoo! JAPAN

沖のルアー釣り満喫 タイラバ・ジギング・イカメタル【福岡・海政丸】

TSURINEWS

大ダイ70cmが登場(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

北九州市戸畑港の海政丸で、タイラバ&ジギング、イカメタルに挑戦した。大型のバラシもあったが、マダイにアオナとお土産いっぱいとなった釣行をお届けする。

海政丸でルアー釣り

5月10日、北九州市戸畑から海政丸に乗り込み、タイラバ&ジギング、イカメタルに挑戦した。

当日はTEAM雑魚の原田さん、ほか3人で、午前6時に出港。約1時間30分で角島沖(山口県下関市)周辺に到着した。

水深は約80m。中潮で9時ごろが満潮なので、パラシュートを入れて、イカメタルで開始。すぐに良型のケンサキイカがロッドを曲げるが、4月の昼イカの勢いはなく、釣れても単発。

そこで私は早々にタイラバに変更。ホワイトゴールド系の80gのヘッドに、ゴールド色カーリー形状のネクタイをセットして攻めてみた。

タックル例(作図:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

タイラバでマダイ&アオナ40cm

水温はかなり上がってきていると思うが、シケ後でデカいのが食ってくる気配に、ワクワクしながら落としていく。

1投目からロッドを押さえ込むアタリでマダイ40cmが釣れ、活性は良さそうなのだが、その後が続かない。仕掛けをいろいろ替えて、ようやくアオナ40cmをゲット。

筆者にアオナ40cm(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

同船者に大ダイ70cm

船上ではほかの人もタイラバに変更し、原田さんは小型ジグでスーパーライトジギングにチャレンジしている。

9時ごろ下げ潮が入り、ぽつぽつとアラカブや小ダイなど釣れだした。そして原田さんに大アタリがあり、ラインが何度も引きだされている。

私にも30回ほど巻いたところでいきなりアタり、ラインが勢いよく出ていく。かなりデカいと確信し、気合いが入る。

そうこうしていたら原田さんにマダイが上がってきて、70cmを超える大ダイだ。

大ダイ70cm超(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

お土産たくさん

私も慎重にやり取りするが、残り20mのところで最後の抵抗をされ、反転した時にロッドが軽くなり、惜しくもラインブレイクとなってしまった。姿だけは確認したかったが。

またまた原田さんにアタリで、同サイズのマダイを取り込んだ。

それからは良型のアオナ、ホウボウ、レンコダイなど、お土産もたくさんヒットして船上は盛り上がった。

祝大漁 祈安全

同船者も良型のマダイを手中に(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

<週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年6月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post沖のルアー釣り満喫 タイラバ・ジギング・イカメタル【福岡・海政丸】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめ アフターフィッシング「激旨ラーメン」編 営業部・齋藤智さんの場合 | 沖縄・兵庫

    WEBマガジン HEAT
  2. 【京都】シェフがこっそり教える「一度は食べておくべきテイクアウトグルメ」3選

    anna(アンナ)
  3. 【読めそうで読めない】「鮃」の正しい読み方は?「たい」は間違い?

    LAURIER PRESS
  4. 2021年5月2日オープン Pizzeria La Balena(ピッツェリア ラ バレーナ)

    京都速報
  5. 本当に当たった!ママたちが当選したことがある、すごい懸賞品とは?

    ママスタセレクト
  6. <父娘の里帰り出産>母を亡くしたばかりの実家。孫を心待ちにする父……私は帰るべき?【後編】まんが

    ママスタセレクト
  7. 東京五輪女子バスケで日本が劇的勝利!メダルかけて準決勝フランス戦へ

    SPAIA
  8. <本当はアレルギー>おやつ禁止の理由を「お金を払っていないから」と言う学童の先生に【前編】まんが

    ママスタセレクト
  9. <残酷な孫差別>【後編】実母の孫差別が許せない!非常識な毒親と今後も関わらないといけない?

    ママスタセレクト
  10. 【読めたらスゴイ漢字】「玉蜀黍」なんてよむ?“夏に美味しい黄色い食べ物”です。

    saita