Yahoo! JAPAN

実食!地元民おすすめのおいしい木更津カレー3選【隠れ家カフェのスープカレー/老舗・山麓/藤井聡太の勝負メシ】

ちいき新聞

実食!地元民おすすめのおいしい木更津カレー3選【隠れ家カフェのスープカレー/老舗・山麓/藤井聡太の勝負メシ】

いよいよ夏本番。暑いときに食べたくなるのがカレーですよね。

そこで数ある木更津の人気店から、本格カレーが食べられるお店を3店ご紹介します。

隠れ家カフェから老舗の名店、はたまた人気スポットで食べられる話題のカレーまで、バラエティーに富んだラインナップ。

地元民が実食し、自信を持っておすすめする名店ばかりです。

おうちカレーもいいけれど、手間をかけ、プロの技が光るお店カレーをご賞味あれ!

目次▼ 1日限定20食の本格スープカレー「いせもとcafe」 ▼ 木更津に「山麓」あり。説明不要の老舗カレー店。 ▼ 藤井聡太の勝負メシ!龍宮城スパホテル三日月「あさりカレー」

1日限定20食の本格スープカレー「いせもとcafe」

スープカレーってどんなカレー?

スープカレーは1990年代に札幌で発祥したご当地カレーです。

2000年代には全国でブームとなり、今や定番カレーの1つとなりました。

今回取材させていただいたのは、ブームになる前から木更津で本格的なスープカレーを提供してきた「いせもとcafe」。

お店の看板メニュー、1日限定20食のスープカレーをレポします。

スープカレー(チキン)1100円 ランチはドリンク・ヨーグルト付き

季節の野菜が入った「スープカレー(野菜)」もあります。

酒屋さんの倉庫だった!いせもとcafe

木更津駅西口で昭和初期から営業を続ける「伊勢元酒店」。

いせもとcafeの入り口は、その脇にあります。

看板を頼りに奥へ進むと…

隠れ家的雰囲気が漂う入り口が。わくわくしますね!

実はいせもとcafeは、伊勢元酒店がお酒を保存していた倉庫をリノベーションしたお店なのです。

いせもとcafeを営む田中千絵さん(右)とお母様の美枝さん(左)。

カウンターもあり、グループからおひとり様までくつろげる雰囲気です。

お子さん連れには特にうれしいソファー席もあります。

入り口に段差はなく、ベビーカーのまま入店できます。

現在はコロナ対策のためお休みしていますが、ジャズライブを行うこともありました。

倉庫だった頃、ここには荷物を運搬するレールが引いてあったんだそう!

お店の雰囲気含め、所々に倉庫の名残がうかがえるのも楽しい。

いせもとcafeのスープカレー誕生秘話

いせもとcafeは2004年にオープンしました。

ところで、札幌では人気であったものの、まだ全国的には知られていないスープカレーを、いせもとcafeではどうしてメニューに加えたのでしょうか?

「ここでしか食べられないメニューを提供しようと情報を探していたら、札幌の知人がスープカレーを教えてくれたんです。すぐに札幌に行き何軒も食べ歩き、このメニューに決めました。レシピは有名店を参考に考案したオリジナルです」(以下、田中千絵さん)

しかし食べ慣れているとろみのあるカレーとは違うため、当初の評判は芳しくなかったそう。

「最初は注文があまり入りませんでしたが、続けていくうちにリピーターの方が付いてくれるようになったんです。最初にスープカレーのファンになってくださったのは、シニア層のお客様でした。さらさらして飲み込みやすく、野菜がおいしいと言っていただきました。ニンジンは苦手だけど、ここのニンジンなら食べられる、っていう方もいらっしゃるんですよ」

「食べ方は?」「ご飯にレモン?」スープカレーを実食!

では、いよいよスープカレーの実食です。

目を引くのは何と言っても、どーん!と横たわったニンジン。ニンジンの下には、これまたごろりと大きいジャガイモが隠されています。

「大きな野菜がスープカレーの特徴なんですね。北海道は野菜の産地だから、こんなスタイルになったのかな?って想像しています」

ニンジンは、スプーンで簡単に割れました。かと言って煮くずれなどはしていません。ニンジンのそばには、これまたほろりと崩れそうな鶏肉が寄り添っています。

「野菜は食感を良くするため、カレーとは別に圧力調理しています。チキンもスープで煮込んでから加えています」

カレーにはリンゴ・トマトピューレなどの他に、半日かけてじっくり炒めた玉ねぎがたっぷり入っています。

これらを鶏のスープで煮込んでこし、オリジナルブレンドのスパイスを加えます。完成までには2日間かかるのだとか!

ところで、スープカレーの食べ方に作法はあるのでしょうか。

ご飯をカレーに入れるべき?それともカレーをご飯にかけるべき?

「食べやすいのはご飯をすくって、カレーに浸してから食べる方法でしょうか。ルールはないのでお好きな方法でどうぞ。ご飯をカレーに全部入れて、リゾットのようにして召し上がるお客様もいらっしゃいますよ」

なるほど。では安心していただきます!

ん~! スパイシーな香りが鼻に抜ける!

さっぱりとした辛みの奥に、野菜の風味も感じられます。

ゴロゴロ野菜の食べ応えが、これは「カレースープ」ではなく「スープカレー」なのだな、と実感させてくれます。

野菜を別調理しているので、具がカレー味一色にならず色々な味が一皿で楽しめます。

気になるのがご飯に添えられているレモン。これはカレーに絞るのですか?

「カレーでもいいですが、ぜひご飯に絞って食べてみてください」

え…白米にレモン…と、半信半疑でレモンを絞ってみたら。

これが、ものすごく合う!

スパイスの効いたカレーに、さっぱりとしたレモン風味のご飯がとてもおいしい。エスニック料理のような味わいに変わりました。これには驚きです。

爽やかな辛さのカレー。いせもとcafeのスープカレーはそんな味わいでした。

しっとり癒される隠れ家カフェで、くつろぎのひとときを過ごしてみませんか?

いせもとcafe 住所/千葉県木更津市富士見1-8-12 営業時間/昼11時30分~14時(ラストオーダー13:30)夜17時~20時(アルコール提供19時まで)※現在時短営業中 定休日/日曜 臨時休業あり。HPより事前に確認を 駐車場/伊勢元酒店前に3台。近隣にコインパーキングあり ■お子様連れ歓迎。ベビーカーのまま店内利用可能。 アクセス/JR木更津駅西口より徒歩約6分 問い合わせ/0438-22-2296(予約可) ※スープカレーは1日20食限定ですが、予約して取り置き可能です。 公式HP/https://isemotocafe.owst.jp/

木更津に「山麓」あり。説明不要の老舗カレー店。

創業45年を迎えたカレー専門店

「木更津のカレー専門店」と言えば「ああ、山麓ね」と、地元民が口を揃える人気店。それが山麓です。

創業45年を迎える今もなお、人々を魅了し続ける絶品カレーを求め、木更津本店を取材させていただきました。

名店と謳われる山麓への取材。期待と緊張が高まります!

店名は「お客さんが戻る憩いの場所に」の思いから

「山麓は1976年に、両親が清見台東に開いた店から始まりました。当時はカレー専門店ではなく、夜にお酒と食事を提供する店だったんです」

気さくに取材に応じて下さったのは、山麓本店店主の市川将仙(まさのり)さん。山麓を創業した市川昇一さんの長男です。

「開店当初はいろいろな料理を出していましたが、とりわけカレーが人気だったのでカレー専門店に転換したんです。両親は先見の明があったなあ、と思いますね」(以下、市川さん)

山の頂上を目指しても、人は必ず麓に戻ります。麓を通らずして頂上に行くこともできません。「山麓」の店名は、高みを目指しながらも原点を大切にするというカレーへの思いや、お客さんが戻ってくる憩いの場所になりたいという願いを込めてつけられました。

1988年、木更津市木更津に山麓本店を開店。それを機に将仙さんが山麓を引き継ぎました。

木更津の山麓本店。

現在席数を減らしての営業です。

置かれた漫画やカウンター席が居心地の良さを感じさせます。

カレーの辛さは6段階

山麓のカレーには、6段階の辛さ番付があります。

辛さの秘密は唐辛子とスパイスを使った自家製オイル。

家庭の中辛カレー程度の「十両」から始まり、「前頭」「小結」と1段階上がるごとに辛さは倍になっていきます。

お店では、お客さんに「どの辛さなら大丈夫?」と聞かれると、この3段階までをアドバイスするそう。

小結から上は「関脇」「大関」と進み、究極の辛さとされる最高ランクの辛さは「横綱」。

横綱になると、よほどの辛いもの好きでないと完食は難しいそう。しかし常連さんや、辛いものファンには高い人気を誇っているそうですよ。すごい。

ちなみにこの横綱カレー、市川さんは召し上がるんですか?と尋ねたところ「味見をして作るので自分は普通に食べられますし、父も食べていましたよ」とのこと。

山麓のカレーならば辛いだけでは終わらないはず。辛味好きの猛者は、一度横綱カレーにチャレンジあれ!

小麦粉を使わない山麓カレーは、冷たくしても固まることはありません。

そこで、お店では冷たいうどんをつけ麺のようにして食べられるメニューも提供しています。

実食!山麓カレー テイクアウトも可

さて、ついに山麓カレーを実食です。

「横綱カレーを体感!」…と言いたいところですが、今回は「前頭」「小結」を食べ比べてみることに。

とはいえ辛いものはあまり得意ではない私。ちょっぴり心配です。

まずは前頭カレーから。見た目はシンプルで、じっくり煮込まれた豚肉の塊が入っています。この豚肉、分厚いのにスプーンで簡単に切れました!

少しとろみのあるカレーを口に運ぶと、フレッシュな酸味とじっくり炒めた玉ねぎの甘味が感じられ、後から爽やかな辛味がやってきました。辛いですが、野菜の旨みの方を強く感じます。

次に辛さが心配だった小結カレー。おお!前頭より確かに辛い!

ですが旨みと野菜の風味は前頭カレーと同じく感じられ、おいしく食べ進められます。

辛さの感じ方はさまざまですが、私は前頭、小結カレー共に完食できました。

「カレーには玉ねぎやニンジン、香味野菜などの野菜をたっぷり入れ、3日かけて仕込みます。カレーのとろみは野菜のもので、小麦粉や、ジャガイモのようなデンプン質の野菜を使っていないので糖質控えめでヘルシーですよ。米は木更津の農家さんからの産地直送です」

山麓カレーでは2015年から地方発送の通販もしています。

またコロナ対策として、カレーのお弁当販売も始めました。

カレー弁当を持って公園で楽しむ、なんていう楽しみ方をするご家族もいるそうですよ。

また持ち帰り用のカレーも販売しています。

持ち帰り用カレーは通販と同じ形です。(250g 648円~)

※注文を受けてから作るため、店内でお食事する場合は、先に注文しておくとお帰りまでにパッケージしてくれます。

ポークカレーに特化した山麓カレー。この味を一筋に守り続けて

誕生してから、同じ味を守り続けてきた山麓カレー。

これには市川さんの、使命にも似た熱い思いがありました。

「山麓カレーの強みは、ポークカレーに特化した、45年間変わらない唯一無二のこの味です。『山麓カレーが食べたい』と、木更津を離れたお客様が通販で買ってくださったり、遠くからわざわざお店に来てくれたりするんです。そんなお客様たちのためにも、これからもこの味を守っていかなければと思いますね。山麓カレーは2021年で45年目を迎えました。この先50周年、100周年と続けて、道を究めていきたいです」

木更津に山麓あり。

山麓カレーはその味とともに、この先も私たちを迎えてくれるのでしょう。

山麓 本店 住所/千葉県木更津市木更津3-6-7 電話/0438-22-3383 営業時間/ 【ランチタイム】11時30分~14時ラストオーダー (ランチタイムに限りお子様の入店可) 【バータイム】 16時30分~22時 ラストオーダー21時 ※現在時短営業中 定休日/月曜 月に1回連休あり 駐車場/8台 アクセス/JR木更津駅東口から徒歩約10分 公式HP/http://www.c36.jp

藤井聡太の勝負メシ!龍宮城スパホテル三日月「あさりカレー」

棋聖戦で藤井棋聖が食べたカレー

2021年6月6日、龍宮城スパホテル三日月 富士見亭で、第92期ヒューリック杯 棋聖戦の5番勝負第1局が行われました。

対局したのは渡辺明名人、そしてこれが初防衛戦となる藤井聡太棋聖(当時)でした。

勝負の行方と共に注目されるのが、棋士が対局中に頼む「勝負メシ」。

勝負メシで、対局中の棋士の心理を探ろうとするファンもいるとか。

真相はさておき、棋聖戦で藤井棋聖が注文したのが、龍宮城スパホテル三日月のオリジナルメニュー「あさりカレー」だったのです。

藤井棋聖も味わったというあさりカレーとは、どんなカレーなのでしょうか。

食事だけでもOK!気になるあさりカレーの味は?

何種類もの温泉や屋外・屋内プールがあるレジャーランドとして有名な、龍宮城スパホテル三日月。実は、施設によっては食事だけの利用もOKなのです。

目指すあさりカレーは別館の「お祭りランド」内にある、軽食&喫茶「四季彩」で食べられます。

噂のあさりカレーはこちらです!

サラダや、らっきょうと福神漬けが両方付いてくるのがうれしい。

では早速いただいてみましょう。

これは大人から子どもまで大好きな味!

優しいまろやかな味で、辛さは控えめです。あさりとカレーの相性が気になっていたのですが、あさりはカレー味に染まる事なく、旨みがきちんと残っています。

野菜は、ズッキーニ、パプリカ、サツマイモ、レンコンが大きめカットで入っていて食べ応えあり。ズッキーニがジューシーで、カレーとの相性もグッドです。

周囲を見ても、あさりカレーを注文する人が多いです。

確かにプール後のカレーって、とりわけおいしく感じられますよね。

四季彩の方に伺ったところ、カレーのまろやかさの秘密は生クリームだそう。あさりの出汁も隠し味に入っているとか。

以前はピザが人気でしたが、6月に料理をリニューアルしてからは、あさりカレーが一番の人気メニューになったそうです。

龍宮城の中は別世界

あさりカレーをおいしく完食したところで、誕生の裏話や龍宮城スパホテル三日月について、担当の酒井さんにうかがいました。

-あさりカレーは以前からあったメニューなのでしょうか?

「はい。以前からありましたが、当初の具はあさりのみでした。6月に棋聖戦が行われるにあたり提供メニューを考案し、元々あったメニューについてはレシピを一新したんです。

あさりカレーのメニュー開発をしたのは、富士見亭で洋食を担当している仁平シェフです。他にも宿泊者向けのバイキングメニューで『ピーナツカレー』というカレーもあります」(以下、酒井さん)

これがピーナツカレー!

酒井さんによると「ゆで落花生が入っていて、食感がクセになるおいしさですよ」だそう。こちらも気になります。

-棋士の方はその場で注文するのですか?

「いえ、事前にメニューをお渡しして注文を伺います。藤井棋聖は対局先の名産を良く召し上がるそうなので、あさりカレーを選ばれたのかな、と思いました」

お祭りランドには、入館料はかかりません。

四季彩をはじめとする食事処や、お土産コーナーにゲームコーナー、トリックアートなどがあります。

-お祭り感あふれる建物全体の雰囲気が、非日常を感じさせてくれますね。

「龍宮城スパホテル三日月は『龍宮亭』『富士見亭』『スパ棟』そして『お祭りランド』とテーマがそれぞれ違います。全てを探検するには1泊2日はかかるのではないでしょうか?ぜひ泊まって体験してくださいね」

少しだけ体験!龍宮城ツアー

特別にお願いし、実際に棋聖戦が行われた部屋を見学させていただきました。

棋聖戦が行われたのは、富士見亭5階にある対局室です。

現在対局室を1時間貸し切って、棋聖戦で提供されたおやつを食べることができる、期間限定の宿泊プランがあります。(2021年7月現在。詳しくはお問い合わせください)

対局室は全面オーシャンビューで見晴らし満点。

ここであの名勝負が行われたのかと思うと、胸が熱くなります。

-酒井さんは対局当日、業務にあたっていたそうですね。

「はい。藤井棋聖もご案内しました。普段は物静かな可愛らしい青年、といった印象を受けましたが、対局前は一変、張り詰めた集中力とオーラを感じました」

取材に対応して下さった酒井さん。対局室には藤井棋聖と渡辺名人をはじめとする、棋士の色紙も飾られています。

富士見亭玄関前には、藤井棋聖と渡辺名人によって植えられた記念樹があります。

こちらの見学は自由にできます。

まさに龍宮城に迷い込んだように、時間を忘れて楽しんだひと時でした。

木更津観光とセットで、新名物あさりカレーを楽しむ。

これからの新定番になるかも知れませんね。

龍宮城スパホテル三日月 住所/千葉県木更津市北浜1番地(金田海岸) 営業時間/お祭りランド8時~21時 四季彩11時~20時 休館日/なし 料金/お祭りランドは入場料無料 入館料、プール・スパ利用料はHP参照 駐車場/840台 日帰り利用は5時間まで無料。以降1時間ごとに300円 アクセス/車の場合:木更津金田ICから約5分 電車の場合:JR木更津駅より無料送迎バスで15分 金田バスターミナルからも無料送迎バスあり ※送迎バス時刻表(http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/about/access/bus/) 問い合わせ/0438-41-8111 受付9時~20時 公式HP/http://www.mikazuki.co.jp/ryugu/

【関連記事】

おすすめの記事