Yahoo! JAPAN

華麗なるミスインターナショナルクイーン日本大会2024、大黒摩季ら豪華ゲストと共に織りなす美の祭典!

WWSチャンネル

ミスインターナショナルクイーン日本大会2024(※提供画像)

2024年2月2日(金)に美と才能が交差する舞台、
ミスインターナショナルクイーン日本大会を品川インターシティホールで開催する。

この一大イベントの審査員に、はるな愛、すみれ、世界的写真家レスリー・キー、
そしてタイ・パタヤからTIFFANY’S SHOWのオーナーアリサ、
オランダから2023年世界大会グランプリのソランジェさんら世界大会オーガナイズメンバーを招致し、
国際的に活躍できる美的センスあふれる日本代表のトランスウーマンを厳正に審査いただく。

また、ミリオンヒットを立て続けに放つ、大黒摩季が特別エールを送りに会場に駆けつけ、
大会でのグランプリをかけて日々努力を重ねた出場者へ向けて、会場にてエールを送っていただく。

・ミス・インターナショナル・クイーン日本大会2024見どころ

本大会までにセミファイナリストたちが入念に準備した気迫のステージはどれも目が離せなくなるものばかり。「パフォーマンス審査」は、楽曲・照明・衣装などの全ての演出を
セミファイナリストがセルフプロデュースするもので、
それぞれが自らの個性やストーリーを詰め込んだエンターテインメント性の高いステージ。

「水着審査」では、この日のために鍛錬を重ねた身体で溌剌としたウォーキングを披露。
「ドレス審査」では、煌びやかなドレスを纏って優美なしなやかさを表現する。

上記3ステージでの審査を勝ち抜いたファイナリスト3名が挑む最後の「スピーチ審査」は、
ファイナリストが歩んできたこれまでの人生、今後の目標、LGBTQへ寄せる想いなど、
それぞれの情熱が込められたステージになっている。

なお今回は有観客及び、生配信により開催され、初の試みとして本大会を
エンターテイメントショーのように楽しんでいただけるシャンパンサービスを付帯したV-VIPシートも
ご用意。さらにジェンダー観に悩みを持つ小中高生への一助となるよう、
今大会から新たに学生割引チケット販売を開始。Z世代・α世代を含めより多くの人々に
LGBTQ(セクシャルマイノリティ)への理解が深まる機会となるよう願っている。
どうぞご期待いただきたい。

この一生に一度の美の祭典をお見逃しなく。チケットは数量限定で発売中。
早めの購入で、最前線で美を感じる贅沢なひとときを楽しんでいただきたい。

【名称】Miss International Queen JAPAN 2024

【開催地】品川インターシティホール

【住所】〒108-0075 東京都港区港南2-15-4 品川インターシティ ホール棟

【日程】2024年2月2日(金)

【時間】開場 15:00 開演15:40

【出演者】

 司会:ドリアン・ロロブリジーダ、ユージ

 審査員:はるな愛、すみれ、レスリー・キー、岡部鈴、他

 パフォーマー:Miss International Queen JAPAN 2023 グランプリ TOMO、他

【主催】一般社団法人アルコイリス

 (〒141-0031 東京都品川区西五反田5-10-7齋藤ビル1F 代表理事 江島 舞)

【運営事務局】ミスインターナショナルクイーン ジャパン 実行委員会

The post 華麗なるミスインターナショナルクイーン日本大会2024、大黒摩季ら豪華ゲストと共に織りなす美の祭典! first appeared on WWSチャンネル.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 流行に左右されない上品なトートバッグを本屋さんで発見!見た目以上の大容量でヘビロテ確定!

    ウレぴあ総研
  2. 推し活ダイアリー♡ vol.7|「トム・エバハート展」開催中♪日本初公開&先行販売スタートの名古屋会場レポート

    日刊KELLY
  3. 【コンビニ限定×ジルスチュアート付録バッグ】細部までカワイイが詰まった感動レベルだよ~♪

    ウレぴあ総研
  4. 大阪「マーベリックコーヒー&ボイド」で自家焙煎コーヒーと華やかスイーツを満喫

    PrettyOnline
  5. 「TAMBURINS」が4つの香りのホームフレグランスラインを発表

    Dig-it[ディグ・イット]
  6. まっすぐ続く「桜カーペット」が美しい 京都の雨夜を彩った花筏に反響

    Jタウンネット
  7. ギャンブル、ゲーム、酒、スマホ...。水原一平氏の報道で注目される「依存症」とは?ストレスが多い新年度のメンタルケアとともに克服法を教えます!

    アットエス
  8. 【倉敷市】「水と桜」を楽しむ酒津公園 ~ 約500本が咲き誇る桜のトンネルの下でお花見をしました

    倉敷とことこ
  9. 焼かれてふくらむ「おもち」に興味津々の猫 トースター前から離れない様子がかわいい

    ねこのきもちWEB MAGAZINE
  10. なきごと 最高を更新し続けるバンドの進境著しい姿、「素直になれたら」リリースツアー最終日レポート

    SPICE