Yahoo! JAPAN

座間市 よみがえる大凧の歴史 AIで写真はすべてカラー化

タウンニュース

写真集の編集を手がけた鈴木代表(左)と座間市大凧保存会の近藤会長

座間市の郷土史研究グループ「湘東歴史文化研究会」(鈴木義範代表)がこのほど、写真集「よみがえる座間I座間の大凧」を発刊した。人工知能(AI)の活用で明治期からの白黒写真をカラー化し、およそ200年前から始まったとされる大凧の歴史を一冊にまとめた。

写真集は、2020年に発足55年を迎えた座間市大凧保存会(近藤昭夫会長)の周年記念として編集された。全7章構成で131ページに、271枚の写真を収録した。

鈴木代表は元市職員で、現役時代は主に市史編さんを担当。市内を回って古文書や古い写真を資料として収集しており、写真集には市所蔵や同保存会、個人で所有する写真を使用した。

人口知能(AI)を活用したカラー化は、鈴木さんのアイデアによるもの。原爆投下前後の広島や長崎のまちの様子をカラー化で収録した写真集を見たことがきっかけ。「臨場感が伝わり、景色が浮かんでくる」とAIの活用を決めた。

移り変わり紹介

座間の大凧は、子どもの誕生と成長を祝う「祝い凧」として始まった。祝い凧は、高くあがるほど縁起がよいことから、次第に大きくなったと言われている。

写真集には凧の大きさを記録した日誌も収録。1878(明治10)年には、現在と同等サイズの大凧が掲揚されていたことを示す「六間(11メートル)位大凧出来」と記されている。

その年の世情を表す漢字2文字を、赤と緑で文字書きするのも特徴。日清戦争や第1次世界大戦、太平洋戦争が行われた明治期から昭和初期の戦時中は「丸勝」「倭魂」「必勝」など軍事色が強く、戦後には国民の願いであった「復興」が選ばれたことも。小田急線が全線開通した1927(昭和2)年は小田急のマークを赤、祝の文字を緑で書くなど時代の移り変わりも紹介している。

写真集について鈴木代表は「大勢の皆さんの協力でようやく発刊できた」と話し、同保存会の近藤会長は「大凧の歴史を通じて、子どもたちの郷土愛を育むきっかけにもなる」と喜んだ。

写真集は、同市観光協会で販売している。価格は1部2500円。(問)【電話】046・205・6515へ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 全てが三田牛♪「ビッグもも肉」丸焼きライブも実施 JR三田駅直結キッピースクエアで「第1回 肉フェス SANDA MEAT-1 GP」開催 三田市

    Kiss PRESS
  2. 【土用の丑の日2024】スーパーの安いうなぎがおいしくなる方法【今年は 7/24 と 8/5】

    特選街web
  3. 深夜2時に満席!福岡の飲食関係者らから圧倒的支持を得るラーメン居酒屋

    UMAGA
  4. うまく騙されないように、人の思考のクセを知っておこう。

    Books&Apps
  5. 新NISAで毎月「1万円」投資したら、10年後・20年後いくらになる?【必見!お金を賢く増やす方法】

    saita
  6. パリ五輪の新競技「ブレイキン」って結局どんなモノ? 予習にうってつけの〝体験イベント〟見つけた

    Jタウンネット
  7. 神戸阪急で『ミッフィーzakkaフェスタ』が開催されるみたい。夏季限定「うきわ&麦わら帽子ミッフィー」など登場

    神戸ジャーナル
  8. 「ミクスタ芝生開放デー」開催 プロスポーツ仕様の天然芝を親子で体験?【北九州市小倉北区】

    北九州ノコト
  9. 「くだもの王国おかやま」がフルーツ食堂開店!今が旬の白桃とぶどうを使った定食をアンテナショップで提供開始!

    舌肥
  10. ハスキー犬がお風呂から上がると…なぜか『ハイになってしまう様子』が面白すぎると615万再生「テンションMAXで草」「可愛いw」と爆笑

    わんちゃんホンポ