Yahoo! JAPAN

堤防での電気ウキ釣りで26cm筆頭に良型メバルが連発【熊本】場所移動が的中

TSURINEWS

今季最大の26.4cmをキャッチ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

三角周辺(熊本県宇城市)の堤防で、メバルが好調だ。3月10日に釣行した際は短時間で好釣果に恵まれた。

荒食い期に突入

三角周辺のメバルは12月から4月によく釣れる。なかでも荒食い期に当たる3月以降が数、型ともに望める。

釣り方はアオ虫をエサにした電気ウキ仕掛けが一般的だが、最近はルアーで狙う人も増えつつある。

まずは西港から

この日は午後9時半ごろが満潮(同県三角港)。上げ潮に分があることから、タイミングを見計らっての釣行だ。まずは通称・西港(三角西港)に着いた。知人のルアーマンはメバリングで、私はエサ釣り。釣り座を構え、すぐに準備に取りかかった。

電気ウキ釣り仕掛け(作図:TSURINEWSライター松田正記)

ウキは落下衝撃に強いLFスマート。ハリは虫エサが弱りにくい細身の速手チヌを選択。まずはサオ下から攻めてみた。

間もなくアタリが出始め15~18cmのメバルが連発。そのまま数を重ねたものの、型が今ひとつだ。そこで場所を移動することにした。

大田尾漁港

次に向かったのは隣接する大田尾漁港。車で僅か2分ほどだ。釣りイトを垂れると早速アタリが出た。小気味いい引きを味わい、抜き上げたのは23cmほどのメバルだった。

今季最大サイズキャッチ

幸先のいいスタートに期待したが、後が続かない。それでも手返しを続けると、ようやくウキが沈んだ。やはりサオ下だ。アワセを入れると、かなりの重量感。慎重にやり取りし、浮かせたのは今季最大の26.4cmのメバルだった。

電気ウキ釣りで良型メバル手中(提供:TSURINEWSライター松田正記)

釣れるパターン

その後は釣れるパターンにはまったのか、20cm前後を3連打。まだまだ釣れる感はあったものの、午後10時前に納竿した。

今後の展望

今回は2か所を回り、キープサイズは7尾。知人のルアーマンは4尾。この日は「たまたま」エサ釣りに軍配が上がった。周辺のメバルは4月いっぱい狙える。「場所移動」がカギのようだ。

<松田正記/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【北陸信越EXPO in 長岡】北陸・信越のグルメが盛りだくさん! まちづくりについて学ぶフォーラムも|長岡市

    日刊にいがたWEBタウン情報
  2. 爆発した車の芳香剤で顔や目に火傷 医師が夏の使用に警鐘鳴らす(米)

    Techinsight
  3. 安いだけで買わない。食費が「少ない人」と「多い人」の“見切り品”の買いかたの違い【まんが】

    saita
  4. 佐野慈紀、心臓弁膜症の手術よりも不安なこと「転院が決まりました」

    Ameba News
  5. 渋めのハワイアンシャツ着てるレディはどう? 「SUN SURF」のハワイアンシャツ

    Dig-it[ディグ・イット]
  6. 自由ケ丘高校の生徒が地元企業と探究学習をスタート 混合チームで課題解決?【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  7. 板宿商店街内に自家製ジェラート店『gelatosea』が移転するみたい。サラダ・スープ食べ放題のハヤシライスも

    神戸ジャーナル
  8. 1日2組しか入れない割烹旅館「常磐館」 100年経ても色あせない美しさにうっとり

    Jタウンネット
  9. 知ってそうで知らない【アジ・サバ・イワシの見分け方】意外な体の構造の違いとは?

    TSURINEWS
  10. ★明日のラッキー星座は? 12星座占い・運勢ランキング【2024年6月24日(月)】

    anna(アンナ)