Yahoo! JAPAN

有岡大貴、スイーツ男子・西島秀俊の変な行動を暴露「防護服のマスクに…」

ドワンゴジェイピー

有岡大貴、スイーツ男子・西島秀俊の変な行動を暴露「防護服のマスクに…」

Hey! Say! JUMPの有岡大貴が25日、都内で行われた映画「シン・ウルトラマン」の大ヒット御礼舞台挨拶に、主演の斎藤工、共演の長澤まさみ、西島秀俊、早見あかり、山本耕史、メガホンをとった樋口真嗣監督とともに登壇した。


昭和41年(1966年)の放送開始以来、海外でも100を超える地域で放送され、今なお根強い人気を誇る日本を代表するキャラクター“ウルトラマン”がウルトラマン55周年記念作品「シン・ウルトラマン」として映画化。企画・脚本はシリーズのファンを公言している庵野秀明が務め、次々と巨大不明生物が現れる日本を舞台に、誰も見たことのない“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く。




5月24日までの公開12日間で観客動員143万人、興行収入21.6億円を突破するなど、大ヒット中の本作の反響を聞かれると、禍特対のメンバー・滝明久役を演じる有岡は「僕の周りも幅広い年齢層の方から『見たよ』という声をいただいて、感想でしたり、『〇〇が出てくる〇〇のシーンが興奮した』と言ってくださるので、僕もやっとお話しできると思って嬉しかったんですけど、まだ周りには楽しみに待っている方もいるので、そういった方は嫌な顔をして耳を塞ぐんですけど、大っぴらに感想を言えるのはまだ先かなと。密談でコソコソと感想を聞きながらお話をしているって感じですね」と明かした。


また、反響を聞かれた樋口監督がネタバレ発言をすると、有岡は「さっき説明聞いてました?」と突っ込んで笑いを誘い、斎藤も「袖で散々言われましたけどね。そこだけは言うなと。そこだけの“そこ”を言いましたね」と苦笑した。


今回、長澤演じる主人公の相棒・浅見弘子が巨大化するという情報の公表が解禁となったが、どんな風に撮影を行ったのか尋ねられた長澤は「グリーンバックですね(笑)。説明があって1人で地味に撮影していました」と明かし、「『もうちょっと足上げて』とか『もうちょっと肘うえ』とか、『倒れるときに動かないで倒れて』とか。それが痛くてですね、なかなか1人で大変でした」と回顧。同シーンに出演する有岡は「(撮影)初日だったんですよね。大勢のエキストラの方がご協力してくれていたんですけど、『浅見さんが出たぞ』とは指示を出せないので、演出部の方がエキストラの方に向かって『あそこから怪獣が出てくるので逃げてください』って説明しているのがすごく面白かったです」とエピソードを明かした。


さらに、本作の舞台挨拶に初登壇となった山本が演じるメフィラスのセリフ『私の好きな言葉です』にかけて、自身の好きな言葉を発表する企画も行われ、“ご自由にお取りください”と答えた有岡は「みなさん、きっとお好きな言葉だと思うんですけど、僕は小さい頃からお母さんが銀行に行くときについていくと、窓口に飴があって、そこに『ご自由にお取りください』って書いてあったので、それを楽しみにお母さんの銀行について行ったりしました」と振り返り、「あと、『シン・ウルトラマン』の初日に円谷さんがウルトラマンのグッズをテーブルに並べてくださって『ご自由にお取りください』と。それがすごく嬉しかったんですけど、誰よりもはしゃいでいたのは樋口さんでしたね」と暴露。これに樋口監督は「みんな遠慮していたみたいなので、こうしていいんだよってお手本を見せました」と言い訳をした。



加えて、“プロテイン”と出した山本と同舞台挨拶開始前に筋肉談義をしていたことを明かされた有岡は「いろいろとトレーニングを教えていただいたり、プロテインを紹介していただいたりしたので、(山本は)筋肉に師匠です」と語り、西島が“スイーツは別腹”と発表すると、有岡は「常にスイーツを求め、現場でも歩いていましたよね」と打ち明け、「防護服を着ていたときも、『匂いだけでも』って言ってお菓子を防護服のマスクのここにスナック菓子を当てて嗅いでましたよ」と暴露。早見も「やってました!」と同調すると、西島は「本当に匂いが嗅げるんですよ!」と目を輝かせた。

【関連記事】

おすすめの記事