Yahoo! JAPAN

曖昧な態度をとり続ける理由って?彼からの脈ナシサインの見分け方

mer

曖昧な態度をとり続ける理由って?彼からの脈ナシサインの見分け方

彼にアプローチしているのになかなか努力が実らない! そもそも今の関係性が脈アリかどうかもわからないまま、一生懸命頑張っているのでは? もしかしたら、すでに彼からは「脈ナシです!」と宣言されている可能性も…。貴重な時間をこれ以上無駄にしないためにも現状を一緒に分析してみましょう!

具体的なデートの日程が決まらない

ずっとLINEが続いていても、それだけでは安心できません。なぜなら、彼はただ暇を持て余して返信しているだけかもしれないからです。「そろそろ会おうよ!」と提案しても、具体的な日程が彼から提示されないなら、残念ですが脈ナシの可能性が高いです。

彼としては2人きりで会うつもりはなく、友人以上の感情はもっていないはずです。もしお互いが真剣に想い合っていれば、2人の間に障害は発生しないでしょう。なかなか会えないなら、それが彼の気持ちなんです!

LINEがすぐに途切れてそのまま放置

LINEを送ってもすぐに途切れてしまうなら、残念ながらこのケースも脈ナシと判断して問題ないでしょう。もちろん返信が早いだけでは脈アリとは断定できませんが、すぐに途切れてしまう、なおかつ彼から再び連絡がくることがないなら、すでに2人の未来は決まっています。

おそらく何度も送り直しても、すぐに途切れる状況がこれからも続くだけです。正々堂々と気持ちを伝えてからフェードアウトするか、それともこのままそっと卒業するか、今の恋の終わり方は自分次第です。

「忙しい」が定番の口癖

やたらと返信が早いときと間隔が空く差が激しいなら、彼はすでにあなたに対して「脈ナシです」と宣言しているのと変わらない状況です。

彼から返信がなくて「最近忙しいの?」ともう一回送り直したときに「今は忙しくて」「忙しいから落ち着いたら連絡するね」と言われ続けているなら、本当に忙しいのではなく、彼としては他に本命がいるか、タイプではないから「忙しい」を言い訳にしているはずです。

恋する女子としては脈ナシなら正直に言ってほしいと思ってしまいますが、もしかしたら彼なりの優しさなのかも。

返信はないのにSNSは頻繁に更新している

彼から返信がなくて不安になり、慌てて彼のSNSをチェック…。するとTwitterもInstagramも更新しているなら、彼はあくまでも友達としてあなたと連絡を取り合っているだけなのでしょう。

たまたまSNSを先に更新して、あとから返信する場合も十分考えられますが、長い間返信をしないうえにSNSだけを頻繁に更新しているなら忙しくはなく、彼としては少しずつフェードアウトしたいと思っている可能性が高いです。

今の時点では彼女ではありませんから「返信しないのになんでSNSは更新するの?」と指摘はできません。彼から脈ナシサインがでているなら、もうこれ以上アプローチを繰り返すのは、やめておきましょう。

彼が曖昧な態度をとり続けている理由は、ちゃんとあります。心のどこかで脈ナシサインを感じているなら、彼から卒業する準備を始めることが自分の未来に繋がります。今回はご縁がなくても、いつかは相思相愛の状態になって、何気ない日常の中で起きた出来事も大切な彼とシェアできますから安心してくださいね♡

構成・文/山口 恵理香

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「おやつ。」自分でオモチャを片付けるフレブルの、報酬のおねだりが早くて笑った【動画】

    French Bulldog Life
  2. 北翔海莉・中村誠治郎出演 ドラマティック・レビュー『うたかたのオペラ』上演決定

    SPICE
  3. 広島のサウナが丸わかり!ととのうとは?ウェブメディア「37HIROSHIMA」がオープン!

    ひろしまリード
  4. [2021年市長選] 市民主催の公開政策討論会の動画公開 追加の質問も収録

    上越タウンジャーナル
  5. 巨人が亀井の引退記念グッズを発売! Tシャツやキャップなど全8アイテム

    SPICE
  6. 【ホームテレビ女性アナウンサー・リレーコラム】それぞれの秋 坪山奏子編

    ひろしまリード
  7. 【キャンプしたい!】車中泊スポット&キャンピングカーのシェアリングサービスが手軽でお得!

    特選街web
  8. 【セブン】南関東民やったね!「ぐりとぐら」風ホットケーキのもとが登場したよ。

    東京バーゲンマニア
  9. 横浜駅西口 ジョイナス 2021秋限定スイーツ6品をチェック! なかでも注目はつるつる食感「ほうじ茶グラノラショコラグラス」

    鉄道チャンネル
  10. 室屋義秀の新エアレースチーム参戦会見 LEXUSとの「ワークス」体制

    おたくま経済新聞