Yahoo! JAPAN

これぞハリウッド系漫才!? “ツッコミ担当”ベン・アフレックと“ボケ担当”マット・デイモンが見事に噛み合わない!!

Techinsight

ベン・アフレック&マット・デイモン、親友コンビが“漫才”に挑戦!?

このほど米俳優ベン・アフレック(48)によって公開された、親友マット・デイモン(50)とのおもしろ共演動画が大きな反響を集めている。

【この記事の他の写真を見る】 【この記事の動画を見る】

ベン・アフレックは現地時間16日、自身のInstagramにある動画を投稿した。その動画には一瞬誰だか分からないほど変貌したベンと、かねてより大変仲が良いことで知られる俳優マット・デイモンが登場している。2人が共演した動画のタイトルは「ベン・アフレック&マット・デイモンとロサンゼルスでお出かけしよう」だ。チャリティサイト「Omaze」とタッグを組み、ファンらに彼らとの交流機会をオファーするものである。寄付者の中から抽選で選ばれた幸運なファンはロサンゼルスでベン・アフレック&マット・デイモンとランチをする機会が得られる。その売り上げは非営利組織「Eastern Congo Initiative」と「Water.org」に寄付され、コンゴ民主共和国の支援や世界17か国への安全な水の供給などに充てられるという。ベンとマットはその寄付金を募るためにPR動画をこしらえたのだが、動画中の2人のやり取りが大反響を呼んでいる。

ベン・アフレックとマット・デイモンがそれぞれ自己紹介を始めると、まずはベンが「僕達は君をロサンゼルスに招待し、一緒にランチしたりお出かけをしたいと思うんだ」と本題に入る。次にマットが「君がロサンゼルスまで飛んできて、友達になってそして…」と続けようとすると、ベンが「ちょっと待って、ちょっと待て。カット、カット」と話を遮って「もうちょっとひねりを入れてよ。もっとこう、魅力的に感じるようアピールしてよ」とマットに文句をつけ始める。マットが「ひねりってどういう意味さ?」とベンに反論すると、「だって見てよ? 誰もこんな男とディナーしたいなんて思わないでしょ。だからもう1回やり直し。もっとプッシュするようにね」とベンが自虐気味にマットに再度アピールし直すよう告げるのだ。

ベンの指示通りマットが声色をかえてPRし直すも、ベンは気に入らないのか「もう! 演じなくていいんだよ、ふざけないでくれ」と中断し「人間はそんな風にふるまわないでしょ! もっと普通にやってくれればいいんだ」とまたもやリテイクすることに。

このどこか噛み合わないやり取りだけでも十分面白いのだが、テイク3に入るとますますヒートアップ。ベンが「彼らに興味を持たせるように説明をしてほしいんだ。たとえば『“ジェイソン・ボーン”または“バットマン”に会いに来てよ』みたいな」と、マットが長年演じている「ジェイソン・ボーン」とベンが演じた「バットマン(6代目)」を引っ提げてPRするよう伝えるも、マットは「ロバート・パティンソン(現役のバットマン)に会えるの!?」と切り返す。これに対しベンは「違う! まあジェレミー・レナーはいるだろうけどね」と、マットが主演を務めたジェイソン・ボーンシリーズのスピンオフ作品『ボーン・レガシー』(2012年公開)で主人公アーロン・クロス役のジェレミー・レナーを挙げて反撃。「ジェレミーはジェイソン・ボーンを演じていないでしょ。彼はジェイソン・ボーンシリーズの世界を広げただけさ」とマットが異論を唱えると、「ジェレミーはその映画をより一層おもしろくさせた」と賛成するベン。最後にはマットが「ロバート・パティンソンは君の仕事を奪ったけどね」とジャブをかまして2人の“漫才”は終了する。

大ヒット映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997年公開)でともに脚本を務め、共演したベンとマットは幼少期の頃から親交があり、かれこれ40年以上の友好関係を築き上げている。そんな深い信頼関係のある2人だからこそできるジョークのやり取りにファンも心が和んだに違いない。ベンが投稿した動画には「『ロバート・パティンソンは君の仕事を奪った』でウケた」「ベンは永遠にバットマンよ!」と多くのファンから反響があり、なかにはトレードマークだった口周りの髭を剃ったことで劇的イメチェンしたベンに「一体なにがあったの?」というコメントも見受けられた。

画像2枚目は『Ben Affleck 2020年10月16日付Instagram「Matt and I have joined forces with @omaze to offer you the chance to come and hang out with us in Hollywood (once it’s safe to travel) and help @easterncongo & @water provide resources and support to communities in need.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MIE)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. えなこ、倉持由香、『ドラブラコラボ記念生放送』出演決定!

    Pop’n’Roll
  2. 水道水が燃える中国遼寧省の一部地域、市民も不安(中国)

    Techinsight
  3. 飼い主さんが発見!愛猫の面白くてツボる♡ 仰天&失敗事件簿

    ねこのきもちWEB MAGAZINE
  4. 【洗濯モノの山】毎日うんざり…片付けのポイントは「干す・たたむ・収納」の動線を短くすること

    特選街web
  5. 【セブン限定】パピコのピスタチオ味が再登場!濃厚クリーミーで最高に美味しい。

    東京バーゲンマニア
  6. 伊藤美来3rdアルバム『Rhythmic Flavor』ジャケ写公開 リリースイベント開催に本人絵柄のTカード発行&グッズ発売も決定

    SPICE
  7. 渋谷バス停・ホームレス殺人事件 時代と社会の歪みの中で不幸にも交差してしまった2つの人生…【ラサール石井 東憤西笑】

    日刊ゲンダイDIGITAL
  8. チャンバラトリオ山根伸介は巨人が試合に負けるとラジオをゴミ箱に

    日刊ゲンダイDIGITAL
  9. ジャニーズ大みそか「ネット重視」の戦略と商魂 NHK紅白歌合戦など眼中なし

    日刊ゲンダイDIGITAL
  10. バービーは成功し高い支持が 女性芸人“脱ブス”の背景に「いじり」の難しさ

    日刊ゲンダイDIGITAL