Yahoo! JAPAN

藤原季節が三島有紀子監督の言葉に涙...。DIVOC-12

動画ニュース「フィールドキャスター」

藤原季節が三島有紀子監督の言葉に涙...。DIVOC-12

「DIVOC-12」完成試写会が開かれ、松本穂香さん、小関裕太さん、藤原季節さん、ロン・モンロウさん、藤井道人監督、上田慎一郎監督、三島有紀子監督が登壇しました。

この「DIVOC-12」は12人の監督とCOVID-19をひっくり返したいという想いが込められ、新型コロナウイルス感染症の影響を受けているクリエイターや俳優陣を支援するために生まれたプロジェクトです。

今回「よろこびのうた Ode to Joy」の監督を務めた三島監督は主演の藤原さんに「歩という人間を生んでくださってありがとうございます。」と心のこもったお礼を贈ると、藤原さんの目には涙が…。

藤原さんは「『よろこびのうた』というのは出会いの映画でもあると思っていて、三島監督や富司純子に出会うことができて自分自身が救われました。」と涙ながらに語りました。

また今回登壇できなかった横浜流星さんからはビデオメッセージが届き、今回初めて映画に出演したというロン・モンロウさんは「横浜さんの演技力が凄くて、私は本当のアンナ(ヒロイン役)だと思いました。」と横浜さんの演技力の高さに驚いた様子を語りました。

12作品は短編映画という形で、それぞれが個性的な仕上がりにも注目。

上田監督は「自分が普段は観ないようなタイプの映画ときっと出会えると思いますし、今まで出会ってなかった何かに出会える確率がすごい高い映画だと思うので、まずは映画を楽しんでください。」と締め括りました。

DIVOC-12は今年の秋に公開されます。


【関連記事】

おすすめの記事