Yahoo! JAPAN

ボート釣り愛好家が教える【リーダーの素材・太さ・長さの選び方】

TSURINEWS

ワンランク上のリーダーを巻いたジギングリール(提供:TSURINEWSライター丸山明)

私のフィールドは瀬戸内海東端の播磨灘、ひとり気ままなボート釣りのシーンで失敗から学んだ播磨灘ノウハウです。今回は、ラインシステムの重要なパーツ、ショックリーダーです。一見不要に見えるものの、働き者の存在です。

ショックリーダーの必要性

強度抜群ですが、擦れには弱いPEラインを守り、その性能を100%発揮させるのが、ショックリーダーの役割です。

具体的に言うと、

・根(磯)、魚の歯や身体、船の底などとの擦れから守る
・サオ先への軟らかいPEラインの絡みを防止

などが、メインの目的となります。

細いポリエチレンの編み糸がPEラインの特徴のひとつですが、何かにこすりつけると容易に切れます。それは、磯など根周り、魚の歯など、船底、などの対策の河最右翼です。また、しなやかなラインが、サオ先端に絡むのを防ぐ目的もあります。その防止策として、PEラインの先端に5mくらい前後のフロロカーボンやナイロン素材のショックリーダーを接続します。

リーダーの素材はフロロカーボンかナイロンか

フロロカーボン素材のショックリーダー(提供:TSURINEWSライター丸山明)

フロロカーボン素材は、擦れに対してナイロンの2倍の強度という説もあります。ルアーフィッシィングでは圧倒的多数でしょう。では、ナイロン製はダメなのかというと、擦れに対して相対論では一歩譲るものの、ナイロン素材の強度はかなり高いです。

筆者はナイロンが好み

私は、カケアガリがきつく根があるポイントで、ブリ狙いやサワラジギングでは、フロロカーボンラインを使用しますが、それ以外は軟らかいナイロンラインが好みで、見劣りはありません。基本は好みです。フロロカーボンラインは擦れ強度があるので、あの硬さがどうにも馴染めず、伸び率の高いナイロンラインは、それ自体がショックアブソーバーの役割です。だから、私のシーンでは、ナイロンラインがお気に入りです。

号数、ポンドテスト(lb)何で選ぶ

メーカーや製品によって、「号」「lb」表示方法が様々で結構迷うものです。簡単な換算方法は、次の通りです。

ナイロン素材のショックリーダー(提供:TSURINEWSライター丸山明)

PEライン号数× 4 ≒ フロロ/ナイロンライン号数 ほぼ同等強度の目安
ポンドテストlb ÷4 ≒ フロロ/ナイロンライン号数 ほぼ同等強度の目安

例えば、PE2号だと2×4=8号のリーダーと同等、また、32lbだと、32÷4=8号のリーダーと同等と目安にできます。よって、PEライン2号のショックリーダーの選択は、基本は8号 30~35lb ラインを使用、プラスアルファーの強度を求める場合は、10号/40lbのラインとなり、私の選択はこれです。

PEラインを潮切れよく細くしたいが、強度も確保したいとします。魚が大きな抵抗を見せる最後に太めのリーダーがあれば、かなり強度を出せます。通常3.5ヒロのリーダーを1~2ランク太くして、4~4.5ヒロにすると、同じPEラインでもラインシステムとしての強度が出ます。これも、リーダーの活用です。

強度は何で決まる?

表示方法が様々で、価格によって強度も違い、その強度も最大値や平均値の表示もあります。でも、よく見ると多少の差はあるものの似たり寄ったりのようです。

私は、PEライン同様に日本のそれなりのメーカー製品のリーズナブルな価格のものを多用しています。あまり惑わされることなく、PEライン号数×4にプラスアルファーで十分、ラインシステム、仕掛けの強度は、多くの場合他の要素が重要です。

結び目が一番弱いので丁寧に作る(提供:TSURINEWSライター丸山明)

PEライン、ショックリーダー、スイベル/リング、ハリス、フックなど、多くのパーツで構成されていますが、これらの接続は結束。このノット部分の強度が、要です。また、仕掛け全体のキズが災いの素で、常にラインシステムや仕掛けのチェックが強度を保ちます。

・太いラインはノットも強いが、デメリットも多い。だから
・結束部分のノットは丁寧に確実に行う。
・ハリからPEラインまでのラインシステムや仕掛けのキズや擦れに注意。

これが、強度の一番肝要な部分です。

ショックリーダーの長さ

あくまでも私見ですが、リーダーの長さは悩ましいところです。ジギングやサビキチョクリ、のませ釣りの時は、3.5~4ヒロ(キャストしない釣り)です。理由は、

・ボート釣りで船底等にPEラインを擦りたくない。
・ラインシステム全体の強度を上げたい。
・最後の取り込み時にリーダーがスプールに入っている安心感。

などです。

ルアーキャスティング

ルアーキャスティングについては、99~125mmミノーキャスティングの時は0.8~1m。その他キャスティングの時は1~2.5ヒロとしています。理由は、細いPEラインのライトキャスティングは、ガイドとのトラブルを防ぐために、ノットをトップガイドの外側に出したいからです。ただ、太いラインと大口径ガイドのロッド使用時は干渉が少なく、適時長くします。

ライトキャスティングではリーダーは短く(提供:TSURINEWSライター丸山明)

交換時期

サビキやチョクリ釣りでは、損傷は少なく交換頻度は低いですが、ルアーを使用するとリーダーはハリスなので、当然交換頻度は高いです。

・キズや擦れがあればカット。カットが 0.5ヒロを超えたら次回までに交換。
・時合いでは、カットを最大1ヒロまで許容する。勝負!
・ハリスのある仕掛けでは、損傷が無ければ5釣行は使えても、ルアーではまず無理。

PEラインを守る身を削る健気な存在です。擦れやキズには注意を払って活躍させてください。

<丸山明/TSURINEWSライター>

The postボート釣り愛好家が教える【リーダーの素材・太さ・長さの選び方】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事