Yahoo! JAPAN

真空ジェシカ、2度目の『ラヴィット!』を振り返る 花ちゃんズの“インフィニッチェ”装着の裏話も

Techinsight

4月にニッチェ江上と初対面した真空ジェシカ川北(画像は『真空ジェシカ川北 2022年4月3日付Twitter「愛と勇気。」』のスクリーンショット)

お笑いコンビ・真空ジェシカが、2度目の出演となった5月4日放送の情報バラエティ『ラヴィット!』(TBS系)をインターネットラジオ番組で振り返った。本番前に挨拶に行った事務所の先輩でもある柴田英嗣(アンタッチャブル)から心強い言葉をかけてもらったことや、番組内でゲストの花ちゃんズ(日向坂46の松田好花と富田鈴花)が自分たちの小道具を身につけてくれた裏話を語っている。

今年2月2日放送の『ラヴィット!』に初登場した真空ジェシカは激すべりし、特に“逆ニッチェ”などの小道具を持参してボケていた川北茂澄は怖くてネットニュースが見られなくなったばかりか、自分のYouTubeを見ると「お前はYouTubeから出てくるな」とのコメントが寄せられており、大変落ち込んでいたのだ。実は真空ジェシカの2人自体は本番中とても楽しかったので、そこまで世間の反応が悪いとは思っていなかったらしい。しかし番組が終わり、一緒にスタジオを出たマネージャーの様子がどうもおかしかった。この日は責任ある立場のチーフマネージャーを同行していたが、どこに楽屋があるのか分からなくなるほど動揺していたという。その様子を見てエゴサーチをした川北が見たものは、「真空ジェシカ、『ラヴィット!』を見る前は怖くて苦手だったけど、『ラヴィット!』を見てからメチャクチャ無理になった」など辛辣なコメントばかりだった。

5月7日配信のTBSラジオクラウド『真空ジェシカのラジオ父ちゃん』によると、2度目の出演となる4日の『ラヴィット!』にこのチーフマネージャーは来ておらず、世間の反応はどうかと本番後に川北はエゴサーチしてみたが「真空ジェシカ、終わってた」、「川北のヒゲが汚らしい」などとネガティブな意見があったものの、好意的な声も多く2人はホッと胸を撫で下ろしたようだ。小道具も逆ニッチェをさらにパワーアップした“インフィニッチェ”や“串刺しニッチェ”を用意して臨んだが、スタジオの出演者は動揺することなく温かい目で見てくれていた。

この日の本番前、真空ジェシカは柴田英嗣の楽屋に挨拶に行ったところ、「全部俺のせいにしていいから」と声をかけられたという。ガクは「なんて懐の広い」と感謝していたが、「滑る前提だっていう…」と川北は微妙な反応だった。また番組の中で富田鈴花が頭にインフィニッチェを装着したり、パンツェッタ・ジローラモの顔写真を松田好花が頭からぶら下げるなど、真空ジェシカの小道具を楽しんでいた。短い時間の披露だったが、これはCM中に花ちゃんズから「すみません。やらせてください。お願いします!」「何か、ありますか?」と頼まれたので、快く渡したそうだ。「気を利かせてくれてね、やってくださったのよ。ありがたいね」と、ガクも川北も2人に感謝していた。

画像は『真空ジェシカ川北 2022年4月3日付Twitter「愛と勇気。」』『日向坂46 2022年5月4日付Twitter「この後、8:00~放送のTBS「ラヴィット!」に富田鈴花と松田好花が出演致します」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

【関連記事】

おすすめの記事