Yahoo! JAPAN

いま最高に面白い男ピン芸人 人気ランキング…有吉弘行、バカリズム、ヒロシらランクイン

ランキングー!

 いま最高に面白い男ピン芸人 人気ランキング

ズバリ、今回は2020年現在の男性ピン芸人さん人気ランキングです!新興勢力からベテランさんまで幅広くランクイン。YouTubeなどネットで自ら発信している芸人さんの動向に注目ですよ。ぜひご覧ください!


1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【いま最高に面白い男ピン芸人 人気ランキング】

第1位 バカリズム
第2位 有吉弘行
第3位 ヒロシ
(4位~20位は『ランキングー!』サイトに掲載中)

スマート芸人の象徴のような才能!第1位はバカリズム!

<投票者のコメント>
「頭が良さそうなんだけど人を小馬鹿にする毒がないし、テンション高くないけど話している内容がツボを突いている。女子事務員の格好をしていたコントが面白かった」
「いろんな芸で好き。架空OLも好きです。一本グランプリも、お笑い番組でも面白いです」
「芸術的なお笑い。バカリズム一択です」

もともと1995年から2005年までコンビ名だった「バカリズム」。相方さんが脱退後もピン芸人として「バカリズム」を名乗っておられます。お笑いで成功する人=頭脳明晰な人ってところがありますけど、男性ピン芸人ではバカリズムさんがその象徴って感じがしちゃいます。じっくりと練り上げられたネタも、脊髄反射で繰り出される大喜利的な笑いでも、とにかくスマート。ドラマの脚本なんかも余技としてこなしちゃってる感じがします。あと、OLコスプレが今最も似合う男性。


ほぼ毎日テレビで顔を見てるような気がします!第2位は有吉弘行!

<投票者のコメント>
「地獄から復活してからの安定度は凄い」
「仲間と一緒の夏休み番組などでは、意外と周りの人達を引き立てるような笑いを提供しているし、やはりコメントの面白さには安定感がある」
「毒を吐いてても、有吉さんならよく言ってくれた、と思うし、必ず笑っているので嫌な気分になりません。芸人さんにたいしても愛があるいじりをされてて見てて楽しいし、あったかい気持ちになれます。先日、第3回目の有吉クイズを家族でゲラゲラ笑ってみました。親も小学生の妹も一緒にいたのに、変な空気にならずに笑えました。本当に有吉さんはすごいと思います」

1996年「進め!電波少年」に猿岩石(当時のコンビ名)として出演し大ブレイク。アイドルのような爆発的ヒットに反して、お笑いでの需要が高まらず2004年に解散後はピン芸人として活動されています。持ち味のブラックユーモア的笑いと、番組を回していくセンスで一気に人気も回復。いまでは「有吉」冠の番組をいくつも抱えていて、毎日のようにテレビで有吉さんの顔を見てますね。若い男性のファンも多そうで、そんなところも好印象。


肩の力が抜けた癒し系笑いが今っぽい!第3位はヒロシ!

<投票者のコメント>
「『キャンプ芸人』として見事に復活を果たしましたね」
「嵐の大野君とのキャンプ企画がほっこりして楽しい」
「迷宮グルメという、外国で一人旅する番組が大好きです」

ホスト風の出で立ちで、自虐ネタ、今で言うところの陰キャネタで、文字通り一世を風靡したヒロシさん。あまり他の芸人さんと絡んでいた印象もなく、まさに孤高の男性ピン芸人さんって感じでした。そんな大ブレイクにプレッシャーと葛藤を抱えたヒロシさん、いったんフェードアウトした後の吹っ切れた感が見ていてなんとも心地いいんですよね。今や登録者90万人を超える人気YouTuber。爆笑はないけど、肩の力が抜けたヒロシさんの笑いを、家でリラックスしながら見れるんです。とっても今的。


4位以下には他にも、陣内智則さんや、なかやまきんに君、あばれる君などがランクイン!あなたが好きなピン芸人は何位?

以上、10-60代の男女(性別回答しないを含む)10945名が選んだ「いま最高に面白い男ピン芸人 人気ランキング」でした。

4位以下のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:10-60代の男女(性別回答しないを含む)10945人を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 飼い主に『お帰りのチュウ』をせがまれ首をグイン…。反らしてまで拒否ったゴールデンがあからさま過ぎ、泣きそう【動画】

    Retriever Life
  2. 今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

    TSURINEWS
  3. 洗濯直後の靴下を人質に、めっちゃ悪い顔で誘ってくる柴犬。もちろんこのまま『靴下綱引き大会』開催へ。【動画】

    柴犬ライフ
  4. (ママ…!)外に出た飼い主を追いかけ、フェンス越しに見送るダックス。後ろ姿が切なすぎて見ていられない【動画】

    ダックスフンドライフ
  5. 【セリア】いっきに外せる「ピンチハンガー」めっちゃ便利。物干し革命では?

    東京バーゲンマニア
  6. 2298gで産まれた赤ちゃんを見た実母が「このままずっと小さく育つかもよ」と一言。心配するべき?

    ママスタセレクト
  7. 【専門医監修】 他人事じゃないから知っておきたい 「乳がん」との向き合い方

    ミキハウス 出産準備サイト
  8. 2019年の神回から1年…「M-1グランプリ2020」決勝放送日が12月20日に決定!

    おたくま経済新聞
  9. 約40年間、変わらぬ味と雰囲気。赤羽の『純喫茶 デア』でよき時間を愉しむ

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 旬を迎えた秋の『戻りガツオ』 そもそもどこから「戻ってくる」の?

    TSURINEWS