Yahoo! JAPAN

日本を“絶望の国”にしているのは、誰なのか。映画『東京クルド』

ソトコトオンライン

sotokoto online

『東京クルド』は、難民認定率が1%に満たない日本で難民申請を続けるトルコ国籍のクルド人・18歳のオザンと19歳のラマザンを5年以上にわたって取材したドキュメンタリー。故郷での迫害を逃れて小学生の頃に日本に渡るも、住民票も無く、自由に移動することも働くこともできず、社会の無理解によって教育の機会を奪われた「非正規滞在者」である2人の青春と「日常」が映し出される。

7月10日(土)より東京・渋谷のシアター・イメージフォーラム、大阪・第七藝術劇場にて緊急公開(ほか全国順次公開)。

夢みてしまった。絶望の国で——

2021年5月、入管の収容者に対する非人道的な行為や環境を問題視する世論の高まりを背景に、入管法改正案は事実上、廃案となった。しかし「難民条約」を批准しながら難民認定率が1%にも満たないという日本の現状に変わりはない。

故郷での迫害を逃れ、小学生のころに日本へやってきたオザン(18歳)とラマザン(19歳)は、難民申請を続けるトルコ国籍のクルド人。入管の収容を一旦解除される「仮放免許可書」を持つ者の、立場は“非正規滞在者”だ。いつ収容されるか分からない不安を常に感じながら夢を抱き、将来を思い描く。

しかし、住民票もなく、自由に移動することも、働くこともできない。また社会の無理解によって教育の機会からも遠ざけられている。

そんな中、東京入管で事件が起きた。長期収容されていたラマザンの叔父メメット(38歳)が極度の体調不良を訴えたが、入管は家族らが呼んだ救急車を2度にわたり拒否。彼が病院に搬送されたのは30時間後のことだった。在留資格を求める声に、ある入管職員が嘲笑混じりに吐き捨てた。「帰ればいいんだよ。他の国行ってよ」。

5年以上の取材を経て描かれる二人の若者の青春と「日常」。そこから浮かび上がるのは、救いを求め懸命に生きようとする人びとに対するこの国の差別的な仕打ちだ。

彼らの希望を奪っているのは誰か? 救えるのは誰か? 問われているのは、スクリーンを見つめる私たちだ。

同じ日本で生きている。しかし我々は彼らを認識しているか?

日本で仕事に就いてはいけない。2カ月に一度など、仮放免許可の期間を延長する申請のために入管へ出向かねばならない。専門学校に進学したくても、仮放免という立場を理由に断られる。住んでいる都道府県外への移動が制限されるため、自由に旅行にも行けない。

「仕事もできずに、どうやって生きていけばいいの」
「それはあなたたちでどうにかしてほしい」

入管と彼らのやり取りは、日本の友好国であるトルコからの“難民”を認めるわけにはいかない、日本政府の本音と建前を炙り出す。

「(トルコに)帰れば危険だし、帰らなくても辛いし、何もするなって言われるし。居場所が分からない。」

6歳で日本に来て、その後12年間を日本で過ごした若者の故郷はどこなのか。日本で生まれた彼らの兄弟は無国籍だという。SDGsの理念として「誰一人取り残さない」が掲げられている。果たして、我々日本人は彼らを“取り残して”はいないだろうか。

日向史有監督 メッセージ

2021年、入管法「改正」案が閣議決定され、審議の末に成立は見送りとなった。しかし、私には、今も日本が難民を排除する方向に向かっているとしか思えない。 この原稿を書いている今、ニュースでは収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさんの続報が伝えられている。だが、なぜ彼女が亡くならねばならなかったのかについては、未だ明らかにされていない。 今回の「改正」案が見送られたからといって、この映画に出演してくれた人たちの置かれている過酷な状況は、何ひとつ変わらない。
今回の映画公開にいたるまでには約5年かかった。少しでも多くの人に、日本で生きるクルド人について知ってもらいたいと思っている。

日向史有監督。

映画『東京クルド』

監督:日向史有
撮影:松村敏行 金沢裕司 鈴木克彦
編集:秦岳志
カラーグレーディング:織山臨太郎
サウンドデザイン:増子彰
MA:富永憲一
プロデューサー:牧哲雄 植山英美 本木敦子
製作:ドキュメンタリージャパン
協力:日本クルド文化協会
技術協力:104 co Ltd
クルド語翻訳:チョラク・ワッカス
助成:文化庁文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
配給:東風
2021年|日本|103分
公式HP:https://tokyokurds.jp

(C)2021 DOCUMENTARY JAPAN INC.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 両親よりも老けて見える13歳と6歳の姉弟「病気を治し、夢を叶えたい」(印)

    Techinsight
  2. 【会いたかったワン♡】友達と久しぶりに会えたワンコ! 歓迎のプレゼントを持参しちゃいました…♡の複製

    PECO
  3. ちょんまげしっぽスタイルがトレンドに?!流行先取り猫が話題

    ねこちゃんホンポ
  4. AKB48[ライブレポート]笑顔と感謝の気持ちで彩った横山由依卒業コンサート「夢とか希望とか明日からの活力になれるそんな存在でいたい」

    Pop’n’Roll
  5. 鞘師里保[イベントレポート]初のドキュメンタリーフィルムへの想いを告白「正直な姿をさらけ出しました」

    Pop’n’Roll
  6. 「女芸人No.1決定戦 THE W」決勝進出10組を発表

    ナリナリドットコム
  7. BREAKERZ、約5年ぶり「名探偵コナン」ED曲に決定

    ナリナリドットコム
  8. HKT48[ライブレポート]熱量の高いパフォーマンスで希望を届けた<10周年記念特別公演〜後期〜>「これからもみんなで頑張りましょう!」

    Pop’n’Roll
  9. ママ友の「安く買った話」が自慢に聞こえてしまう……みんなの意見は?

    ママスタセレクト
  10. 【NEWOPEN】大人だけの隠れ家空間♪喫煙可能でクリーンなおしゃれカフェ『CAFE T』〜青葉区中央〜

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ