Yahoo! JAPAN

『サラダチキンうどん』を作ろう!美味しくヘルシーなアレンジとは?

オリーブオイルをひとまわし

『サラダチキンうどん』を作ろう!美味しくヘルシーなアレンジとは?

サラダチキンの魅力は、なんといっても手軽に使えることである。袋から取り出して食べやすいサイズに切ったり、ほぐしたりするだけでそのまま食べることができるので、とても便利である。ここでは、そんな便利なサラダチキンを具材として活用した、うどんについて紹介していく。温かいうどんや冷たいうどん、さまざまあるので参考にしてもらいたい。

1. サラダチキンの温かいうどんアレンジ

サラダチキンを具材に用いた、温かいうどんの作り方を紹介していく。

サラダチキンうどん

サラダチキンは食べやすい大きさに手でほぐしておき、長ネギは小口切りにしておく。冷凍うどんは、熱湯で湯通ししておく。鍋に市販のうどんつゆを入れて火にかけ、湯通ししたうどんを入れて温めたら、器に盛り付ける。サラダチキン、長ネギ、梅干しをのせたら、完成となる。サラダチキンを具材に用いた、基本的なうどんの作り方になる。ここに好みの具材を加えていき、楽しんで食べてもらいたい。

サラダチキンのカレーうどん

サラダチキンは、食べやすい大きさにカットするかほぐしておく。レンジを活用して冷凍うどんを袋の表示に従い加熱して、器に盛る。小鍋にめんつゆ、水、カレー粉を入れて火にかけ、煮立ったらうどんにかける。上にサラダチキンとカイワレ大根をのせたら、完成となる。めんつゆとカレー粉を混ぜ合わせることで、あっさりとしたカレー風味のめんつゆを作ることができる。

サラダチキンの鶏うどん

サラダチキンは、食べやすい大きさに切るかほぐしておく。しょうがは薄くスライスして、長ネギは小口切りにしておく。鍋に水、鶏ガラスープの素、しょうが、サラダチキンを入れて火にかけて、ひと煮立ちしたら、うどんを加えて煮ていく。うどんが柔らかくなったら器に盛り、長ネギを散らして完成となる。サラダチキンを活用することで、簡単に鶏うどんを作ることができる。

2. サラダチキンの簡単冷製うどん

サラダチキンを具材に用いた、冷製うどんの作り方を紹介していく。のどごしがよいので、暑い日には重宝するだろう。

サラダチキンのサラダうどん

耐熱皿やボウルにうどんをのせてラップをかけて、表記通りにレンジで加熱し流水で洗い水気をきっておく。ミニトマトはヘタを取り除いてから半分に切り、サラダチキンは1.5cm幅程度のそぎ切りにする。ボウルにめんつゆと水を入れて、混ぜ合わせる。うどんとめんつゆを皿に盛り付けてから、サラダチキン、ミニトマト、ベビーリーフをのせる。マヨネーズをかけて、刻み海苔をちらしたら完成となる。めんつゆとマヨネーズはとても相性がよいので、美味しいサラダうどんを作ることができる。さらにサラダチキンをのせているので、ボリューム満点の一品といえる。

サラダチキンの棒棒鶏うどん

うどんは袋の表記通りに茹でておく。トマトはヘタを切り落とし薄切りにして、キュウリはヘタを切り落としてせん切りにする。サラダチキンは、食べやすい大きさにほぐしておく。ボウルに白すりごまとすべての調味料を入れて、混ぜ合わせておく(A)。器にうどん、トマト、キュウリ、サラダチキンを盛り付けて、Aをかけたら完成となる。火を使わない調理で完結するので、忙しい日におすすめしたいメニューといえる。とても簡単だが、野菜もしっかりと摂れるのでおすすめしたい。

サラダチキンのぶっかけうどん

サラダチキンは食べやすい大きさにほぐして、キュウリは細切りにしておく。うどんは表示通りに茹でて、冷水でしめておく。器にうどんを盛り、サラダチキンとキュウリを盛り付ける。分量の水で割っためんつゆをかけて、白すりゴマをちらしたら完成となる。具材を切ってうどんに和えるだけの手軽なメニューだが、白すりゴマが香る美味しい一品である。

3. 卵や梅入りサラダチキンうどんも人気

サラダチキンうどんに、みんなが大好きなほかの具材もプラスしていく。それぞれの具材を使った作り方も紹介していくので、参考にしてもらいたい。

サラダチキンと梅塩昆布の冷製うどん

サラダチキンは食べやすい大きさにほぐしておき、梅干しは種を取り除いておく。湯を沸かして、うどんを表示通りに茹で、流水で洗い水気をきる。器にうどんを盛りポン酢とゴマ油をかけて、サラダチキン、塩昆布、梅干しをのせたら完成となる。とにかくさっぱりとした冷やしうどんが食べたい時に、おすすめしたい一品である。塩昆布、梅干し、ポン酢の組み合わせで、さわやかなうどんが完成する。暑い日などにもおすすめである。

サラダチキンと温泉卵の焼きうどん

サラダチキンは細かくほぐしておき、しょうがはすりおろし、小ねぎは小口切りにしておく。うどんは表示通りにレンジで加熱しておく。フライパンにサラダ油をひき、サラダチキンとうどんを油が回るまで炒める。酒、みりん、醤油、砂糖、しょうがを入れて調味料がうどんに絡むまで炒める。器に盛り付け、上に温泉卵をのせて小ねぎを散らしたら完成となる。甘辛い味付けとマイルドな温泉卵がうどんとよく絡み、美味しい一品が完成する。サラダチキンを炒めることで、少し食感が変わりより美味しくなるのでおすすめしたい。

サラダチキン&オクラの冷やしうどん

冷凍うどんをレンジで加熱して、冷水でしめて水気をきっておく。めんつゆとレモン汁を混ぜ合わせておく(A)。オクラに軽く塩をふって板ずりをし、ラップをしてレンジで20~30秒程度加熱してから、斜め切りにする。器にうどんを盛り付けて、オクラ、サラダチキン、刻んだみょうがをのせて、Aとオリーブ油を回しかけて完成となる。オクラの粘りと食感がよいアクセントになっている。レモン汁が加わることで、さっぱりとした味わいになる。

結論

本記事では、サラダチキンを具材として用いたうどんメニューを多数紹介してきた。温かいうどん、冷たいうどん、ほかの食材と組み合わせたうどんなど、さまざまあるので、きっと好みのものを見つけられることだろう。その日の天候や気分に合わせて、美味しいサラダチキン入りうどんを味わってもらいたい。

投稿者:管理栄養士 戸田綾子
監修者:管理栄養士 黒沼祐美

【関連記事】

おすすめの記事