Yahoo! JAPAN

ボートエギングで1.8kg超アオリ ケイムラにヒット【きずなまりん】

TSURINEWS

ボートエギングでキャッチした1.8kg超アオリイカ(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

5月末、佐賀県の遊漁船・きずなまりんでボートエギングゲームに出かけた。1.8kg超の本命アオリイカをキャッチすることができた。

きずなまりんでボートエギング

今回は会社の後輩と一緒に乗船し、春イカを満喫したいと思う。後輩はこのためにエギングロッドを新調し、気合十分!もちろん私も久々のボートなので釣る気合だけは十分。

自宅を午前3時30分に出発し、後輩と一緒に5時に唐津市の星賀港を出港した。当日はナギ。曇天で風もなく、絶好のエギング日和である。30分ほど航行し、いつもの玄海原子力発電所~長崎県の鷹島周辺のラン&ガンである。

タックル図(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

まずは曇りでマヅメということで夜行タイプのエギをセットし、後輩と一緒にミヨシ(船首)でシャクリを入れて誘う。後輩はエギング初心者なので、昨年一緒にやった釣りのおさらい。カウントし、シャクリからアタリの取り方など簡単にレクチャーする。

ケイムラで本命1.8kg超えゲット

まずアタったのは、トモ(船尾)で釣りをしていた人に1kgクラスがヒット。ヒットしたエギはピンクだったので、私たちもそれにならい同調してみる。水深6~10m付近、丁寧に探るがアタリが遠い。そこで私はブルー布地のケイムラタイプのエギに交換。

ポイント移動を繰り返し、開始から1時間ほどたったころ「ジーッ」と重量感たっぷりのいい引きだ!上がってきたのは体にかみ跡のある大型のメスイカ。船長が計測すると、1.8kgオーバーの良型である。胴長は長くなく、重量があるのはメスイカの特徴。船長から「産卵していなかったら2kg超えていただろ」とのこと。

終了間際に待望のヒット

さあこれから数尾といきたいところだが、気まぐれな春イカはそう応えてくれず。後輩の1尾もまだ遠い。船長はポイントをラン&ガンで、どうにか突破口を探ってくれようとしてくれる。いつか時合いがあるはずと信じ、後輩にあきらめないよう一緒にシャクリを入れ誘う。

持ってきたエギは20個ほど。そのほとんどを使用したが、カラー違いによる爆発はないまま終了の時刻が迫ってきた。ここで最後のポイント、鷹島の南側。終了まで残り30分で同船者に1尾、私に1尾ときて、隣の後輩が「きたー!」と叫ぶ。

興奮した後輩がリールを勢いよく巻いていたので、「ゆっくり焦るな!」と声を掛け、バラさないよう祈る。どうにか無事にキャッチ。この苦労した1尾はサイズ問わずうれしいもの。後輩も興奮したが、私も船長も安堵した。

下げ潮の終了間際で最後の時合いがあり、春イカのむずかしさを改めて実感した釣行になった。これから梅雨に入るが、後半戦のアオリイカは続くので、機会があれば釣行したい。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年6月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事