Yahoo! JAPAN

あいのり・桃、綺麗だと思い込んでいた自宅「え?そんな散らかってた?」

Ameba

あいのり・桃、綺麗だと思い込んでいた自宅「え?そんな散らかってた?」

人気恋愛バラエティ番組『あいのり』(フジテレビ系)に出演していたブロガーの桃が3日に自身のアメブロを更新。自宅の片付けについての思い込みを明かした。

この日、桃は「いままで、自分の家って割と綺麗な方だと思ってました」と切り出し、「特に引っ越してからは、あんまり床に物を置かないようにしていたから」と説明。一方で「でも、モノを置かなくとも」「散らかって見える『罠』があることに、私は気付いていませんでした…それはコードです!!!!!」とつづり、電化製品のコードが絡まった部屋の写真を公開した。

続けて「このコードって、ちらっと目に入るだけですごい散らかって見えるんだね。今までそんな気にしてなかったけど、気にし始めたら気になりすぎる」と述べ、「ここを…しょうくんが綺麗にしてくれました」と夫がコード類を整理したことを報告。整理後の部屋の公開し、「『なるほど、部屋が綺麗ってこういうことなのか…』と、初めて気がつきました、、笑」とコメントした。

また、結婚する前の夫と交際していた当時に「部屋入ったら、散らかっていたギャップが良かった」と言われた過去を振り返り、「私的には、『え?そんな散らかってた?』って思ってたんだけど、こういう【コードがぐちゃぐちゃに絡まってるとか】の、細かいところがそういう印象を与えるんだろうなぁ」と回想。最後に「すっきりしたコードはホコリもたまらないし、最高です」「翔くんありがとう」と夫に感謝を述べた。

これに対し読者からは「感覚は人それぞれですよね」「お片付けしてくれる旦那さん素敵ですね」「参考にさせてもらいます」などのコメントが寄せられている。

(著者:Ameba編集部)

【関連記事】

おすすめの記事