Yahoo! JAPAN

宮前平グリーンハイツ 共用施設でアート展 住人が出品 交流深め〈川崎市宮前区〉

タウンニュース

展示作品を眺める高齢者ら

宮前平グリーンハイツ管理組合(内海康行理事長)が、同マンションの共用施設「アトッチ」で居住者の作品展を開催。地域交流の場として注目を集めている。

作品展は希望する居住者の作品を展示する個展形式。今年7月にオープンした施設を活用しようと、同組合の山本良子さんと竹田喜美子さんが発案した。新型コロナの影響で10月中旬に再開したところ、展示希望者は多く来年春まで予定が埋まっているという。山本さんは「趣味でも素晴らしい作品を製作している人も多い。共同でなく個展にすることで参加者からも好評」と反響を話す。

15日は皿井謙介さんの絵画9点が展示されており、公園体操を終えた高齢者らが訪れ、アートを楽しんだ。同マンションに住む鈴木孝さんは「コロナで出掛けられない中、近場で楽しめてありがたい」と感想を述べた。

アトッチではこれまで、寄付を受けた本の設置や「おはなし会」を実施してきた。作品展の他、フリーマーケットなども予定しており、午前10時から午後1時、2時から5時の間は、居住者以外も利用可能だ。

内海さんは「企画を通して、地域交流を深めてもらえれば」と期待を寄せる。次の作品展は24日から的井子さんの書道展を開催予定。その後もさまざまなイベントが、隔週で入れ替わり行われる。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. リプトンから新フレーバー登場 れん乳ミルクティー新発売

    おたくま経済新聞
  2. 名張市東田原の水道管漏水 仕切弁のボルト腐食し破損 濁水処理一部続く

    伊賀タウン情報YOU
  3. 異なる環境、言語、文化で育ったサッカー選手が起こす「異なる最適化」とは!?【ダイヤモンドオフェンス/サッカー】

    ラブすぽ
  4. 冬になると憂鬱な子どもの洋服さがし。悩むママに寄せられたアドバイスとは?

    ママスタセレクト
  5. 投球動作で前足を着いてからトップを作ることで生じる強い力を発揮する感覚を養う柔軟性トレ『前足トップ&フォロースルー』とは?【革新的投球パフォーマンス】

    ラブすぽ
  6. 神田伯山、新春連続読み『寛永宮本武蔵伝』完全通し公演が2022年1月開催 一般抽選販売発表

    SPICE
  7. 【BF2042】ラオ|斥候兵・スペシャリスト解説【バトルフィールド2042】

    攻略大百科
  8. 1月に学校を休む場合の注意点とは 【安浪京子先生】

    エデュナビ
  9. 【仙台カフェ】朝から至福のカフェタイム♡コーヒーのサブスクで有意義な1日の始まりを♪〜MacGuffin/青葉区中央〜

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  10. マドンナ、恋人や子供達とエルフの仮装で個性的なクリスマスツリーの飾り付け

    Techinsight