Yahoo! JAPAN

県鶴在校生 コロナ禍でも前を向いて 発表の場に喜び〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

写真部の活動の様子

芸術系部活の在校生は毎年行われてきた文化祭「鶴陵祭」がコロナ禍で中止になるなど、発表の場が少なくなっている。

行事が軒並み中止

写真部は、20人弱で活動。同部は、学校行事で生徒の撮影を任されることが多かったが、コロナ禍で昨年は行事が軒並み中止。部員が集まって撮りに行く撮影会もなくなり、個々人での活動がほとんどとなっていた。

中村潤平さん(3年)は、「発表の機会も少なくなっていたため、今回の芸術展は嬉しい」と笑顔。電車を撮影するのが好きな中村さんが出品するのは『日常』というタイトルで車掌の背後から車体を映した一枚。作品について「いつもとは違う感じで撮影してみようと思った。様々な人に見てもらえれば」とし、「今は神奈川や東京など近隣が多いが、コロナや受験が落ち着いたら遠くに撮りに行きたい」と今後について語った。

出品に思い

美術部は、3人の部員が活動。展覧会などに向け制作に励んでいるが、コロナ禍で例年の展示会が中止になるなど、影響を受けていた。

人のイラストを描くことが多いという田中優弥さん(3年)が今回の芸術展に出品するのは色鉛筆も使った水彩画『No.6』。中学卒業時に描き、好きなイラストレーターの色使いを初めて使えるようになったと感じた作品だという。

受験で満足に絵が描けていないという田中さん。「成長を感じていると過去の作品を出品したくなくなるから、スランプ気味」とこぼし、「落ち着いたら人の激しい動きや廃墟を描いてみたい」と意欲を見せた。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ピアニスト・務川慧悟「ショパンの楽曲のピュアな美しさに、何度も心救われた」 『東京21世紀管弦楽団 お昼のコンサート in 紀尾井』を開催

    SPICE
  2. 思いっきり見えてるのに抜き足差し足…バレないように先輩に近づく柴犬パピーが嘘でしょってほど可愛い【動画】

    柴犬ライフ
  3. (Zzz)ママをギュッとして眠るダックスパピーが完全天使。チロリした舌と小さいお手手にキュンだよ…【動画】

    ダックスフンドライフ
  4. 急にできた人間の弟にポカン。徐々に『兄』らしい姿を見せていくフレブルの日常が、ただの最高だった!【動画】

    French Bulldog Life
  5. 【後編】「私たち、親友よね!」ママ友からの言葉にドン引き。ママたちが警戒する理由は?

    ママスタセレクト
  6. ANTENAとThe Cheserasera、渋谷La.mamaで2マンライブ決定

    SPICE
  7. 【高橋悠也×崎山つばさ】舞台『TXT vol.2「ID」』インタビュー「僕らの実験をぜひ観てほしい」

    ウレぴあ総研
  8. メリル・ストリープ『プラダを着た悪魔』共演者に恐れられていた アン・ハサウェイ「確かに怖かった」

    Techinsight
  9. 元有名ゲーマーが店長の神田『カレースタンドPLUCK』のカレーはスパイスの生む味のリズムでスプーンが止まらない!

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 「巨神兵」感がすごい...! 硬い甲羅を身にまとうハコフグの「天然骨格標本」がカッコイイ

    Jタウンネット