Yahoo! JAPAN

横浜東戸塚ライオンズクラブ 鈴木雅仁会長「活動意義を感じる1年に」〈横浜市戸塚区〉

タウンニュース

活動意義を感じる1年に

多業種の個性豊かな35人のメンバーを初めての会長職としてけん引。新型コロナの影響で活動方法を模索する日々が続いているが、「LCに入っている意義をメンバーが実感できるように、昨年のノウハウも踏まえ活動したい」と意気込む。

8年前に先輩からの誘いで入会。そのころは、右も左もわからずにいたが、段々とLCが行う「奉仕」を理解し、「ただ寄付をするだけでなく、自分たちで考えることが大切」と語る。

毎年、名瀬町の妙法寺

でほうずき市を開催し収益金を区福祉協議会へ寄付してきた。「寄付することを目標に、メンバーで案を出し合い、地域の方を楽しませながら義援金を集める。一方向でなく他方向に奉仕することが私たちの使命です」

しかし就任早々、一大イベントであるほうずき市の中止を決断。コロナ感染者状況を考慮し、秋に代替えイベントを企画するという。「地域の方に喜んでもらうため、メンバーとコミュニケーションを取ってリードしていきたい」

【関連記事】

おすすめの記事