Yahoo! JAPAN

梅原裕一郎、早見沙織、福山潤のコメント&写真到着 音楽朗読劇『THANATOS~タナトス~』アーカイブ配信実施中

SPICE

8月2日公演 梅原裕一郎、早見沙織、福山潤

梅原裕一郎、早見沙織、福山潤が出演した、3.5次元音楽朗読劇ブランド・READING HIGH第5回公演『THANATOS~タナトス~』全3公演が終演した。鈴木達央が出演した8月1日公演の写真とあわせて、紹介する。

▼全3公演は、期間限定でアーカイブ配信中
【1公演目】生配信終演後~2020年8月3日(月)23:59まで
【2公演目・3公演目】各回生配信終演後~2020年8月4日(火)23:59まで

千秋楽を終えたキャストからコメントが到着

8月2日公演 早見沙織 (C)READING HIGH

8月2日(日)夜の部が終演し、梅原裕一郎から紹介された早見沙織は、「あっという間の最終公演。ご覧いただきまして本当にありがとうございました。生の音楽、生の声とかけあわせて一緒にお芝居ができたのは、本当に素敵な朗読劇体験でした。」と話した。

8月2日公演 福山潤 (C)READING HIGH

また、前日の鈴木達央とWキャストをつとめた福山潤は「うまくいったー!」と第一声。「昨日の鈴木達央さんと、通してご覧になっている方がいらっしゃったら、一人ピースが違うだけで全然違った3人のバランスになって、いろいろと違う側面が見えておもしろかったのかなと思います。生演奏の素晴らしいヴァイブレーションを、出来れば生で感じていただきたいところではございますが、今後またみなさんの前で上演できることがありましたら、一緒に同じ空間で音楽に酔いしれながら、素敵なリーディングの世界に誘いたいと思っております。本日はありがとうございました」と話した。

8月2日公演 梅原裕一郎 (C)READING HIGH

そして最後に福山から紹介された梅原は、「朗読劇でここまでのセリフ量の作品を演じさせて頂いたのがはじめてだったので、緊張するところもあったんですけど、先輩方に支えられながらなんとか走り抜けることができました。ありがとうございました。」と、画面の向こうにいるファンへそれぞれ感謝の言葉を送った。

8月1日公演 (C)READING HIGH

8月1日公演 鈴木達央 (C)READING HIGH

8月1日公演 (C)READING HIGH

本公演では、通常千秋楽のみのスペシャルカーテンコールを全公演、毎回違う楽曲で実施。千秋楽の今日は、村中俊之(チェロ)と榊原大(ピアノ)による「7th suspects」の生演奏で締めくくられた。

『THANATOS~タナトス~』アーカイブ配信、発売中

本作は、1899年、霧の都、ロンドンが舞台。

大富豪アーサー・ポールが個人所有していた豪華な船が、みるも無残な漂流船として発見され、船内に残っていた唯一の生存者ルナ・ワルポール(早見沙織)は記憶を失っていた。

この事件は「幽霊船事件」として、ロンドン中を駆け巡った。全ての答えは封印された彼女の記憶の中にある。

天才心理学者エドムント・アインハルト(梅原裕一郎)、スコットランドヤードのデイヴィッド・スウェイン警部(鈴木達央/福山潤)が挑むサイコサスペンス。

【関連記事】

おすすめの記事