Yahoo! JAPAN

40代女性の「婚活」が失敗してしまう2つの“婚活思考”

saita

40代女性の「婚活」が失敗してしまう2つの“婚活思考”

年々高くなっていると言われる、女性の初婚年齢。年を重ねてから人生を共にするパートナーとの出会いを成功するためには、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。今回は、株式会社LOVE is ALL代表の朴井 義展さんに「40代女性の婚活を成功に導く秘訣」について、お話をうかがいました。

教えてくれたのは……朴井 義展さん

love-is-all.info

株式会社LOVE is ALL代表/次元上昇起業塾・女神塾主宰
心理学と独自メソッドを掛け合わせた<次元上昇メソッド>を駆使し、のべ280名以上が参加するオンライン塾を経営。立ち上げ初年度から年商1億を超え、3期目に年商2億を突破。起業塾、恋愛塾、オンラインサロンと3つの事業を展開し経営者としての手腕も発揮している。

40代女性の婚活で失敗しやすい「2つの思考パターン」

パートナーシップの専門家である朴井さん。朴井さんによれば、40代の未婚女性が婚活で失敗しやすい思考パターンは主に2つあるそうです。

stock.adobe.com

朴井さん「1つ目に挙げられるのは、理想が高すぎることです。多くは過去の恋愛が基準となり、理想的なパートナー像を追求しすぎる傾向にあります。しかし、年齢を重ねるごとに相手も人生の経験を積んでいることを認識し、完璧な人は存在しないことを理解する必要があります。

2つ目はその真逆で、自分を過小評価しているパターンです。この場合は、出会いの機会を逃してしまうこともよくあります。自分自身が価値のある人間であることをしっかり認識した上で、相手の価値(長所)を見出すことがとても大切です」

年齢を重ねてから始める婚活の課題

婚活をするにあたり、年齢による違いはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

www.photo-ac.com

朴井さん「40代女性の婚活では、社会的な偏見や年齢による先入観、出会いの機会の減少が大きな課題であると考えます。初婚や再婚に関わらず、社会的なプレッシャーがもたらす『自分自身の期待値への管理』ほど難しいものはないと考えます。

20代や30代と比べ、生活のパターンが確立しており、新しい関係に対する柔軟性が試される場面も少なからずあるでしょう。また、子どもを持ちたいという願望がある場合、生物学的な制限も考慮に入れなければならない点が難しさの一因です。

これらの課題に対処するためには、自己受容と現実的な目標設定、そして何より自分自身と相手への理解と尊重が必要だと言えます」

婚活方法のメリット・デメリット

婚活を始めようと思う方の中には、どのような方法があるのかを知りたい方も多いと思います。40代女性の間でメインとなっている婚活方法について、うかがいました。

www.photo-ac.com

朴井さん「40代女性の婚活方法には、結婚相談所、オンラインアプリ、習い事などがあります。それぞれのメリット・デメリットは下記のとおりです。

・『結婚相談所』……専門家のサポートが受けられるメリットがありますが、ほかの方法に比べて費用がかかります。

・『オンラインアプリ』……多くの人と気軽に出会えますが、中には真剣度の低い人もいるため、相手を見極める力が求められます。

・『習い事』……共通の趣味や興味を通じて自然に関係を築けますが、出会いに至るまでに長い時間かかることもあります。

成功するためには、それぞれの方法の特性を理解し、自分に合った活動を選択することが重要です。どの方法を選ぶにしても、自分自身をしっかりと理解し、相手に対して開かれた心を持つことが成功への鍵となります」

婚活を成功に導くために大切なこと

最後に、40代で結婚に至った人の成功事例を教えていただきました。婚活を成功に導くためには、2つのポイントを意識するとよいのだと、朴井さんはおっしゃいます。

www.photo-ac.com

朴井さん「結婚に至った40代女性の多くは、相手の価値観を尊重し、共有できる点を大切にする傾向があります。つまり、40代で結婚を果たした女性の成功の秘訣は『自己分析能力の高さ』と『柔軟性』を持ち合わせていることが考えられます。

1つ目の自己分析能力とは、自分自身の強みや弱み、何を求めているのかを深く理解し、相手にそれを正直に伝える勇気を持つこと。2つ目の柔軟性とは、自分自身の長所短所、つまり譲れない点と妥協点を明確にし、現実的な期待値を持つことで、相手との共通点や価値観を見出すことです。

ポジティブな態度と相手への尊敬は、長期的な関係を築くうえで欠かせない要素であり、それを忘れないことが重要だと言えます」

自分自身と相手を認め、尊重すること。お互いに“らしさ”を受け入れ合うことで、よりよい関係を築けるようになるのかもしれませんね!

shukana/webライター

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 白神山地の最強ご飯スポット「漁師ご飯」

    まるごと青森
  2. 陸っぱりエギングで3kg超え大型アオリイカ浮上【長崎】2kgオーバーも連続キャッチ

    TSURINEWS
  3. アメリカらしい「個性しか感じない」シュウインのスティングレーをヴィンテージモデルで再確認。

    Dig-it[ディグ・イット]
  4. 「釣りライターで食べていける?」約1,000記事を執筆したTSURINEWSライターに聞いてみた

    TSURINEWS
  5. 【ランドセルわくわくフェスティバル】お気に入りのランドセルを見つけよう! |新潟市中央区

    日刊にいがたWEBタウン情報
  6. 曲里の松並木公園で「撥川ホタル祭り」開催 ステージイベントや屋台の出店も【北九州市八幡西区】

    北九州ノコト
  7. 【大阪】3日間限定販売!モロゾフの大きなカスタードプリン「パンプディン」

    PrettyOnline
  8. 国を動かした衝撃作はどのように生まれたのか?『ミスター・ベイツvsポストオフィス』脚本家が語った制作秘話

    海外ドラマNAVI
  9. ★明日のラッキー星座は? 12星座占い・運勢ランキング【2024年5月23日(木)】

    anna(アンナ)
  10. 巷で大絶賛の最新AI『GPT-4o』に「新宿でオススメのモーニング」を聞いて食べに行った結果…なぜこうなった!

    ロケットニュース24