Yahoo! JAPAN

ベイジュニアの一員に 金沢区のチームから3人〈横浜市金沢区・横浜市磯子区〉

タウンニュース

大会に向けて意気込む北村さん、鈴木君、高杉君(左から)

金沢区の少年野球チーム「富岡オールスターズ」の北村菜子さん(六浦小6年)と高杉恒成君(梅林小6年)、「並木シーガルズ」の鈴木陽仁君(釜利谷東小6年)の3人がこのほど、横浜DeNAベイスターズジュニアチームのメンバーに選出された。

ベイスターズジュニアは、毎年12月に開かれる「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場するために結成。神奈川県内外の小学6年生を対象に、選考を通過した選手たちによる選抜チームとして大会に臨んでいる。

950人から選出

今年は約950人の選手がセレクションに参加。7月から8月にかけて3回にわたって選考が行われ、北村さん、高杉君、鈴木君の3人を含む16人が選出された。

ピッチャーの北村さんとキャッチャーの高杉君は、普段から富岡でバッテリーを組む2人。北村さんはコントロールを重視した投球、高杉君は力強いバッティングを武器とする。大会に向けて北村さんは「まだできていない部分をしっかり練習して試合に臨みたい」、高杉君は「優勝できるようにバッティングでチームを盛り立てていきたい」と話す。

並木の鈴木君は、速球が持ち味のピッチャー。並木ではエースとしてチームをけん引する。「チームが優勝できるように、ピッチャーとして勝利に貢献したい」と意気込む。

大会は12月28日から30日に開催予定。ベイスターズを含め、プロ野球12球団のジュニアチームで優勝を争う。

【関連記事】

おすすめの記事