Yahoo! JAPAN

【ネギ大量消費レシピ】風邪が気になる季節に重宝する作り置き

saita

【ネギ大量消費レシピ】風邪が気になる季節に重宝する作り置き

自然食研究科の山田直です。まだまだ寒さが厳しい季節。今回は、ネギの重ね煮としょうがを使った、心身がホッとするポカポカメニューをご紹介します。 血行促進・免疫力アップが期待できるネギとしょうを組み合わせることで、風邪の予防、冷え対策になります。また、発汗し身体が温まることで心理的にも心が緩み、忙しい毎日のストレスケアにも最適です。普段お鍋に入れているようなたくさんの食材も、重ね煮にするとさっと使ってたっぷり食べられますね。冬の心身に重宝する、普段使いの簡単レシピです。

ネギたっぷり重ね煮

【材料】

・ ごぼう‥‥‥‥  100g  千切り

・にんじん‥‥‥   80g  細めの千切り

・ネギ‥‥‥‥‥    3本   5mm幅斜め切りネギ‥‥‥‥‥    3本   5mm幅斜め切り
(300gくらい)  (300gくらい) 


【作り方】

1. 鍋底に塩をひとつまみ振り、きのこ→ネギ→にんじん→ごぼうの順に重ねてから、上にもひとつまみ塩を振る。

2. 差水をしてから蓋を閉め、極弱火にかける。

3. 良い香りが立ってきて、にんじんがある程度柔らかくなったらそっとかき混ぜて出来上がり。

4. タッパーなどに移して冷まし、冷蔵庫で保存する。※3~5日くらい保存可能です。

美味しくするワンポイント

ネギをたっぷり入れることで香りと甘味、旨みが増していきます。足りなければ玉ネギをプラスしても大丈夫です。

ネギの重ね煮アレンジ1 にゅうめん

遅くなった夕食などにぴったり。消化に優しく身体がポカポカと温まります。

【材料2人分】

・重ね煮‥‥‥‥‥‥200g

・素麺‥‥‥‥‥‥‥ 120g

・しょうが‥‥‥‥‥ 2g位 細めの千切りしょうが‥‥‥‥‥ 2g位 細めの千切り
   


【作り方】

1. 素麺をお湯で茹でます。

2. 鍋にめんつゆを入れ沸かし、しょうがと重ね煮を入れ一煮立ちさせます。

3. 茹でた素麺を入れ、少し煮込んだら出来上がり。茹でた素麺を入れ、少し煮込んだら出来上がり。
   

重ねにアレンジ2 しょうが焼き

しょうがたれとネギが絡み合い、食欲をそそる一品に。しょうがを後から追加しても美味しいです。

【材料2人分】

・重ね煮‥‥‥‥‥‥150g

・厚揚げ‥‥‥‥‥‥1枚 短冊切り

・(もしくは豚肉スライス 200g)(もしくは豚肉スライス 200g)

(たれ) (たれ)


【作り方】

1. フライパンにごま油を引き、厚揚げを両面こんがりと焼きます。

2. 重ね煮を入れて軽く炒め、さらに合わせたたれを入れ、さっと炒めて出来上がり。

重ねにアレンジ3 湯豆腐

根菜とネギの旨味や食感が、熱々なお豆腐とよく合います。しょうがをたっぷりのせてポカポカに。

【材料2人分】

・重ね煮‥‥‥‥‥‥200g

・豆腐‥‥‥‥‥‥‥  1丁豆腐‥‥‥‥‥‥‥  1丁
   

 

【作り方】

1. 鍋に水・昆布を入れ、弱火で出汁をとります。

2. 豆腐を入れて、弱火で崩れないように茹でます。

3. 豆腐が茹で上がったら重ね煮を入れ、一煮立ちしたら出来上がり。

4. 小鉢に豆腐・重ね煮を盛り、しょうが・かつお節・ポン酢やしょうゆをかけて頂きます。

みそ汁や中華スープにも好相性!毎日の食事がラクになる

ネギの重ね煮は香りも旨味も強いので、中華スープや味噌汁、炒め物などによく合います。春巻きの皮で巻いて揚げても良いですね。ごま油と合わせるピリ辛な和物などでも使えます。

厳しい寒さを元気に乗り切るために、身体を温める簡単重ね煮料理を是非たくさん取り入れてみてください。

【関連記事】

おすすめの記事