Yahoo! JAPAN

自閉症の息子、就学時健診でパニック!特別支援学級に行ける?年中から始めた就学相談、サポートブックを書きながら願うこと

LITALICO発達ナビ

自閉症の息子、就学時健診でパニック!特別支援学級に行ける?年少から始めた就学相談、サポートブックを書きながら願うこと

監修:井上雅彦

鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授/LITALICO研究所 客員研究員

年中の冬、初めての就学相談で…

発声が不明瞭、マイワールド、大きな音が苦手、衝動のままに行動…など、けんとのさまざまな特性を考えていくと「通常学級で過ごすのは厳しいだろうなぁ~」と思い、年中の3月に予約を取り、一緒に市の就学相談に行きました。

私の希望としては特別支援学級か、特別支援学校。以前、発達支援センターで行われた学習会で特別支援学校の見学会へ行ったとき、少人数、手厚さ、たくさんの知識をもつ先生方の指導に感動し、入学も考えていました。

私の住んでいる市の就学相談は、母子分離。別室で臨床心理士さんが子どもの様子を見たり、いくつかのテストを行ったりします。その間にママは担当の方から、子どもについての聞き取りが行われました。

3歳で自閉スペクトラム症の診断名がついたこと、発達支援施設に通っていること、こども園での様子、最新の新版K式発達検査の結果など伝えました。

3歳で取得した療育手帳の話になったとき。最新の発達検査の結果では「療育手帳を更新できない可能性がある」と病院の先生に言われたことを伝えると、私の住んでいる地域では、知的障害が認められないと特別支援学校への入学ができないと告げられました。(お住まいの地域によって状況は異なるようです)

「病院でWISC-IV知能検査を受けてきてください」と言われ、初めての就学相談を終えました。

WISC-IVを受け、再び就学相談へ

かかりつけの児童精神科でWISC-IVを受け、結果を持って再び就学相談へ行きました。

凸凹がありつつも、総合で平均点以上。療育手帳を持っているものの、現在は知的障害が認められなかったため、特別支援学校が対象外となりました。手厚く、少人数でみていただける環境も考えていただけに不安になりましたが、通級指導教室は考えていなかったので特別支援学級の1択となり私の心は決まりました。

しかし、就学相談で特別支援学級を希望する場合の今後の流れを聞いてみると…私が住んでいる地域では親が希望を出したとしても、医師が「必要ない」と判断すると特別支援学級に入れないというのです。「うちの子は絶対に必要ある」と心の中で叫びましたが、医師の判断を受けないと仕方ないので、「まずは秋に行われる就学時健診を受けてから判断しましょう」ということで2度目の就学相談は終わりました。

年長になって特別支援学級の見学と就学時健診へ

年長の夏。特別支援学級の見学に行かせていただきました。

しっかり集団行動ができていて、椅子に座って先生のお話しをしっかり聞けている子どもたちばかり。「ここは本当に特別支援学級なの?けんとはやっていけるのかな?」と、とても心配になりました。が、社会のルールを丁寧に教えていた先生の姿と、楽しそうに過ごす子どもたちの様子を見学できて、「ここで成長してくれたら嬉しいな」と、けんとの未来の姿を想像し泣けてきました。

そして、秋。校区の小学校にて就学時健診が行われました。内科健診くらいで終わるのかな~と気軽に行ってみると、想像以上に健診する項目が多くビックリ!予めどんな健診があるのか聞いて、けんとに伝えておけばよかったと、心から後悔。

しかも母子分離だったので、待っている間、気が気ではありません。そして悪い予感は的中…。苦手な健診をたくさん頑張ってママのもとへ帰ってきたけんとは、限界。私の顔を見た瞬間「早く帰るモード」に突入してしまい、パニック&癇癪で大暴れしてしまいました。

健診のあと、個別で面談があったのですが、パニックけんとの姿を見て「特別支援学級をご希望ですよね?」と言われ「はい。(ご覧の通りですので)希望します」とお伝えすると、「その方がいいと思います」と言われました。

現在はサポートブックづくり。不安いっぱいです

特別支援学級に入れるかが決まる面談のときにタイミング悪く風邪をひいてしまい、まだ決定とはなっていないのですが、診断名がついているし、就学時健診の様子からも入れると確信しています。

入学に向けて、少しでも先生に子どものことを知っていただきたく、LITALICOジュニアのサイトにあった「サポートブック」をダウンロードして書き始めました。意外と記入することが多く、入学前にお渡しするのを目標に、毎日少しずつ進めています。

まずは最初の関門!入学式から不安です。慣れない場所。気になるものを見つけてはあちこち歩きまわり、大きな声で「ママ」と駆け寄ってきてしまいそうだなと、今から想像しています。入学してからも先生としっかり情報交換ができるようにして、親、子ども、先生の抱えている不安を少しでも取り除き、とにかく本人が楽しく学校生活を送れますようにと願っています。

執筆/ゆきみ

(監修:井上先生より)
就学先の決定は、就学前の親御さんにとって非常に大きな悩みになります。また、地域によってシステムが多少異なるので、戸惑う方も多いかもしれません。先輩の親御さんなどから地域の情報を得ておけるとよいでしょう。
就学先として選んだ環境は、小学校の間ずっと同じでなければいけないわけではなく途中で変更することも可能です。学校と適宜コミュニケーションをとりながら、考えていくことが大切です。

【関連記事】

おすすめの記事