Yahoo! JAPAN

猫は『飼い主』をどう思ってる?驚愕の真実を徹底解説!

ねこちゃんホンポ

猫から見た「人間」とは?

私たち人間は自身の年齢に応じて、愛猫を我が子のように思ったり、兄弟のように思うことが多いでしょう。では、猫は飼い主さん、すなわち人間をどのような存在として見ているのでしょうか?

イギリスのジョン・ブラッドショー博士の発表によると、猫は人間を親でも兄弟ではなく「体の大きな猫」と認識しているようです。

猫にとって人間はどんな猫なの?

人間を「体の大きな猫」と認識していたとは、衝撃が大きいうえに複雑ですよね。具体的には、どのような関係性の猫だと思っているのでしょうか?

敵意のない「友達」

猫は人間を「(体の)大きな猫の友達」として見ている可能性が高いそうです。猫好きとしては、嬉しい結果と言えるのではないでしょうか。

本来縄張り意識の強い猫が、そばに寄り添ってくれるのは敵意のない証です。そして、共有できる縄張りが多いことは仲間として認めてくれているということなのです。

頼りになるけれど…少し鈍臭い

飼い主さんは頼りになる大切な友達です。でも、猫としてはちょっぴり鈍臭いと感じています。なぜかというと、狩りができず、運動能力も猫の目線から見れば高くありません。

人間に小動物を持ってきてくれるのは、狩りができない私たちを心配してくれているという説があります。狩りの腕を鍛えさせる、あるいは代わりに狩りをしてくれているのです。

料理上手

猫の贈り物には、もう1つ別の説があります。それは、飼い主さんが料理上手だということです。

狩りは苦手だけれど、料理の腕前が高いので持ち帰った獲物を美味しく調理してくれると思っています。

猫が見せる友好的な仕草

猫が我々に感じている友好性は、仕草にもあらわれています。その一部をご紹介いたします。

しっぽを立てて近づいてくる

猫は敵意のない相手に対して、しっぽをピーンと立てて接近してきます。距離が近くなったら、人差し指を向けてにおいを確認させてあげましょう。

体をスリスリしてきたら、お返しをするように撫でてあげてください。

目を見つめてくる・長い瞬きをする

猫同士が目を見つめ合うのは、本来であれば喧嘩を売る行為に当たるのでマナー違反です。しかし、人間相手に目が合っても喧嘩には発展しないことを学習します。

だから目を見つめても大丈夫だと感じ、積極的に目を合わせてくれるようになります。さらに長い瞬きを通して、友好や親愛の気持ちを伝えてくれています。

まとめ

今日のねこちゃんより:こうたろう♂ / 雑種(ミックス) / 5kg

猫は人間を猫として認識していることが分かりました。意外な結果ですが、対等な関係として見てくれていると思うと個人的には親近感が増したように思います。

愛猫を我が子のように思っている飼い主さんにとっては複雑だったかもしれませんね。事実はどうであれ、飼い主さんを大切な相手として信頼してくれていることは間違いないでしょう。これからも、愛猫との絆を深めていってください。

【関連記事】

おすすめの記事