Yahoo! JAPAN

人々の生きざまをあたたかく力強く描き出す ミュージカル『この世界の片隅に』公演レポート(大原櫻子×村井良大ver.)

SPICE

(C)こうの史代/コアミックス・東宝 製作:東宝

太平洋戦争下の広島県呉市に生きる人々を描いた、こうの史代による漫画『この世界の片隅に』。映画やドラマなど、様々なメディアミックスがなされてきた本作初のミュージカルが、2024年5月9日(木)に東京・日生劇場で幕を開けた。

脚本・演出を上田一豪、音楽をアンジェラ・アキが手がけ、絵を描くことが大好きな主人公の浦野すず役を昆夏美と大原櫻子、すずの夫・北條周作役を海宝直人と村井良大、すず・周作と三角関係になる白木リン役を平野綾と桜井玲香、すずの幼馴染の水原哲役を小野塚勇人と小林唯がそれぞれWキャストで務める。また、すずの妹の浦野すみ役を小向なる、周作の姉ですずの義姉の黒村径子役を音月桂と、人気と実力を兼ね備えたキャストが勢揃いしている。

この日の公演では、浦野すずを大原櫻子、北條周作を村井良大、白木リンを平野綾、水原哲を小林唯、すずの幼少期を桑原広佳、黒村晴美を鞆琉那が演じた。

(C)こうの史代/コアミックス・東宝 製作:東宝

※以下、ストーリーに触れる内容を含みます。

幕が開くと、「この世界のあちこちに」が歌われる。懐かしさを感じさせる楽曲とあたたかく優しいタッチのイラストが作品の世界にぴったりで、ここから始まるミュージカルへの期待がグッと高まった。

大原は不器用なすずを可愛らしく演じる。普段のぼんやりした様子と絵を描いているときのキラキラした表情、時折見せる芯の強さといったギャップに惹きつけられる。様々な人々との出会い、初めての感情や経験によって変化していくすずの心情、成長も丁寧に見せてくれた。思いを乗せたまっすぐな歌唱が胸に響く。

村井演じる周作は思いを言葉にしないことが多いものの、表情や声のトーンからすずに対する気持ちと優しさが伝わってきた。厚みがあり包み込むような声も周作のキャラクターにマッチしている。口下手に見える二人だが、すずと水原、リンと周作の関係や思いを察して嫉妬したり気を回したりと、繊細な心の動きとお互いへの愛情が、ちょっとした視線や表情、楽曲に散りばめられている。どことなく頼りない二人が徐々に心を通わせ、家族になっていく様子が微笑ましい。

(C)こうの史代/コアミックス・東宝 製作:東宝

平野は艶やかなリンを魅力的に演じ、すずとの対比、二人の友情を丁寧に描く。戦時下でも綺麗な着物を身にまとっているが、どこか儚い姿と甘い歌声が印象的だ。水原役の小林も幼少期の淡い恋を鮮やかに見せる。幼い頃はお互いに素直になれなかったすずと水原が大人になって再会するシーンはとても切なく、美しく仕上がっていた。

音月が演じた径子は、自らの道を自分で決めて進んできた強さが眩しい。「自由に生きる」ことをすずに教える姿は、現代においても共感を呼ぶのではないだろうか。 明るく元気な妹のすみ、素直で可愛らしい晴美、面倒見のいい隣組の3人や愛情深い両親など、周囲の人々も皆個性豊かで人間味にあふれている。

柔らかなタッチで描写される日常の中には、戦時中の苦労や貧しさ、憲兵の厳しい目といったシリアスなシーンも。だが、明るくコミカルな音楽、大変な状況でも前向きに生きる人々のパワフルな歌唱によって、こういった状況下でも逞しく生きていた人たちが鮮やかに描かれていた。

(C)こうの史代/コアミックス・東宝 製作:東宝

一見シンプルな舞台セットだが、すずの帳面を模したセットにすずが描く海や街が現れたり、オーケストラピットや左右の階段によって回想と語り手・周囲の人々がいる空間が分けられていたりと、想像力を掻き立てるような作りになっているのが面白い。また、人々の服装、すずと周作が初めて出会うシーン、みんなで食べるスイカ、花祭りなど、四季折々の日本の光景がさりげなく織り込まれている。

楽曲はそれぞれが魅力的で多彩だが、全編を通して、どこか古き良き日本を感じさせるノスタルジックさがある。胸にすっと染み込んでくるような曲調、登場人物の心の機微を過不足なく伝える歌詞、まっすぐに響いてくる歌唱によって、『この世界の片隅に』という作品の世界をさらに広げ、深めていると感じた。

もちろん「戦争」を扱っている以上、人の死、住み慣れた家や街の破壊といった悲しい出来事を避けては通れない。それでも、悲惨さではなくささやかな日常に幸せを見出して生きていく人々の強さと美しさ、それを見つめる優しい視線が強く印象に残った。「生きていく」ことを肯定し、あたたかく前向きな気持ちをくれる本作。クリエイター陣と初演キャストが原作に丁寧に向き合い、誠実に積み上げてきたことがわかる本作を、ぜひ劇場で見届けてほしい。

本作は2024年5月30日(木)まで日生劇場で上演された後、北海道、岩手、新潟、愛知、長野、茨城、大阪、広島でのツアー公演が行われる。

『この世界の片隅に』PV【舞台映像Ver.】

取材・文=吉田沙奈

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【今週の12星座占いランキング】7月22日~7月28日の運勢は?

    charmmy
  2. 40代とは思えない!老けて見えない垢抜けボブヘア〜2024年夏〜

    4yuuu
  3. 雑談力で好きな人の心を掴む!話題のビジネス書に学ぶコツ

    ウレぴあ総研
  4. 野球場に行きやすくて家賃の安い駅ランキング【ベルーナドーム編】」 3位「小手指」、2位「武蔵大和」、1位は?

    J-CAST会社ウォッチ
  5. 【3COINS】貼るだけでかわいいと話題!「ジェルネイルシール」失敗せずキレイに貼る4つのポイント

    saita
  6. 2024年最新「上海ディズニーランド」の行き方まとめ!一番近いのに一番行くのが大変…!?【海外ディズニー】

    ウレぴあ総研
  7. 【リアル貯金額】34歳、男性。結婚したら老後資金はいくら必要ですか?【FPが解説】

    4yuuu
  8. 【ナチス】に立ち向かったデンマークの少年たち 「チャーチルクラブ」

    草の実堂
  9. イオンモール神戸南に『ミスタードーナツ』がオープンするみたい。張り紙が貼られてる

    神戸ジャーナル
  10. 【上益城郡】キラキラな誰かのブランド生活の写真よりも、人々を救った石橋の美しさに感銘を受ける心でありたい~八勢目鑑橋(やせめがねばし)~

    肥後ジャーナル