Yahoo! JAPAN

ほうじ茶とホワイトチョコの組み合わせ神!!!【panya no..takesan!】(埼玉県戸田市)

パンめぐ

一番人気はあんバターなどの総菜パン

埼玉県戸田市の戸田公園駅から徒歩約10分のところにある東町公園のそばに、可愛いらしい小さなパン屋さんがありました。アンティークの椅子やドライフラワーがあり、世界観が感じられます。窓から店内のパンが見えるので、入る前からテンション上がります。

店内に入るとパンが目の前に!小さな店内なので2人までしか入れないですが、カウンターにパンがたくさん並んでいます。小麦のいい香りが店内に広がっていました。ハード系パンが他のパン屋さんに比べて多い印象です。右手に冷蔵ケースがありサンドイッチも販売。食パンの焼き上がりは、火曜から土曜は10時頃、日曜は9時半頃だそうですが、前後するみたいなのでご注意くださいね。

店主、竹内翼さん。幼少期に食べさせてもらったフランスパンの味に衝撃を受けたことが、お店をはじめるきっかけだそうです。ご夫婦で営まれているパン屋さんです。ホテルとベーカリーショップでパン作りを学び、こちらのお店をオープン。子育て世代が多く住む町の戸田、ハード系のパンを売りにしているそうで、若い方に支持してもらえるかなと思い、この土地を選んだとのこと。一番人気の あんバターなどの惣菜パンをはじめ、食パン、カンパーニュ、フランスパンなど多種多様なパンを揃えるには、時間がかかるようです。竹内さんが特にこだわっているのが熟成時間で、フランスパンはなんと16時間。イーストを減らすために長時間発酵。

近くのカフェ「mameshiba」「Hey Coffee」にパンをおろしているようです。そちらで食べられるのも嬉しいですよね。

休日、晴れ、12時15分に伺うと、中に2組のお客様がいましたが5分くらいで入れました。ちょいちょいとお客様がくる印象でした。かぼちゃのベーグルはすでに売れきれで、食べたかったな。パンのお値段がリーズナブルで、良心的ですよね。

私が食べたパンはこちら。

①「あんパター」
フランスパンにあんバター。無塩バターがミルキーで、粒あんとバターの最高タッグ。
しっかり甘さのあるあんこ。パンに塩気があるので、あんこのおいしさを引き立てています。うん!美味しい!パン自体に小麦のおいしさがあります。

②「ほうじ茶チョコベーグル」
引きがあってふかもちタイプ。表面がすべすべで赤ちゃんのほっぺみたい。可愛いしね。ほのかにほうじ茶。ホワイトチョコの部分があら不思議。ほうじ茶の存在をすごく感じる。ホワイトチョコもおいしい。ほうじ茶ホワイトチョコ、次の流行に来るとおもう。それくらい美味しい。

③「チョコオレンジ」
ハード系のパンでクラストがバリバリしていて美味しい。チョコの甘さとオレンジピールの柑橘系の爽やかさは間違いない組み合わせですね。トーストしてさっくり食べるのも良さそうです。

SHOP INFORMATION
【店名】panya no.. takesan!
【住所】埼玉県戸田市上戸田2-36-8 荻野ビル 1F
【電話番号】 048-430-7345
【営業時間】火曜日~土曜日9:30~18:00、日曜日9:00~15:00
【定休日】月曜と不定休数日あり

※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはInstagram、Facebookにてご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事