Yahoo! JAPAN

レストランのシェフたちが作る創造性あふれる料理パンの世界【ブーランジェリーたね埜】(神奈川県横浜市)

パンめぐ

タンドリーチキンとキャロットラペのサンドイッチ(手前)

「惣菜パンを超えた料理パンの創造!レストランの味をパンの情熱の中へ」戸塚にあるブーランジェリーたね埜さんに行ってきました。

こちらは今年の2月に出来たパン屋さんです。近くにお店を構えるビストロ・イタリアン「ユナイテッド」の姉妹店として誕生しました。お店のコンセプトは『イタリアンとパンの融合』だそうです。

「パンを作っているのはイタリアンやフレンチのシェフが多いので、普通のパン屋さんが考えるものとはちょっと違った観点かもしれない。惣菜パンを超えた“料理パン”を作っている」と。とても楽しみです。

では、今回購入したパンを紹介します。

「タンドリーチキンとキャロットラペのサンドイッチ」

口に入れた瞬間あまりの美味しさにびっくりしてしまいました。サンドイッチと言うよりメインディッシュ?と思えるくらい。とにかくタンドリーチキンが美味しい。それを引き立てるラペもすごい。具材の量も半端ないです。

たね埜のサンドイッチのウリは、具材も1から丁寧に作っていることだそう。今回私はチキンを購入しましたが、ローストビーフだったり、ハムだったり色々あるお肉も全部自家製とのこと。シェフが作るサンドイッチですね。パンはフリュイが使われています。モチモチの生地でパンそのものもとても美味しい。今度行ったら片っ端から全部買って食べてみたいです(笑)

「紅玉のシナモンロール」

見た目はマフィンみたいですね。食べてみるとシナモンがたっぷり効いていてオトナのパンでした。パンの生地はしっとりしていて紅玉の甘酸っぱさとシナモンとクリームチーズがバランスよく美味しいです。

「冬野菜としらす・アンチョビ風味」

こちらはフォカッチャなのですが、とにかく具沢山。厚みのあるフォカッチャ生地ももちろん美味。ピザのような感じで、食べ応えがあります。この日は他に木の子とミートソースのフォカッチャがありましたが日によって違うみたいです。今日は何のフォカッチャがあるかな?と楽しみになりますね。

「大人のチョコレートパン」

まず名前で惹かれますね。ラムレーズンの濃厚チョコクリームのパン。甘さ控えめで、ラムが香る。トッピングされているピスタチオもすごくお洒落です。朝のパンではなく夜にお酒と合わせてもいいなと思えるパンでした。

期間限定と書いてありますが暑い時期以外は作られているそうです。

最後に「甘栗とピスタチオのリュスティック」

ものすごくシンプルなパンでした。少し塩気を感じる生地、ピスタチオそのものの味がします。軽くリベイクすると甘栗がほくっとして味わい深くなり、小麦の香りもたつのでオススメです。素材を引き立てる味わい深いパンでした。これはスペシャルパンなのでいつもあるわけではありません。日替わりで毎日2種類のパンがスペシャルパンとしてあります。週の始めにインスタで告知があるのでチェックしてみてくださいね。

電話でお取り置き可能です。人気のパンやサンドイッチは早くなくなることが多いので予約されるといいと思います。
パンが大好きな方、イタリアンが大好きな方、朝や昼にパンを食べたい方、お酒を飲みながら夜にパンを食べたい方…いろんな方に食べていただきたいなぁ。

SHOP INFORMATION
【店名】ブーランジェリーたね埜
【住所】神奈川県横浜市戸塚区戸塚町121-2 鹿鳴館ビル1F
【電話番号】045-443-9229
【営業時間】10:00~売り切れ次第閉店
【定休日】月曜日

※写真の商品の価格は、2021年の11月現在の価格となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗または、Instagramにてご確認ください。(年末年始は営業日・営業時間に変更がある場合がございます。)

【関連記事】

おすすめの記事