Yahoo! JAPAN

大山沖の船イサキ釣りで40cm級良型本命手中 好ゲストに大アジ【愛知】

TSURINEWS

大山沖の良型イサキをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

最近大山沖のイサキ釣りが始まって、好釣果が出ている船もあるようだ。そこで5月8日、おいしく脂の乗ったイサキを狙って釣行してきたので、その模様をリポートしたい。

石川丸でイサキ狙い

5月8日に愛知県・南知多町師崎港の石川丸に乗船。第6石川丸の大ドモ中央に釣り座を構え、タックルの準備をする。この日はゴールデンウイーク終盤だったが、満席だった。

午前5時30分に出船し、航程約1時間20分で大山沖のポイントに到着。最近釣行日はウネリや強風の悪条件の日が多かったが、この日は無風晴天でウネリもなく、絶好の釣り日和だった。

イサキ狙いの仕掛け

テンビン、コマセカゴ、オモリ80号をミチイトに取り付ける。仕掛けは持参した吹き流し3本バリで、上2本にはグリーンのスキン、下バリの空バリにはオキアミを刺した。コマセカゴにアミエビを8分目詰めて開始の合図を待つ。

しばらくすると船長から、「水深は45m、漁礁が入っているので根掛かりに注意してください。着底したらすぐに5m巻き上げてください」とのアナウンスがあり、釣り開始となった。

イサキ釣りはタナ合わせが重要なので、船長の指示通りにオモリ着底後イトフケを取ってからミチイトの1m間隔の目印を確認しながら、5m巻き上げた。サオを少しシャクってコマセを出し、アタリを待つ。

電動リールのカウンターは40mなので、アタリがあれば次から40mに合わせればOKだ。

単発ながらも良型キャッチ

しばらくすると右隣の左舷トモの人が、40cm近い良型イサキを釣り上げ、2人そろって「デカイ!」と声が出てしまった。

すぐにタナを聞くと、39mと教えてくれた。私はもう1m巻き上げて、底から6mで再度コマセを出してアタリを待つ。しばらくすると、サオ先がコンコンと小刻みに動いた後、グッと引き込まれた。すぐにサオを立ててアワせるとヒット。慎重に電動リールを巻き上げてくると、グイグイと引くのでこれも良型のようだ。

「バレるな~」と思いながら水面まで巻き上げると、良型イサキの姿が見えたので、テンビンを取り込んでからハリスを持ってイサキを取り込む。丸々として脂が乗っていそうな良型のイサキだ。

ヒットしたタナが分かったので、次は39mに合わせてアタリを待つ。しばらくして右隣の人がイサキを釣り上げると、私にもヒット。先ほどよりサイズは良くないが、2匹目を取り込んでホッとする。

良型イサキに顔がほころぶ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

粘り強く同じタナで集中

時合いがきたようで、船中パラパラと上がっているようだ。このチャンスを逃さないよう、サオ先に集中する。しかしアタリは続かず、船中沈黙となる。それでもいつアタリがあるか分からないので、同じタナをキープしてこまめにコマセをチェックしながらサオ先に集中した。

しばらくして船中でパラパラ釣れだすと、私にもアタリが出た。3匹目のイサキは良型だ。

大アジ40cm浮上

その直後にこの日一番強い引き。慎重にリールを巻いてくると、水面に見えたのは大アジ。中乗りさんにタモ入れしてもらいひと安心だ。サイズは40cmで、ずっしり重かった。

40cmの大アジもきた(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

しかしその後は再び沈黙に。それでも我慢強く待っていると、貴重なアタリがあったが前アタリで無意識にアワせてしまい、バラしてしまった。

最終釣果

そしてラスト1時間で再びアタリ。今度はしっかり食い込むまで待ってアワせるとヒット。貴重な1匹を追加して、そのまま沖上がりの時間となった。

右隣で7匹釣った人が船中トップで、私はイサキ26~34cm4匹、大アジ、カサゴだった。

消化不良だったが良型イサキに満足(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

釣果料理

イサキはハシリで釣果は不安定でも食味は抜群だった。

脂の乗った塩焼きは最高だ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)
イサキの姿造り(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)
アジの刺し身も絶品(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘)

<週刊つりニュース中部版APC・山本嘉弘/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年5月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post大山沖の船イサキ釣りで40cm級良型本命手中 好ゲストに大アジ【愛知】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事