Yahoo! JAPAN

三陸『ヤリイカメタル』のキホン 大型狙いにも有効な「オモリグ」解説

TSURINEWS

大型のヤリイカ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

三陸エリアのヤリイカ釣りがシーズンイン。今回は「オモリグ」について、リグの構成や釣り方を解説します。

オモリグとは

山陰地方のケンサキイカ釣りで速い潮流を攻略するためにアングラーに広まったのがオモリグ釣法ですが、三陸のヤリイカ釣りにも、もちろん有効となっています。やはり、潮がよく流れている場面やヤリイカの船への寄り付きが悪い場面など、オモリグが有効となるケースは多いものです。

基本的にはオモリグはキャストして広範囲を探ることが有効ですが、もちろん、船下を釣る場面でも有効です。リーダーの長さが長いので、エギの長所であるナチュラルな動きでイカに違和感を抱かせずに釣ることが可能となります。

さらにスッテより、エギの方が釣れるイカのサイズが良くなる傾向があるので大型のヤリイカを狙う時にも使いやすいのが特徴です。

オモリグのタックル

ロッドはキャストすることを考えれば、スピニングロッドが主流となりますが、ベイトタックルのイカメタルロッドでも可能です。

ICカウンター付きのベイトリール(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

PEラインの先端のリーダーを1mほど接続。リーダー先端にオモリグ用のスイベルを接続し、シンカーを装着します。スイベルには、リーダーも接続します。リーダー長さは潮が流れていれば最大1.5mの長さ、通常は70cm程度が使い易いと思います。

リーダー先端にスナップを取付し、エギをセットするのが一般的なオモリグのリグ構成となります。スイベルからリール側のPEリーダーにエダスを出してウキスッテを取り付けることもあります。

エダスを出す場合は短く太めのエダスとすることで絡みなどのトラブルを少なくする工夫も必要となります。足元を釣る場合など、シンカーの代わりにメタルスッテを使用しても良いです。

釣り方の基本

基本的な釣り方は、前方にリグをキャストし、リグをボトムまで沈めます。シンカーが着底したら、ピックアップし巻きシャクリながら、イカのいるレンジを探っていきます。足元までリグがきたら、回収して再度キャストして探ります。

オモリグは広範囲をスピーディーに探る能力がありますので、イカのいるレンジを見つけたら、そのレンジを集中して攻めます。また、オバマリグでは狙い難い船から遠くにいるイカを狙うにもオモリグは有効です。キャストせずに足元にリグを落とし、船下でシャクリ上げて釣り、再度フォールしてボトム着底~繰り返しでも、もちろん釣り可能です。

オバマリグのような細かい誘いはオモリグでは出来ませんが、レンジを直撃し、かつナチュラルなエギの動きでイカを誘うことがオモリグの最大のメリットです。大きく誘うことでイカにエギをアピールさせるため、スッテに乗りにくいスレたイカにも効果的です。

待ちの間が重要

オバマリグと同様にイカにエギを抱かせるためには、アクションを入れた後、一定の時間、リグを止めて待つことが必須となります。オモリグが釣れないというアングラーの多くは止めて待つ時間が取れていないことが原因です。

3回巻きシャクリしたら、シンカーの沈下に合わせて5秒ほどロッドの動きを止めて待ちます。この時、エギを接続しているリーダーが長ければ、その分だけ長く止めて待つ時間が必要です。リーダーがエギのフォールや水流によって真っ直ぐになることで、次の巻きシャクリ時のキビキビとしたエギの動きに繋がりイカによりアピールするわけです。

また、リーダーが真っ直ぐ伸びることでシャクリ時のライン絡みも無くなります。

様々なアタリを感じとる

イカのアタリはロッドを止めて待つ間に出ます。ロッドティップがゆっくりと引き込まれるアタリが、1番分かりやすいアタリです。ロッドティップを押さえ込む、ティップがブルブル震えるなどもアタリですので、ゆっくりとロッドを持ち上げてアワせてください。

ロッドティップにアタリが出るころには、エギをシッカリと抱いていることが多いのもオモリグの特徴です。リーダーが伸びるまでの時間がイカが抱くためにはとても大切となります。

エギはオモリグ用がオススメ(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

またオモリグ釣法では、素早く動くシンカーにイカのアタリが集中する場面も多いです。金属的なトンッというアタリの多くはイカがシンカーにアタックしていて掛からないことも多いですので、シンカーに寄り付いたイカをエギに掛ける工夫が必要になってきます。

シンカーがグローカラーならエギをグローカラーに変更したり、シンカーのカラーを替えてみるなども有効です。シンカーをメタルスッテに替えるのも1つの手でもあります。

<堀籠賢志/TSURINEWSライター>

The post三陸『ヤリイカメタル』のキホン 大型狙いにも有効な「オモリグ」解説first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 消費者はうんざり...... 投資家は歓迎! 日本ハム、「シャウエッセン」などの値上げで株価上昇

    J-CAST会社ウォッチ
  2. 部下の給料を上げることが、上司の最大の仕事。

    Books&Apps
  3. 「北九州市女性活躍・WLB表彰」受賞者が決定 市長賞は日鉄高炉セメントなど

    北九州ノコト
  4. いったい何を取り込んだんだ...? 新函館北斗駅で人々を待ち受ける「ずーしーほっきー」の光るオブジェが怪しすぎる

    Jタウンネット
  5. 国内初!人工授精で生まれた「ツシマヤマネコ」が福岡市動物園に来園│再来年以降の繁殖を目指す

    ねこちゃんホンポ
  6. 『アイドルマスター シンデレラガールズ』の歴代ライブ衣装を展示 『Costume Memories!!!』内覧レポート

    SPICE
  7. 目が可愛い女優TOP20

    ランキングー!
  8. 東京事変、フジテレビ系列『FNS歌謡祭 第2夜』出演 新曲「原罪と福音」をテレビ初披露

    SPICE
  9. <専業主婦を馬鹿にする家族>まだ修復可能?「歩み寄る」という選択を【まんが:家族の今後】

    ママスタセレクト
  10. 「ママ…いま行くよ!」手すりに行く手を阻まれたラブラドール。必死に抜け出そうとする姿がカワイイ【動画】

    Retriever Life