Yahoo! JAPAN

ほろ苦と甘さがたまらない♪定番から新顔まで新発売のキャラメルアイス3選

シティリビングWeb

ほろ苦と甘さがたまらない♪定番から新顔まで新発売のキャラメルアイス3選

秋と言えば、キャラメルスイーツが盛り上がる頃。キャメルの色合いがなんとも秋らしい感じがしますよね。そんな中、各メーカーからキャラメルアイスが続々と新発売されています。今回は注目のキャラメルアイスを3つ紹介します。

city.living.jp

●りんごのシャリッとした食感も楽しい♪「ハーゲンダッツミニカップ 林檎のカラメリゼ」

city.living.jp

10月5日に新発売されたのは「ハーゲンダッツミニカップ 林檎のカラメリゼ」(319円)。砂糖をじっくり焦がしたカラメルのほろ苦さとミルクの濃厚なコクが楽しめるカラメルアイスクリームに、カラメリゼしたりんご果肉を合わせています。

city.living.jp

なめらかでクリーミーなカラメルアイスはミルクのコクがあり、後味にはほんのりとほろ苦さを感じました。りんごは柔らかさがありつつもシャリッとした食感が楽しめます。かむとジュワっと果肉の甘さが口いっぱいに広がりました。

city.living.jp

カラメルの味は控えめで、その分りんごの甘さや風味をしっかり感じました。

●驚きのなめらか食感!「濃厚生キャラメル」

city.living.jp

「濃厚生キャラメル」(378円)は5本入りのアイスバー。なめらかなキャラメルアイスの中に生キャラメルがごろっと入っています。箱を開けると、5本がキレイに並んでいます。絵本の表紙をめくるような扉仕掛けのパッケージも楽しいですね。

city.living.jp

一口食べると、本当になめらか! 冷凍庫から出したばかりなのに、しばらく室温に置いていたかのようなほどよい柔らかさでビックリしました。中には1cmほどのダイス状の生キャラメルがごろごろとたくさん入っているので、なめらかアイスとの食感のコントラストも楽しめます。

city.living.jp

アルペンザルツ岩塩の塩気がキャラメルの風味と甘さをグッと引き立てています。

●隠し味に発酵バターを使用!「ピノ こく旨キャラメル」

city.living.jp

「ピノ こく旨キャラメル」(151円)はキャラメルアイスを、なめらかでコクのあるミルクチョコでコーティング。コンビニ限定発売となっています。

city.living.jp

口に入れると、まず感じるのはピノおなじみのなめらかなミルクチョコの味わい。そこに、キャラメルの香ばしさとほろ苦さが押し寄せてきました。口の中でミルクチョコとキャラメルが混ざり合い、おいしい!

city.living.jp

キャラメルアイスには発酵バターを混ぜ込み、隠し味にフランス産ロレーヌ岩塩を使用しているとのこと。岩塩の塩味は強すぎることなく、バターの奥深いコクは後味でしっかり感じることができます。ほろ苦さと甘さを味わうアイスでした。

みなさんも今だけ楽しめるキャラメルアイスを堪能してくださいね。

(富士みやこ)

【関連記事】

おすすめの記事