Yahoo! JAPAN

アニメ「極主夫道」が4月8日からNetflixで独占配信 伊藤静と興津和幸も参戦!

おたくま経済新聞

おおのこうすけ原作の大ヒット漫画「極主夫道」が、Netflixオリジナルアニメシリーズとして4月8日から全世界独占配信されることが発表されました。

 おおのこうすけ原作の大ヒット漫画「極主夫道」が、Netflixオリジナルアニメシリーズとして4月8日から全世界独占配信されることが発表されました。主人公・龍の声優をつとめる津田健次郎にくわえ、伊藤静と興津和幸の出演も決定。主題歌には打首獄門同好会がこのアニメのために書き下ろした楽曲を起用。また同時に予告編動画・キーアートが解禁となりました。

 「極主夫道」はかつて裏社会で数々の伝説を残し“不死身の龍”とも呼ばれた元極道の龍が、専業主夫として過ごす日常を描くアットホームなギャグコメディ。コミックス全体の売り上げは330万部を突破しており、2020年には玉木宏主演でテレビドラマ化されたことでも話題になりました。

 そんな人気漫画が待望のアニメ化。TVアニメ「のだめカンタービレ」や劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」など、数々の話題作を手掛ける今千秋が監督をつとめます。

 主人公・龍の声をつとめるのは俳優やナレーターなど様々な分野で活躍する人気声優の津田健次郎。

 龍の妻・美久の声はTVアニメ「セーラームーンCrystal」シリーズの愛野美奈子(セーラーヴィーナス)役としても知られる伊藤静が担当。

 龍の元舎弟・雅役はゲーム「刀剣乱舞」の蜂須賀虎徹やTVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」の主人公ジョナサン・ジョースターなどの声で知られる興津和幸が担当します。

 主題歌を担当するのは打首獄門同好会。名前に反し、好きな食べ物や日常生活の中で感じるささいな気持ちを歌詞にした生活感溢れる楽曲が魅力の本格的なロックバンドです。オープニングテーマ「シュフノミチ」とエンディングテーマ「極・夫婦街道」はどちらもこのアニメのために書き下ろした新しい楽曲。龍が専業主夫の道を極める気持ちを歌っているそうです。

 今回解禁された予告編には原作漫画の空気をそのままに感じさせるシーンが詰まっており、漫画のコマ割りのような絵を意識したあえて“動かない”演出もそのひとつ。昨今の3DCGなどとは一線を画すゆるカワな画作りと、役者たちの迫真のカチコミ演技が相まった新感覚アニメに仕上がっているとか。

 さらに予告編には本編にはない龍の「ネトフリさん、ほんまアコギな商売してまんな」という特別な台詞が入っており、スタッフとキャストの遊びゴコロが垣間見える動画になっているそうです。

(C)おおのこうすけ/新潮社
情報提供:Netflix

【関連記事】

おすすめの記事