Yahoo! JAPAN

逆走車と衝突したトライアスロン選手 自転車が宙を舞う衝撃の瞬間(英)

Techinsight

逆走車と衝突したトライアスロン選手 自転車が宙を舞う衝撃の瞬間(英)

今月16日、英レスターシャー州アシュビー・デ・ラ・ゾウチで自転車と車が衝突する事故が発生した。衝突の影響で自転車は宙を舞い、乗っていた人は頭から地面に落下するという痛々しい瞬間を後続車が捉えていた。自転車に乗っていたのはトライアスロンの選手で、爪先を骨折し打撲を負ったものの命に別状はないと『Leicester Mercury』などが伝えた。

「Bath Cycling Club」というクラブチーム所属のトライアスロン選手で、写真家としても活躍するジャック・スコフィールドさん(Jack Schofield、27)は今月16日、翌日に行われる友人の結婚式に出席するため移動中だった。

練習もかねてか、ジャックさんは自宅のあるウェスト・ヨークシャー州リーズから約300キロ離れたグロスターシャー州チェルトナムにある式場へ自転車で向かっていた。

そして午後1時頃、全行程の半分ほど進んだレスターシャー州アシュビー・デ・ラ・ゾウチで小さなラウンドアバウトに差し掛かり、そこで逆走してきた車と衝突してしまった。

逆走した車を追走していた同僚の乗った車のドライブレコーダーが事故の瞬間を捉えており、右側から走ってきたジャックさんと直進していた車が勢いよく衝突。ぶつかった衝撃で自転車は空高く舞い上がっており、ジャックさんは自転車から放り出されて頭から地面に落下してしまった。ジャックさんは地面に倒れ込んだものの、すぐに立ち上がって近くの歩道まで自力で移動して呼吸を整えていた。

ラウンドアバウトとは欧米諸国でよく見られる環状交差点のことで、円を描くように一方通行で交差点を進むなど特殊なルールがある。大きなラウンドアバウトであれば中心に円状の植木などが用意されているため、直進したい場合にも必ず周回しなければならないようになっている。

しかし今回のラウンドアバウトは小規模のもので、中心には円状の印が地面に描かれているのみだった。直進したかった事故を起こした車は、右方優先のラウンドアバウトのルールにより、右側からやって来たジャックさんが通り過ぎてから侵入するのが正しいルールだ。

ところがジャックさんの存在に気がつかなかったのか、ルールを無視したうえに横着して真っすぐに進んだため、ジャックさんと勢いよくぶつかってしまったのだ。

その後、ジャックさんはスタッフォードシャー州バートン・オン・トレントにある病院「Queens Hospital」に救急車で運ばれて治療を受けた。かなりの衝撃を受けたジャックさんは首の骨が折れている可能性が高いと医療関係者に伝えられていたが、ヘルメットを装着していたおかげか、幸いにも首の骨折は免れた。

しかし爪先を骨折と酷い打撲を負っていたジャックさんは同病院で治療を受け、5時間後には病院を出ることができた。

ジャックさんは「酷いケガが無かったのは驚異的ですし、本当にラッキーでした。事故に遭ったサイクリストの95%は私のように歩くこともできないはずですが、私は爪先の骨折だけで済みました」と自身の状況を明かした。

これまでラッキーでは済まず、大怪我をした仲間の姿を見てきたというジャックさんは「自転車に乗っている人は、無防備でケガをしやすいのです。(今回の事故を捉えた)写真は目を引くものであり、これを見たドライバーは角を曲がる際や追い越しの前には一度よく考えてもらいたいです。ラウンドアバウトをショートカットしてしまうことについて、1人でも多くの人に考え直してもらえれば」と交通ルールの重要性を訴えた。

画像は『Leicester Mercury 2021年9月20日付「Horrifying dashcam images show cyclist being sent flying into the air by car in head-on crash」(Image: Jack Schofield / SWNS)』『JMK Solicitors 「Roundabout collision - Am I at fault?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

【関連記事】

おすすめの記事