Yahoo! JAPAN

人生を豊かに変えるフラの楽しさを伝える「フラスタジオ・ラウレア」。

Things

人生を豊かに変えるフラの楽しさを伝える「フラスタジオ・ラウレア」。

趣味を通して人生が変わる経験をした人も多いのではないでしょうか。三条市にある「フラスタジオ・ラウレア」を主宰している長谷川さんもそのひとり。フラとの出合いで人生が豊かになったことから、多くの人にその魅力を伝えようとスタジオを開いています。そのスタジオにお邪魔して、レッスンが終わったばかりの長谷川さんからフラの魅力についてお話を聞いてきました。

フラスタジオ・ラウレア

長谷川 由里子 Yuriko Hasegawa

1965年新潟市東区生まれ。トリミングの専門学校を卒業した後、トリマーの講師として勤務。趣味が高じて東京やハワイでフラを学びはじめ、インストラクターとして独立し三条市で「フラスタジオ・ラウレア」を開設する。温泉めぐりが趣味で、お気に入りの温泉宿は鷹ノ巣温泉の「喜久屋」。チワワを飼っている愛犬家でもある。

フラと出会って人生が変わった運動音痴の女性。

——今日はレッスン終わりでお疲れのところ、取材に応じていただきありがとうございます。生徒さんたちと踊る姿が楽しそうでした。

長谷川さん:ありがとうございます(笑)。学生時代の部活動みたいに、みんなで楽しんでいるんです。

——長谷川さんはどのようにフラと出合ったんでしょうか?

長谷川さん:あるとき、たまたま聴いたハワイアンミュージックの心地よさに惹かれて「こんな曲で踊ってみたら気持ちいいだろうな」と思っていたんです。そしたら友達が新潟にできたばかりのフラスタジオに通うというので、私も一緒に習いはじめました。

——フラをはじめてみて、どうでした?

長谷川さん:もう、楽しいだけでしたね。私は子どもの頃から運動が大の苦手だったんですけど、そんな自分でも音楽に合わせて踊ることができたのがとっても嬉しかったんです。週に1回のレッスン日が待ちきれないくらいでした(笑)

——そんなにハマっちゃったんですね(笑)

長谷川さん:そうなんですよ。そのうち有名なフラの先生が新潟校を開設したので、そちらのスクールに通いはじめたんですけど、先生はときどき新潟に来てレッスンをするくらいだったので、それでは物足りなくて東京に通って先生のレッスンを受けるようになりました(笑)

——ものすごい熱量ですね(笑)

長谷川さん:それが昂じて、たくさんの人にフラの楽しさを知ってもらいたいと思うようになったので、インストラクタークラスに入ってダンス講師の勉強をはじめたんです。そのときに先生から言われたのは「自分が気持ちよく踊っていたんじゃ、人に踊りを教えることはできない」ということでした。今でもその言葉を意識して「どうしたら生徒を輝かせることができるか」を最優先に考えるようにしています。

——ダンサーとインストラクターでは、目的が変わってくるんですね。

長谷川さん:そうなんですよ。その後、本場のフラを学びたかったので、ハワイの先生の下で勉強しました。ものすごく厳しい方で、いつも叱られながらレッスンを受けていましたけど、いろいろなことを学ばせていただいて、今でもダンススタジオを運営する上で役立っています。

——学んだなかでもっとも役立っていることを教えてください。

長谷川さん:先生は観客を飽きさせずにどう盛り上げるのかを常に考えていて、曲順の構成から衣装選びまで一切妥協がないんですよ。曲順が決まるまで最後の最後まで入れ替え続けるし、一曲ずつ衣装を替えて同じ衣装では踊らないんです。その後、私は「フラスタジオ・ラウレア」を開設しましたが、イベントに出演するときはメンバーを交互に出しながら曲ごとに衣装を替えるようにしています。

普段の生活では味わえない、非日常的な世界を楽しめる。

——生徒さんにフラを教えるとき、心掛けていることってあるんですか?

長谷川さん:まずは姿勢や体重移動といった基本ステップに重点を置いて教えるようにしています。ただ、体の細かい使い方をわかりやすく伝えることって案外難しいんですよ。「手を上げる」という動作ひとつでも、いろんな手の上げ方がありますからね。

——確かに難しいかもしれませんね。他にも心掛けていることがあったら教えてください。

長谷川さん:通ってくれている生徒さんは3歳から80歳まで幅広いので、それぞれの年齢に合わせた動きを教えるようにしています。いくつになってもフラを楽しんでいただきたいんです。

——ちなみにフラが上達するコツってあるんでしょうか?

長谷川さん:まず自分の踊りを知ることが大事だと思います。リズム感や関節の動きは人それぞれ違うので、動画に撮って客観的に自分の踊りを見ることをお勧めします。その上で、自分よりも上手な人たちと踊るようにすると、目に見えて上達するんですよ。

——なるほど。フラの振り付けにはいろんな意味があると聞いたことがあるんですけど、そういう意味も表現しながら踊るんですよね。

長谷川さん:そういう意味を考えながら踊ると、より深い表現ができると思います。でも、私はフラを楽しんでもらうことが一番大事だと思っているんです。

——知識や技術よりも、まずは楽しんでほしいということですか。

長谷川さん:ステージの上で華やかな衣装を着てフラを踊るというのは、普段はなかなかできない体験だと思うんですよ。そんな日常生活とはまるで違った世界を楽しんでいただきたいです。それと共に人とのつながりも広がるので、人生が豊かになると思います。

——フラをはじめることで人生も変わっちゃうんですか?

長谷川さん:私もそうだったんですけど、フラをやりたいと思う人は心に何か秘めていることが多いんです。はじめた当初は、おでこを出したり腕を出したりするのが恥ずかしいという人もいるんですけど、フラを続けて自信がついてくるにつれて、おでこや腕を出せるようになるしキラキラ輝いてくるんですよ。

——そんなに変わってくるものなんですね。

長谷川さん:生徒さんが変わってきた姿を見て、感動しちゃうことも多いですね。私はステージで踊っている生徒さんを見ることが大好きなんですよ。生徒さんたちを応援している、いちばんのファンだと自負しています(笑)

——先生がファンでいてくれるのは、生徒さんにとっても心強いですね。最後に、今後挑戦してみたいことってあるんでしょうか?

長谷川さん:コーラスやウクレレのグループとコラボして、フラを踊るイベントを開催してみたいですね。その他にもいろいろなことを企画して、フラの楽しさを世の中に伝えていきたいと思っています。

フラスタジオ・ラウレア

三条市旭町2-2-25

090-1531-4715

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【京都ランチ】オフィス街の人気喫茶店のボリューミーハンバーグ弁当!通し営業が◎「キャンティ」

    キョウトピ
  2. 【西条市・ひなのや 丹原本店|耕】静かな隠れ家でかき氷とポン菓子を食べたい!

    愛媛こまち
  3. 「怪獣8号展」 4つの展示エリアイメージ解禁 曜日ごとのスペシャルイベント情報も

    SPICE
  4. 【チェーン店のかき氷食べ比べ2024】今年のガストは持ち帰りOK! パチパチアメが楽しい縁日みたいなかき氷

    ロケットニュース24
  5. 学資保険と新NISA、教育資金積み立てるならどっちがおすすめ?

    mymo
  6. “キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンを甥のジャファーが演じる アントワン・フークア監督による伝記映画『Michael』日本公開が決定

    SPICE
  7. 【奈良】曽爾高原で星空観賞を!「ペルセウス座流星群」イベント開催

    PrettyOnline
  8. 【上野】「1泊1980円ホテル」に1年ぶりに泊まってみた / 以前と変わったところがあるかどうか調べてみたら…

    ロケットニュース24
  9. 東京純心女子学園 卒業生ラランドサーヤさん講演 社会で活躍する女性として

    タウンニュース
  10. 本格的な茶道体験会 7月21日 町田市文化交流センターで

    タウンニュース