Yahoo! JAPAN

水を描かず優雅に泳ぐ鯉を表現 五感で感じた色彩を伝える色鉛筆画家・三賀亮介

おたくま経済新聞

絵の中を優雅に泳ぐ鯉たち。色鉛筆画家・三賀亮介が伝える五感の色彩で伝える世界。

 画家の三賀(みか)亮介さんは、主に色鉛筆を用いて、自然風景や何気ない日常を描いています。

 「その場の音・匂い・空気感、そして自然から感じるエネルギーや表情を読み取り、雰囲気に合う色やタッチで描いています」という作風は、自身の五感で感じたものを投影。

 これまでの3年半にわたる活動の中で、先日は初期作品「鯉」をTwitterで紹介しました。

 「『鯉』は水の表現に苦労して、それ(水)を描かずに伝えることに苦戦しましたね」

 制作当時を述懐しながら、作品について語ってくれた三賀さん。

 その言葉通り、色鮮やかな鯉たちが表現されていますが、明確な「水」が描かれているわけではありません。

 しかしながら、鯉たちの下にある無数の石や苔、日中の日差しを浴びたような影、そして、池を覗き込む「誰か」が想像できそうな石段を描くことで、結果として「池の中で優雅に泳ぐ鯉たち」を伝えることに。そのリアルさには、多くのTwitterユーザーが驚きの反応を示しています。

 なお、先述の通り、本作「鯉」は活動初期の作品。現在はやや異なる作風になっているそうです。

 「初期の頃は、とにかく観た通りの『リアル』に描くことにこだわっていました。ただ最近では、より自分のイメージを大切にし、『臨場感』を意識したものにしています。私は元々大学で日本画を専攻していたのですが、『手軽で様々な表現が可能』な色鉛筆の魅力を知り、今はそれならではの世界観を追求しています」

 三賀さんは、今年(2022年)3月に大阪芸術大学を卒業し、現在は主に関東圏のギャラリーで作品を発表しています。さらに「イロドリアル」という、自身と同じく色鉛筆画家たちが集結したユニットでも活動中。これからも色鉛筆画の魅力を広く伝えていくそうです。

<記事化協力>
三賀 亮介さん(@3ryocp)

(向山純平)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 夏に涼しさを感じられる!? 「グルメ&おでかけスポット」4選

    anna(アンナ)
  2. 「いいこと思いついちゃったにゃ~ん♪」美猫さんのちょい悪なニヤリ顔にTwitter民から絶賛の声♡

    ねこちゃんホンポ
  3. 北海道の人気観光列車「富良野・美瑛ノロッコ号」8月後半も運転、オクハテ510やDE15ディーゼル機関車で風と音を感じながら行くシアワセ絶景時間! 青春18きっぷでも乗れる

    鉄道チャンネル
  4. 今日8月15日は「終戦の日」 上越市が市内の戦争体験者の証言動画作成

    上越タウンジャーナル
  5. 2022年6月11日オープン No.CAFE

    京都速報
  6. 【ライブレポート】STU48、新公演「花は誰のもの?」東京開催でファンを魅了!

    WWSチャンネル
  7. <テストの点が悪い子ども>娘と親は別人格……。自分の人生を楽しむ大切さに気づいた私【まんが】

    ママスタセレクト
  8. 青春18きっぷで大阪から群馬へ、D51 498 蒸気機関車の SLぐんま みなかみ に会いに! 373系ホームライナーか、もとセントラルライナーに乗るか

    鉄道チャンネル
  9. 友達が欲しかった? カメを口にくわえて連れてくる愛犬に飼い主困惑(米)

    Techinsight
  10. <誰の子ども?>旦那が保育園や健診に一切関心なし!疲れたママが本当に求めていることは

    ママスタセレクト