Yahoo! JAPAN

イトゥアーノFC横浜 市民大会で優勝 シーズン最後に有終の美〈横浜市青葉区〉

タウンニュース

優勝を喜ぶ選手たち

横浜市民大会サッカー一般の部の決勝戦が2月7日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、青葉区生まれのクラブチーム「イトゥアーノFC横浜」が優勝を勝ち取った。今シーズン最後の大会でのタイトル獲得に、チームは喜びに沸いた。

神奈川県社会人サッカーリーグ1部に所属し、Jリーグをめざして横浜市北部を中心に活動する同クラブ。同大会は横浜サッカー協会が主催し、今年は57の社会人クラブチームが出場。昨年7月からトーナメント制で争われ、2月7日に決勝戦が行われた。

決勝戦の相手は県社会人リーグ3部所属の「JFCFUTURO」。イトゥアーノは前半開始早々5分に國分優樹選手のゴールで先制すると、16分にも毛利大河選手が追加点を挙げ、前半を2対0とリードして折り返した。

後半に入ってもイトゥアーノの攻勢は続き、16分に小谷竜也選手、17分には石川神伊選手が立て続けにゴールを決め、勝利を決定づけた。終盤に1点を返されたが、試合はそのまま終了。4対1で優勝を掴んだ。

試合後、毛利選手は「なかなか結果が出せず苦しんだシーズンにはなりましたが、最後にタイトルを獲得できて良かったです」と喜びを語り、石川選手は「関東昇格とかリーグ優勝とか大きな結果は残せなかったですが、皆とサッカーできて本当に幸せでした」と話した。監督就任3年目にして初のタイトル獲得となった山田暢久監督は「普段の練習のようにリラックスしてプレーできた結果だと思います。また、コロナ禍にも関わらず、有観客試合で行わせてくれた横浜サッカー協会に感謝します」とコメントした。

この試合を最後にチームを引退する選手もいた同チーム。昨年末まで行われた県社会人サッカーリーグでは最終節まで暫定首位に位置していたが、残念ながらチームの目標である関東リーグ昇格の機会を逃した。チーム関係者は「来年度こそは必ず達成したい」と意気込んでいる。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「私の指定席に堂々座り、大量の荷物を広げるオバサン。声をかけると謝りもせず『ここを譲って』って...」(住所不明・30代女性)

    Jタウンネット
  2. 上川隆也、小池徹平のコメントが到着 令和版、新生『魔界転生』福岡公演の初日開幕

    SPICE
  3. ディズニープラスで話題沸騰『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』 ヒーロー像を徹底比較

    ドワンゴジェイピー news
  4. 関空発着の旅にプラス1時間、空港手前で基地さんぽ

    鉄道チャンネル
  5. 『進撃の巨人』オンライン展覧会開催・キャラクター名鑑FINAL発売決定・諫山創と荒川弘の対談など、新情報が続々公開

    SPICE
  6. 昨年末に鮮烈デビューのHOSHIMI RIKA、春の3作連続リリース!

    FLOOR
  7. 新感覚♡ 大阪でみつけた「神様からの贈り物ラーメン」とは…?

    anna(アンナ)
  8. 食べ過ぎは●●を食べたせい?暴飲暴食を加速させるNG食品

    つやプラ
  9. 「初めてまともなことを言った!」と喜べない二階幹事長の「五輪中止」発言の狙いは何だ?(2)

    J-CAST会社ウォッチ
  10. 「初めてまともなことを言った!」と喜べない二階幹事長の「五輪中止」発言の狙いは何だ?(1)

    J-CAST会社ウォッチ