Yahoo! JAPAN

【鎌ケ谷市】榎本美紅さん 子育てママの頼れるリーダーは空手の元世界チャンピオン

ちいき新聞

【鎌ケ谷市】榎本美紅さん 子育てママの頼れるリーダーは空手の元世界チャンピオン

子育てママ向けのイベント企画などを精力的に行っている榎本美紅さん。

現在は鎌ケ谷市こども支援課で子育て支援コーディネーターとしても勤務しています。

多彩な活動の原動力や今後の夢などについて話を伺いました。

▲感染症対策実施の下、インタビューさせていただきました

榎本美紅さん 1983年生まれ。船橋市出身。一般社団法人アイルゴー代表。鎌ケ谷市こども支援課所属子育て支援コーディネーター。鎌ケ谷市子育てフェスタ「ニコカマフェス」や新鎌イルミネーションなどの実行委員長、鎌ケ谷きらりホール運営委員会委員など多方面で活躍中。空手の元世界チャンピオン、ミュージシャン、英語講師など多彩な経歴を持つ。

アドバイザー、プランナー、ママ…
いろんな顔で人とつながる

―市役所の子育て支援コーディネーターになったきっかけは?

榎本:5、6年前、市民の立場で鎌ケ谷市のプロジェクトに参加した後、市から声を掛けていただきました。

こども支援課の窓口で相談者の話を聞いたり、経験に基づいたアドバイスをしたりしています。

「働きたいと思っているけど、保育園と幼稚園どちらがいいかしら?」といった相談に乗ることも。

他の専門職による対応が必要な場合には、適切な窓口につなぎます。

―市役所勤務の他、ご自身が立ち上げた一般社団法人アイルゴーで、ママフェスや講座などイベントの企画・運営もされていますね。

相当お忙しいのでは…。

榎本:市役所に出社するのは週3日ぐらい。

子育て支援コーディネーターは二人体制なので、自分が出られない日は同僚にお願いすることもできます。

子育てしながらでも働きやすい職場ですよ。

それ以外の日はアイルゴーの仕事をしたり、知り合いとランチしたり、オンライン講座に出たり。

友人がイベントを開いていたら顔を出します。

いろんな所に行っていろんなものを見て、人とつながるのが大好き。

週末は、自分が関わるイベントの現場に行くことも多いです。

―オフはなし?

榎本:水曜日は休みと決めています! 

この日は娘と一緒にやっているタップダンスのレッスン日。

鎌ケ谷市民祭りなどのステージで踊ったりもしますよ。

▲▼趣味のタップダンスは大切なオフの時間

榎本:仕事が楽し過ぎて没頭しがちなので、あえてオフの日を設定しています。

土日もこどもたちと過ごす時間なので、あまり仕事は入れないようにしていますね。

【関連記事】

おすすめの記事