Yahoo! JAPAN

厄年と聞いて驚く女性芸能人ランキング

ランキングー!

2022年が<厄年>と聞いて驚く女性芸能人ランキング

今回はウェブアンケートにて総勢10290名に調査した「2022年が<厄年>と聞いて驚く女性芸能人ランキング」を発表します。さっそくランキングをチェック!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【2022年が<厄年>と聞いて驚く女性芸能人ランキング】

第1位 芦田愛菜
第2位 北川景子
第3位 石原さとみ

(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)10290名

堂々とした成長ぶりに拍手!1位は芦田愛菜さん!

<投票者のコメント>
「あんなに小さかったのに、もうそんなに大きくなったんですね!立派になったなあ」

「芦田愛菜さんには厄年なんてありませんよ。あの愛らしさと聡明さには疫病神も敵わず逃げ出してしまうことでしょう」

「厄年なんか関係ないぐらい、しっかり地に足がついた立派な人生を送っている」

今年(2022年)の6月に18歳の誕生日を迎え、成人の仲間入りを果たす芦田愛菜さん。子役時代からの活躍を思うと、時の流れの早さに驚きますよね!映画「メタモルフォーゼの縁側」も公開され、数え年の19歳で厄年となる今年も女優としてのキャリアを着実に重ねているご様子。小さい頃の面影はありながら、ドキッとさせられる大人の表情にこれからの活躍が楽しみでなりません!「もうそんな年齢に?」という意外性も含めて、納得の1位にランクインです。


厄年をものともしない活躍の1年に!2位は北川景子さん!

<投票者のコメント>
「厄年の年齢には見えませんね。ずっと素敵です」

「私も厄年なんですが、幸せいっぱいでお仕事も順調の北川景子さんも厄年と聞くと、なーんだ全然大丈夫だなと思います」

「忙しいでしょうから身体に気をつけてほしいですね」

映画にドラマにと多方面で活躍し、もはや見ない日はないほどの人気女優・北川景子さん。数え年の37歳で厄年となる今年もその勢いは止まりません!映画「大河への道」「ラーゲリより愛を込めて」の公開や、夫婦共演で話題となった映画「それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル」の声優出演など、厄年をものともしない活躍ぶりです。子育てとの両立は大変かと思いますが、応援したいですね!


充実した私生活で厄を乗り越える!3位は石原さとみさん!

<投票者のコメント>
「ご結婚してお子様も生まれて、厄年なんてふっ飛ばしますよね~」

「厄年とか関係なさそう」

「明るくて元気いっぱいなので心配ないですね。産後は身体を大事にしてゆっくり過ごしてほしいです」

ハツラツとした笑顔に、真似したくなるファッションやメイクなど、多くの人を惹きつけてやまない女優の石原さとみさん!数え年の37歳で厄年を迎える今年は、新しい命が誕生し、幸せで充実した1年になりそうですね。女優業は少しお休みですが、現在も多くのCMキャラクターを務めておりその存在感は変わらず!厄年を華麗に乗り越え、また新たな作品で拝見できるのを楽しみに待ちたいですね。


4位以下はローラや、田中みな実、比嘉愛未などがランクイン!

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 巨峰を丸ごと味わえるアイス「味わう巨峰」8月22日に新発売

    おたくま経済新聞
  2. 【京都建物】七代目小川治兵衛作の庭園と武田五一建築の宿泊施設「白河院・法勝寺跡」

    キョウトピ
  3. 透色ドロップ、霊長類最強ゆるふわ女子はメンバーにバレずに完食できるのか!? 『透色って、なにいろ?』最新回公開

    Pop’n’Roll
  4. 「気絶するぐらい辛い」ローソンの新作「まぜそば」冷房の中でも汗がとまらなかった。

    東京バーゲンマニア
  5. ピクニックスタイルの音楽フェス『Chillin’ Vibes 2022』追加出演者&日割り発表 リトグリがフリーライブに出演決定

    SPICE
  6. 【札幌記念・北九州記念】女王ソダシ撃破へ虎視眈々 東大・京大の本命馬は【動画あり】

    SPAIA
  7. 大阪・神戸に新たにオープン!テレビで紹介された「おでかけスポット」3選

    anna(アンナ)
  8. 朗読劇『ハニーレモンソーダ』岡本信彦さん、大橋彩香さんインタビュー! パンフレット撮影の写真も【声グラ限定】

    声優グランプリ
  9. 【40代の婚活】上手くいかない原因⁉NGな心構え5つ|美ST

    magacol
  10. ドアを開けた途端、疲れがとれそう! パパの帰宅を待つニャンズの「大好き」が伝わるお出迎え

    ねこのきもちWEB MAGAZINE