Yahoo! JAPAN

ツアー・オブジャパン 相模原ステージを初開催 5月29日 観戦も可能〈相模原市緑区〉

タウンニュース

2019ツアー・オブ・ジャパン東京ステージ。昨年はコロナ禍の影響により大会は中止になった=写真は相模原市提供

ツアー・オブ・ジャパン組織委員会(事務局・一般財団法人日本自転車普及協会)は、5月29日(土)に予定される「相模原ステージ」を含む2021ツアー・オブ・ジャパンの概要について発表した。

例年、ツアー・オブ・ジャパンは、8ステージにより開催されているが、新型コロナウイルス感染症の影響により、2021年は、5月28日(金)から5月30日(日)の富士山・相模原・東京の3ステージに規模を縮小して開催される。海外チームは参加せず、国内チームを基本に最大16チームが参加する予定。

29日に行われる相模原ステージは、橋本公園西側を午前8時30分ごろのスタート後に北上し、相原台交差点から串川橋交差点(旧小倉橋まではパレード区間)まで、国道413号(旧小倉橋経由)のオリンピックコースを直線区間として走行する。串川橋交差点からは、周回区間コースとなり、左折して国道412号沿いに時計回り、宮ヶ瀬ダム入口を右折、北岸林道から鳥居原ふれあいの館の前を通り、鳥屋から関交差点を経由し、串川橋交差点に戻るコースを7周する。ゴール地点となる鳥居原ふれあいの館には正午ごろを予定。開催に当たり、コースや周辺道路において、大規模な交通規制が実施される。

本村賢太郎市長は「相模原ステージは、今回が初開催となり、市ホームタウンチームの『チーム右京相模原』も出場するので、市民の皆様には感染症対策を行った上で、安全に観戦いただきたい。開催を通じて「見るスポーツ」の機会を提供するとともに、競技や本市の魅力を全国に発信し、スポーツの振興や地域の活性化、シビックプライドの向上につなげていく。さらに、約4カ月後に迫るオリンピック自転車ロードレース競技の機運醸成や、同大会における新型コロナウイルス感染症対策の確実な実施にも大きく寄与する」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事