Yahoo! JAPAN

【オリックス】2021年・春先の不調時、自分を救ってくれた中嶋聡監督、能見篤史、平野佳寿の存在を語る!≪若月健矢オンライントーク≫

ラブすぽ

【オリックス】2021年・春先の不調時、自分を救ってくれた中嶋聡監督、能見篤史、平野佳寿の存在を語る!≪若月健矢オンライントーク≫

2021年、10試合出られないのではないかと焦っていた春先にメンタルを保たたせてくれた言葉とは!?

若月健矢捕手に昨年の春を振り返ってもらった。


正直言って、出場機会には恵まれなかった。

頓宮裕真、伏見寅威の2人の存在が大きい。

最大で3週間試合に出なかった期間もあり、年間で10試合出られないのではないかと考えたこともあったという。

事実、開幕してから5月末までのスタメンマスクは、

頓宮裕真:25試合

伏見寅威:23試合

若月健矢:5試合

だった。


そもそもオープン戦の時期に2軍行きになった。ケガをしていたわけでもない。

開幕時には1軍に上がっていたが、やはりオープン戦で出場機会の多かった頓宮裕真、伏見寅威の2人の方が出場機会を与えられた。


そのような状況で焦りを感じていた春頃の若月健矢に支えとなる言葉をかけてくれたのはベテラン投手陣だった。

能見篤史、平野佳寿が「絶対に試合に出る機会は来るから、それまで腐るな」と言葉をくれたという。


そして、中嶋聡監督は試合で起用してくれることは少なかったが、技術的な指導は惜しみなくしてくれていたという。キャッチャー出身の監督だからこそできることだ。


いま振り返れば、試合に出てなくても毎日が勉強できて成長できたシーズン春頃だったという。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 沖縄出身と聞いて驚く芸能人ランキング

    ランキングー!
  2. あざとかわいい女性有名人TOP20

    ランキングー!
  3. 欧米に「逆経済制裁」科すプーチン大統領 バックに途上国の共感が...でも、経済面で「中国の半植民地になる」とのエコノミスト指摘

    J-CAST会社ウォッチ
  4. 【ゼクシィ付録】300円でいいの?プーさんの2WAYハンディー扇風機は「風の強さも良い感じ」

    東京バーゲンマニア
  5. 【2022年】メンズ除毛クリームのおすすめランキング10選|人気商品を徹底比較

    360LiFE(サンロクマル)
  6. キッズ用レイングッズ「色も形もタイプ」「気分も晴れ晴れ♪」超使える4選

    たまひよONLINE
  7. “渡韓ごっこ”って知ってる?韓国旅行気分を味わえる「注目のスポット」

    anna(アンナ)
  8. 海のにおいがしてきそう... 「カニのスペシャリスト」が開発したティーバッグが、リアルすぎて戸惑うレベル

    Jタウンネット
  9. 【美瑛町】キャンプなのに雨でも安心!? 観光名所にほど近い「山小屋風の三角屋根ケビン」に泊まってきた

    北海道Likers
  10. スポーツジャーナリスト二宮清純さんに聞く子どもの会話の引き出し方 試合後は「勝った?」より「今日なんかいいことあった?」と聞こう

    サカイク