Yahoo! JAPAN

【2021静岡】鮎トモ釣りオススメ河川:興津川 流れ穏やかで釣りやすい

TSURINEWS

盛期のアユ(提供:週刊つりニュース特別版APC・藤崎信也)

アユのトモ釣りオススメ河川として、興津川を紹介する。おもな支流に、黒川、布沢川、中河内川、小河内川があり、中河内川は比較的規模が大きく短竿でのアユ釣りが可能。

人気の高い興津川

山梨県・静岡県境の田代峠に源を発する興津川は、清水市清水区内を南流したあと、駿河湾に流入する延長22kmの二級河川。おもな支流に、黒川、布沢川、中河内川、小河内川があり、中河内川は比較的規模が大きく短竿でのアユ釣りが可能。

流域には茶畑が広がり、近くには三保の松原などがあり風光明媚な場所。また、由比のサクラエビやシラス、遠洋漁業の基地としての焼津など、周辺はグルメにも事欠かない。都内からはやや距離のある釣行となるが、昼は釣り、夜はグルメと遠征するには最高だ。

同川の天然遡上については情報が入っていないが、漁協では4月に入ってから、放流を開始しており、5、6回に分けてこまかく分散放流されている。例年通りなら、人工産、海産などを4t近く放流する。

中規模河川であるにも関わらず、同川の人気は高い。その理由は東日本で解禁が早い河川の1つであることが挙げられる。例年、同川は5月20日に解禁。解禁日には、遠くは東北や関西圏から遠征する人も少なくない。きめこまかい肌と香り高き魚体も人気の理由。比較的穏やかな川であるため、釣りやすいのもその魅力だろう。

初期は上流で良型放流狙い

同川は初期、盛期、終期で釣り場やポイントが異なる。初期の下流は天然遡上が多く、小型ばかりで釣趣にやや欠ける。初期は、型のいい放流物が多い上流部を狙う。

大釣りの日はこんな釣果も(提供:週刊つりニュース特別版APC・藤崎信也)

遡上が成長した盛期は全川で釣果が望めるが、上流域は避けたほうがいい。アブがうるさく、バーベキューの盛んな土地がらである。上流部はキャンプ場が多く川遊びが始まると釣りにならない。終期には、天然アユが20cm超級にまで成長し、それらを狙う。

ポイント紹介

また、オトリ店は11月上旬ごろまでだが、オトリがつなげるなら12月いっぱい釣りが可能だ。人気の釣り場としては、上流から八幡、片瀬、西里、土村、大網、茂野島、和田島、高瀬、清地、ゴトロ、但沼、立花橋周辺、承元寺堰堤周辺。大網より上流は河川敷が狭く護岸整備されている場所も多いので、長竿では釣りづらい。しかし、解禁日に束釣りの情報が届くのは、この上流域からである。

大島橋周辺

同川の最上流部と言えるのが大島橋上下流。水深20~50cmで流れは細いが、大石が点在する渓流相で、初期から型がいい。八番は、石沢川合流下の淵からトロ場になり、それより下流は片瀬堰堤まで水深20~40cmのチャラ瀬が続く。

エン堤下は、豆腐石が並ぶ人工的な川底が続きやや釣趣に欠ける。黒川合流点上流は浅い瀬が続き、下流は長いトロ場となる。西里は、キャンプ場上流のチャラ瀬、段々瀬、西里堰堤下流の瀬肩が有望だ。その下流は山彦橋、土村堰堤上下流、大網と同様の流れが断続する。いずれも、水深10~60cmの瀬やチャラ瀬、トロ場の川相。

茂野島

茂野島からゴトロはシーズンを通して釣果が望める大人気の釣り場。茂野島橋上流は長いチャラ瀬から浅トロ、橋下流は、段々瀬から平瀬、トロ、そして早瀬と流れが続く。橋下流の段々瀬は、アユが着いていれば一発で追ってくる超一級ポイントで型もいい。

茂野島の様子(提供:週刊つりニュース特別版APC・藤崎信也)

和田島

和田島は、チャラ瀬と平瀬、トロ場が交互する釣り場。遡上の多い年は、チャラ瀬で面白いように入れ掛かる。ここでは、泳がせるより、釣り人本意に引いていくと掛かりがいい。

和田島の川相(提供:週刊つりニュース特別版APC・藤崎信也)

高瀬地区

中河内川合流点を中心とするのが高瀬地区。合流点上流は瀬、下流はトロ瀬でその下は出合淵だ。吊り橋周辺で束釣りしたこともあり、私のお気に入りの釣り場の1つでもある。

高瀬の様子(提供:週刊つりニュース特別版APC・藤崎信也)

清地

清地は、水源地前、吊り橋周辺、宮島橋周辺と続く。水源地前はトロ場からチャラ瀬、吊り橋周辺は淵からトロ場、長い瀬と続き、アユの供給には事欠かない釣り場で、状況がよければ終日釣れ続く。瀬は宮島淵まで続き、宮島橋下流は水深のある短い瀬だが型が狙えるポイントだ。

清地の流れ(提供:週刊つりニュース特別版APC・藤崎信也)

一ノ瀬堰堤下

一ノ瀬堰堤下から漁協裏までチャラ瀬が続き、荒瀬から雨乞淵に落ち込み、その下流は、水深のある瀬と淵が連続する。ゴトロは、天野倉庫裏から小島中学校前にかけての釣り場で、大石が点在する瀬と岩盤底のトロ場が続く釣り場。

但沼大橋&立花橋

但沼大橋、立花橋は国道52号からやや入った場所にあり、駐車スペースが少ないことからお勧めはしないが、穴場的な釣り場。岩盤底の瀬とトロ場、淵が続き水深もある。放流物と遡上アユの両方が狙えるため、数釣り派にはいい。シーズンを通して楽しめる釣り場である。

承元寺エン堤周辺

承元寺堰堤周辺は同川では最下流の釣り場で、堰堤上は岩盤底の浅トロが続き、堰堤下流はザラ瀬から平瀬。ここまで来ると石は小さくなり、小砂利底に頭大の石が点在する川相。

終期には、台風によって押し流された富士川の大アユが興津川に差しのぼり、釣れたことがある。盛期から終期の釣り場と言っていい。天然遡上の多い年は有望な釣り場である。

<週刊つりニュース特別版APC・藤崎信也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース特別版』2021年5月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post【2021静岡】鮎トモ釣りオススメ河川:興津川 流れ穏やかで釣りやすいfirst appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事