Yahoo! JAPAN

『ウォーキング・デッド』ノーマン・リーダス&『ベター・コール・ソウル』ボブ・オデンカークらハリウッド殿堂入り

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

米AMCの大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』のダリル役で大ブレイクしたノーマン・リーダスが、2022年にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名を連ねることが明らかとなった。米Comicbook.comなどが報じている。

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームは、米ロサンゼルスのハリウッドに2000以上のスターの名前が刻まれた星形プレートが敷かれた通りで、6月17日(木)にWalk of Fame Selection Panelが何百人もの候補者から、2022年にウォーク・オブ・フェームに加わることになった38人を発表した。

その中にノーマンの名前があり、『ウォーキング・デッド』からは2012年に選ばれた製作総指揮のゲイル・アン・ハードに続いて二人目となる。

『ウォーキング・デッド』以外にノーマンの出演作には、犯罪アクション映画『処刑人』シリーズやマーベル映画『ブレイド2』、『スティーラーズ』『トリプル9 裏切りのコード』などがある。また、バイクで全米や海外を旅するリアリティ番組『ライド with ノーマン・リーダス』で、ホストを務めるだけでなくプロデューサーも兼任。1980年代のホラー映画『殺しのナイフ』のドラマ版と、60年代のカルト映画『ファスタープッシーキャット キル!キル!』をTVシリーズ化するプロジェクトでプロデューサーを務めることが決定しており、幅広い分野で活躍している。

2022年にウォーク・オブ・フェームに加わるスターには、ボブ・オデンカーク(『ブレイキング・バッド』『ベター・コール・ソウル』)、リッキー・ジャーヴェイス(オリジナル版『ジ・オフィス』)、ピーター・クラウス(『9-1-1:LA救命最前線』)、ジーン・スマート(ドラマ版『ウォッチメン』)、ミンナ・ウェン(『エージェント・オブ・シールド』『マンダロリアン』)、キャリー・フィッシャー(『スター・ウォーズ』シリーズ)、ユアン・マクレガー(『スター・ウォーズ』シリーズ)らも名を連ねている。

なお、ノーマンが出演する『ウォーキング・デッド』のファイナルとなるシーズン11は、AMCにて8月22日(日)に放送スタート。(海外ドラマNAVI)

Photo:ノーマン・リーダス ©NY000792/ボブ・オデンカーク ©SF/Famous/ミンナ・ウェン ©SF/FAMOUS

【関連記事】

おすすめの記事