Yahoo! JAPAN

ボートからのジギング&キャスティングで本命シーバス連発【名古屋港】

TSURINEWS

名古屋港ボートゲームでのシーバス釣果(提供:週刊つりニュースAPC・土屋英孝)

3月7日はキトちゃんと2人で、高橋さんのボートに乗せていただいた。久しぶりのデーゲームで、午前6時半に愛知県・飛島村の筏川の船着き場を出発した。

ライトジギングでシーバス手中

まずは下げ潮の動いている内に、ライトジギングでシーバスを狙った。水深は10mぐらいなので、ジグはパームスのダックスやスメルトの20~40gぐらいを使う。開始早々キャプテンの高橋さんにヒット。私もすぐにヒットして、2人とも40~50cmクラスのシーバスをキャッチした。

シーバスキャッチ(提供:週刊つりニュース APC・土屋英孝)

アシストフック無しで挑戦

今回の私のテーマは、アシストフックを忘れてきたので、テールのトリプルフックだけでどのぐらい差が出るかの検証。ヒットするのが、底から2~3mぐらいまでの範囲だったので、ハーフピッチや速巻きストップでヒットが続いた。

タックル図(作図:週刊つりニュース APC・土屋英孝)

サイズも大きくて60cm弱とそれほど大型は出ないが、アタりだすとコツンとかフワッとかさまざまなアタリが楽しめた。ある程度数が釣れたのと潮が下げてきたので、穴撃ちのため移動した。

穴撃ちでWヒット

タックルを6ftのベイマチックに替えて、コンクリートに洞穴めがけてキャスト。キャプテンからジグヘッドとワームを借り、数キャスト目でキトちゃんとダブルヒットになった。やっぱりシーバスが群れている所では、こうなるのもうなずける。

穴撃ちも好調(提供:週刊つりニュース APC・土屋英孝)

その後はまた移動してジギングで狙ったが、活性は朝とは違いシーバスは激渋。小さなアタリで手のひらぐらいのサバが7~8匹釣れた。そんななか、私のダックス20g赤金で底をしっかり意識した誘いに、珍しいクロソイの30cmも顔を見せてくれた。

縦&横の釣りで釣果満足

そして、最後に穴撃ちをして帰港することになった。潮も干潮間際だったので、若干バース下の穴も水面からの高さが広がった。私は26gのヘビーシンキングミノーのエフリード90Sでラストチャレンジ。

穴の奥にキャストを丁寧に決め、カウント3秒ぐらい沈めて巻き上げてくると、思い通りのヒット。サイズはアベレージサイズだが、イメージが現実になり満足して終了の時間になった。

コンスタントにヒットが続いた(提供:週刊つりニュース APC・土屋英孝)

久しぶりの名古屋港でのボートゲームと、いつもと違った縦の釣りでも釣果に恵まれて十分楽しめ、大変楽しく笑いの絶えない土曜の朝となった。

<週刊つりニュース APC・土屋英孝/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事