Yahoo! JAPAN

再開した『うみかぜ公園』を視察 タチウオ狙いにサビキ釣りが好調

TSURINEWS

うみかぜ公園でタチウオ好調(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

10月4日、緊急事態宣言でしばらく休園していた、神奈川県横須賀市のうみかぜ公園が、宣言解除にともない開園したので、タチウオ釣りとサビキ釣りの釣況をレポートする。

うみかぜ公園の状況

5時30分すぎにうみかぜ公園に到着すると、平日にもかかわらず大盛況。

うみかぜ公園周辺略図(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

サビキアジ、チョイ投げキス、ルアー青物と、それぞれ好みのスタイルで竿を出している。なかでも一番多かったのは、食べても美味しいタチウオ狙い。

釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

すでに、周囲は明るくなっているため、電気ウキを使ったエサ釣りの人は帰ったようだが、ソフトルアーを使ったワインドや、テンヤにイワシやキビナゴを装着したルアー感覚で狙う人は残っていて、キャストを繰り返している。

栗原さんに指4本(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

タチウオの釣況

状況確認していくと、釣り場の中央あたりで竿を振っていた須賀さんは、テンヤ釣りで4時に指3本、栗原さんはワインドで指4本サイズが釣れたと話す。

須賀さんは指3本の本命(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

さらに左手にいくと、梅田順子さんも4時ごろ、テンヤ&キビナゴエサでタチウオをキャッチ。

梅田さんはテンヤで(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

前日の夕方から夜通しで粘っている岡沼さんは良型9尾という。やはり、夜行性の魚だけに21~22時が一番アタリ多かったとのこと。

岡沼さんは9尾キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

サビキ釣りの釣況

一方、サビキ釣りは、太田区から来た山田さんが「きょうはウリンボ(イサキの幼魚)が多い」と苦笑い。

山田さんはサビキで(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

立川からきた花田さんは、タタキサイズのアジをトリプルと、こちらは絶好調。しばらくはいろいろな魚種が期待できそうだ。

花田さんにアジ(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

<週刊つりニュース関東版APC・間宮隆/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年10月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post再開した『うみかぜ公園』を視察 タチウオ狙いにサビキ釣りが好調first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事