Yahoo! JAPAN

福士誠治、田中俊介らが挑む、超大作叙事詩『インヘリタンス-継承-』 メインビジュアル、公演詳細が決定

SPICE

『インヘリタンス-継承-』

2024年2月、東京芸術劇場 プレイハウスにて上演されることが決定した『インヘリタンス-継承-』のメインビジュアル、公演詳細が決定した。

東京芸術劇場と演出家・熊林弘高がタッグを組んで行う本作。『インヘリタンス-継承-』は自身が納得した作品を1~2年に1本選びぬく熊林が「これだけは」と上演を切望した作品で、2015~18年のNYを舞台に、1980年代のエイズ流行初期を生きた60代、HIVと共に生きる30代・20代の3世代のゲイの人々を描く。
感染症と向き合って生き抜く彼らの姿は、ここ数年コロナの猛威と苦闘し、いまようやくそれと共に生きていくところまでたどり着いたわれわれ全ての同時代人に相通じている。彼らが差別や抑圧を受けながらも、真実の自分に出会い、愛を貫くさまを描く本作は、LGBTQなど多様な個性の人々がそれぞれ自分らしく幸せに共生できる社会とは何かを問いかる。

日本では『真夜中のパーティ』『ト―チソング・トリロジー』『エンジェルス・イン・アメリカ』などの、ゲイの人々を描く傑作が上演されて来たが、本作は、まさしく”いま”を描いて、私たちに深い感動と希望を与えてくれるだろう。

本公演の作者、マシュー・ロペスは本作でラテン系の作家として初めてトニー賞ベストプレイ賞を受賞し、この春ノン・バイナリー(自分を男性・女性という性別にあてはめない)俳優がトニー賞を受賞して注目を浴びた『お熱いのがお好き』ミュージカル版の脚本も手掛ける今注目の作家。病気やマイノリティに対する差別や偏見を乗り越えて力強く生きる人々を描く本作の人気は高く、上演権獲得を巡りコンセプト・プレゼンとなりましたが、熊林が勝ち抜き、作者ロペスより日本初演の演出を託された。

前後篇6時間半にわたる超大作叙事詩(エピック・ストーリー)となるが、熊林はそこに、いま語られなくてはならない物語を見出していく。キャスティングにこだわる熊林の指名を受けてたったのは、信頼篤き実力派の福士誠治、今後が期待される感性豊かな田中俊介、正反対の二役を演じる新原泰佑、そして柾木玲弥はじめフレッシュな若手俳優陣。対するベテラン勢には、多彩な役を演じて実績のある篠井英介、そして円熟した演技で熊林作品を支える山路和弘が顔を揃えた。さらに熊林作品に欠かせない名優 麻実れいが後篇のみ、クライマックスで登場するのも見どころとなる。

実力・魅力あふれる顔合せでおくる本作は、2024年2月11日(日・祝)~2月24日(土)東京芸術劇場 プレイハウスにて上演。その後、大阪・北九州でも行われる。ポジティブで、セクシーで、痛快な舞台に、きっと時を忘れることができるだろう。


【ストーリー】
■前篇
エリック(福士誠治)と劇作家のトビー(田中俊介)、初老の不動産王ヘンリー(山路和弘)とそのパートナーのウォルター(篠井英介)の2組のカップルを中心に物語は展開する。ウォルターは「田舎の家をエリックに託す」と遺言して病死する。トビーの自伝的小説がヒットしてブロードウェイで上演されることになるが、その主役に抜擢された美しい青年アダム(新原泰佑)の出現により、エリックとトビーの仲は破たんする。しかしトビーはアダムにふられ、彼にそっくりのレオ(新原泰佑 二役)を恋人にする。一方、リベラルと保守の両極のようなエリックとヘンリーが、ふとしたことから心通わせる。エリックは、ウォルターの遺言の「田舎の家」が、エイズで死期の近い男たちの看取りの家となっていることを知る。
■後篇
エリックとヘンリーが結婚することになり、ジャスパー(柾木玲弥)ら古い友人たちとの間に溝ができる。結婚式に、トビーがレオを伴って現れる。レオを見て顔色を変えるヘンリー。トビーは式をぶち壊して失踪する。トビーに捨てられHIVに 感染し行き場をなくしていたレオをアダムとエリックが救う。レオを「田舎の家」に連れて行くと、そこには男たちに寄り添い続けたマーガレット(麻実れい)がいて、この家で起ったことを語り始める…。ウォルターの遺志を継ぐ決心をするエリック。 レオは彼らの物語を書き残していく。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. まっすぐ続く「桜カーペット」が美しい 京都の雨夜を彩った花筏に反響

    Jタウンネット
  2. 猫たちが夢見る『理想の暮らし』とは?愛猫の幸せには欠かせない5つの条件

    ねこちゃんホンポ
  3. 『愛犬が死ぬ夢』を見る意味とは?状況別でわかる飼い主の精神状態や暗示について解説

    わんちゃんホンポ
  4. なきごと 最高を更新し続けるバンドの進境著しい姿、「素直になれたら」リリースツアー最終日レポート

    SPICE
  5. 舞台『川越ボーイズ・シング』-喝采のクワイア- キービジュアル&響 春男(染谷俊之)らのキャラビジュアルが解禁

    SPICE
  6. 子猫の声が『床下』から…女子高生2人の勇気ある行動に感動すると1万9000人が注目「本当に頼もしい」「素晴らしい勇気」の声

    ねこちゃんホンポ
  7. 柴犬が猫に『遊んで欲しい』とお願いする時の行動…可愛すぎる誘い方が124万再生「末っ子感がたまらん」「ちょんちょんやばいw」

    わんちゃんホンポ
  8. 歌舞伎座『六月大歌舞伎』萬屋の新たな幕開きとなる襲名・初舞台への期待が高まる、特別ポスターと特別チラシが公開

    SPICE
  9. 神戸駅弁「淡路屋」が「台湾支援チャリティーひっぱりだこ飯」4月13日からオンライン限定で販売

    鉄道チャンネル
  10. 狼犬が成長したら…驚きのビフォーアフターが24万表示「美人度がプラスされた」「ワンワンがオオカミになった」驚きと絶賛の声続々

    わんちゃんホンポ