Yahoo! JAPAN

どうせなら、一粒で二度美味しい方がイイ ライトに楽しむ釣り&クライミング

WEBマガジン

どうせなら、一粒で二度美味しい方がイイ ライトに楽しむ釣り&クライミング

水辺で楽しむ「釣り」、対して山で楽しむ「クライミング」。一見相容れない2つのアクティビティですが、長年その双方を趣味にしている私にとっては、「何とか一緒に楽しめないか?」そう思わずにはいられませんでした。なんせ、休日の時間は少ないですから……。

実は場所とタイミングさえ考慮すれば、釣りとクライミング(ボルダリング)は決して一緒に楽しめないわけではないのです。ただし、両方を「ガッツリ!」楽しもうとすれば、少々無理があるのは事実…。なので今回は、「いかに手軽に釣りとクライミングを楽しめるか」をテーマに、釣り風にいうところの「LFC(Light Fishing & Climbing) ライト釣りクライミング(?)」を実践してみました。どうぞご覧ください!

釣りとクライミング


2つを満たす場所選びは重要

「釣り」を楽しめる場所は“海・川・池“です。そして「クライミング」を楽しむことができるのは”山・河原・海岸“。”山“は2つを一緒に楽しむには少々難しいかもしれませんが、意外に接点はあるものです。「水辺で岩がある」場所、もっといえば、アプローチや釣りやすさ、登ってもよい岩かどうかといった”手軽“な場所を聞き込みしました。
釣りの情報は比較的入ってきやすい環境にあるのですが、果たして登れる岩があるのか…。クライマーの友人や足しげく通っているクライミングジムの方にもご協力をいただき、程よい場所を発見! 会社の後輩で、しっかり登れるクライマー津田くん(もちろん津田くんにもエリアの相談を)にも協力してもらい、兵庫県某所にあるエリアに出掛けることにしました。

何にしても道具は少なめに

実は以前、同様の釣り&クライミング企画をやったことがあるのですが、「しっかり登って、ちゃんと釣りたい!」という少々強欲な思いから、大荷物を抱えて往生した経緯がありました。なので今回は、できるだけ少ない荷物でライトにいくために、道具を最小限に絞ります。

釣りもクライミングも道具は最小限に! が今回のテーマです

クライミングに必要な道具は、クライミングシューズチョーク(チョークバッグ)、そして安全対策のためのクライミングマット(クラッシュパッド)と岩の汚れやチョークを落とすブラシなど。そして釣りに必要な道具は、ロッドリール仕掛エサです。
クライミングはシンプルですが、釣りにおいては「何をねらうか?」「どんな釣り方をするか?」で道具立ても変わってきます。できるだけ荷物を少なくしたかった今回は、ロッドを汎用のパックロッドにし、大袈裟な仕掛が必要ない軽めのメタルジグとブラクリのみに。とにかく空いた時間で足下や近くを探る釣り方で、何かしらの魚をGETする作戦です。

あとは、せっかくの外遊びを満喫するために昼食をカップ麺にし、バーナークッカー・水をクーラーボックス(7~10L程度)に詰め込んで持って行きました。カップ麺にすればお弁当ほどかさばらず、しかもクーラーボックスは収納兼、もし美味しい魚が釣れたら持ち帰るのにも便利です。

まずはボルダリングで燃えましょう!

時間の使い方についてもやや工夫を。少ない時間で存分に満喫するため、午前中のみクライミングの時間にあてることにしました。

訪れた場所は切り立った断崖絶壁に悠久の歴史を感じさせる地層が露出したエリア。登る目的の岩はその斜面のすそ野に位置し、釣りができる海岸まではほんのわずかといった最高のロケーション。釣りとクライミングの移動の時間も節約できるうえ、岩には数本の課題※が引かれていて楽しめそうです。

※クライミングは開拓者(≒初登者)さんが登るルートを発見し、課題としてグレーディングや命名を行ってくれています

短期決戦と決め、トライする課題を1~2本に絞ってアタックすることに。津田くんと2人で安全対策のためのマットを設置しホールドを物色。どうやって登るかのムーブ(身体の使い方)を自分なりに模索し攻略のアイデアをぶつけ合います(この時間も楽しいのです!)。イメージが固まり、モチベーションが上がってきたところでいざトライ! まずはエネルギッシュで外岩慣れしている津田くんからスタートしました。
外岩慣れしているとはいうものの、初めてトライする課題は難しいもの。ホールドの感触は触ってみないと分からないため、必要以上に力が入り体力を消耗します。1登目で登ってしまうことを「オンサイト」、人の登りを見て登ることを「フラッシュ」と言うのですが、残念ながら強い津田くんをもってしてもオンサイトすることはできませんでした……。

思いのほか力が入ってしまう1トライ目。どれくらい持てるか…持て感は触ってみないと分からないものなのです

数登のトライを繰り返しながら、徐々に課題を詰めていきます。ムーブも安定し核心箇所も練習でつながるようになってきました。私も写真を撮りながら時折り課題を触らせてもらいましたが、なかなかに難しそうな課題。そうそう言い忘れていましたが、課題のグレードは「初段」という、それなりにトレーニングを積んでいないと登らせてくれない難易度なのです。そうこうしているうちに、「登りますわ!」と津田くんからの完登宣言が出ました。
さほど緊張するような場面ではありませんでしたが、私にも自然と力が入ります。スタートから中盤までは既にスムーズな身のこなし、そして中盤でやや身体が振られる力強いムーブをこなし、中盤から後半にかけての超パワームーブ…。津田くんは何度も繰り返し確認したムーブで危なげなく核心を越え、岩の上へと嬉しそうに登って行ったのでした~! お見事です!!

力強い登りで見事課題をクリアした津田くん。ガッツポーズが海に映えます!

 

私もあとに続けと勢いをもらい、何とか久し振りの初段をGET!! 登れるとやっぱり嬉しいものです

昼食はデイキャンプ風??

さて、お互いに気持ちよく課題を完登したところで、きりよく昼食を取ることにしました。「登る」というミッションを無事にクリアしたことで気分はリラックス。準備してきたガスバーナーをセットし、クッカーに水を注ぎ、カップ麺を用意します。

お湯が沸くまでの時間、先ほどのクライミングの余韻を引きずりつつ午後からの釣りに向けての作戦など、ざっくばらんに話すわれわれ。それにしても、大好きな海と岩を眺めながらのロケーションはなんと贅沢! 波の音をBGMに青空の下でランチを食べれるなんて! すっかりデイキャンプ気分でお湯が沸くのを待っていました。
お湯をカップ麺に注ぎ(私はあえてチキンラーメンをメスティンに移し、ぐつぐつと火にかけてみました)、ほぐれるまで少々。空腹のお腹を満たし午後の釣りへの活力を養うべく、熱々のラーメンを頬張ったのでした~。

青空の下での昼食は最高! 午後の釣りに向けてカップラーメンを頬張ります。美味しい~!

残すミッションは魚を釣ることっ!

課題をクリアしお腹を満たしたあとは、最後のミッション「釣る」だけ!
お互いに持ってきたタックルを手際よく準備しブラクリをセット。エサのアオイソメをハリに刺して、まずは足下から探っていきます。まだまだ水温の低いこの時期、比較的透明度が高く沈む岩や海藻がよく見えるので、その隙間にいるであろう根魚なんかを釣れば「楽勝‼」という魂胆…。ところが、(あとで分かったのですが)不運にも干潮・潮止まりのタイミングで潮位も低く、足下に魚の姿は見当たりません。しかも、やや風が出てきて曇り空に…なんだか不安になってきました。

ブラクリにアオイソメをセットし、足下に沈む岩や海藻の間をねらいます

岩がゴロゴロと水中に点在する地形。メタルジグだと根掛かりしそうなため、このままブラクリで足下だけでなくやや沖も探ります。ちょい投げしてから着底、岩の上をやさしくリフト&フォールさせたり、ヒラヒラとゆっくり巻いてみたり、ちょっと長めのステイでエサをユラユラと見せてみたり…。あの手この手で探りましたが、なかなか魚からのコンタクトはありません。エサの力に勝るものはないというのにオカシイ……。

アタリがあったものの、エサだけ取られて残念…。魚が小さいのか?

そこで、津田くんと私は「もっとゆっくり優しく誘った方がイイのでは?」と、下オモリの投げ胴突仕掛に交換。2本バリの仕掛なのでエサの量を倍増し、さらにフワフワと優しく探ってみました。すると、ようやく津田くんの仕掛に待望のアタリがっ。しかし、かなり小さなアタリでハリ掛かりせず、エサだけ取られてしまうといった始末。よほど魚が小さいか、食いが渋いということでしょう。
それでも根気強く釣り続けます。なにせ、魚が居ることは分かったので、なんとか1尾をものにして「釣る」ミッションもクリアしなくてはなりません。次第に天気も悪くなり、時間もあまりありません。エサの付け方を変えたり、オモリの重さを変更したり、結局ブラクリに戻してみたり…と工夫しながらいると…、「き~た~~!」津田くんの歓喜の声とともに、魚が食いついてくれました‼

釣れてくれたのはササノハベラ、通称「イソベラ」です。これで何とかミッションクリア! 嬉しい笑顔とともに釣果写真を撮影し、2人でホッと胸をなでおろしました。
既にかなり粘ったので時間も押し気味、小雨もパラつきだしたのでこれにて撤収。意外にも難航してしまった釣りの部は、潮のタイミングにスケジュールを合わせなかったことが災いしました。次回への反省ですね。

ライトな釣りとクライミングの融合は可能!!

潮のタイミングは見誤ったものの、「もっと登りたい!」「もっと釣りたい!」と欲を出して時間を費やしたり、場所移動を激しくしなければ、釣りとクライミングの融合は可能と分かりました。荷物を最小限に抑えたり、時間の過ごし方・スケジュールを事前に決めておくなど、ちょっとした工夫さえすれば無理なく楽しめそうです。

休日をめい一杯楽しみたい! その楽しみ方は人それぞれです。モチロン一つのことに集中して楽しむのもよいでしょう。しかし、今回のように「あれもこれもチョットずつ摘まみながら楽しむ」のも、たまにはアリではないでしょうか。何にせよ休日1日の時間はみな等しく24時間。うまい工夫としっかりとした計画を練っておけば、充実した休日を過ごせることは間違いありません。
ゆるく「ライト」に…、釣り&クライミングに限らずいろいろなアクティビティの融合を、自分なりに楽しんでみてはいかがですか?

※クライミングは危険をともなうスポーツです。くれぐれもケガや事故に注意し、経験者と一緒に自己責任のうえ行ってください
※クライミングを楽しむ際は、クライミング可能なエリアやスポットを、(クライミングジムや熟練者、場合によっては自治体に)事前にご確認ください
※岩場で楽しんだ後は、岩の清掃やゴミの持ち帰りをお願いします
※上記は釣りや釣り場についても同様です。マナーを守って楽しみましょう

※本文は都合により脚色を交えております。ご了承下さい

The post どうせなら、一粒で二度美味しい方がイイ
ライトに楽しむ釣り&クライミング appeared first on WEBマガジン HEAT.

【関連記事】

おすすめの記事