Yahoo! JAPAN

宮田俊哉のエダマメ愛が爆発!詐欺師たちの宴、音楽劇『グレートプリテンダー』開幕

エンタステージ

宮田俊哉のエダマメ愛が爆発!詐欺師たちの宴、音楽劇『グレートプリテンダー』開幕

2021年7月4日(日)に音楽劇『GREAT PRETENDER グレートプリテンダー』(グレプリ)が東京・東京建物 Brillia HALLにて開幕した。初日当日に公開ゲネプロと取材会が行われ、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)、美弥るりか、加藤諒が登壇した。

本作は、映画『コンフィデンスマンJP』などで知られる古沢良太が脚本・シリーズ構成を手がけた人気アニメ「GREAT PRETENDER」を、斎藤栄作の脚本、そして河原雅彦の演出で、生バンド演奏による“音楽劇”として初舞台化したもの。信用詐欺師(コンフィデンスマン)たちによる、世界を股にかけた壮大な詐欺ゲームが繰り広げられる。

物語は、自称“日本一の天才詐欺師”こと枝村真人(エダマメ)を中心に描かれる。年寄りや旅行客相手に詐欺を働いていたエダマメが、ある日、標的に選んだ外国人はまさかの同業者!彼の名はローラン・ティエリー。エダマメを気に入ったローランは、ロサンゼルス・ハリウッドで映画プロデューサー、エディ・カッサーノをターゲットに“ある勝負”を提案する・・・。

主演の宮田は、エダマメとして自称“日本一の天才詐欺師”を演じる。共演は、エダマメが行動を共にすることになるコンフィデンスマン、ローラン役に美弥、舞台版オリジナルキャラクターで、伝説の検事・北大路役に加藤。

さらに、ローランと共に活動する、抜群の運動能力をもつコンフィデンスマン、アビゲイル・ジョーンズ役に山本千尋、ローランを逮捕すべくロサンゼルスに現れる、美しく知的なFBI敏腕捜査官ポーラ・ディキンス役に仙名彩世、エダマメと組んで詐欺を働いている工藤役に福本伸一、ポーラの部下で変装の名人キム・シウォン役に平田敦子、カッサーノのボディーガード、サラザール役に三上市朗。そして、表の顔はハリウッドの映画プロデューサー、その実態は、裏社会を牛耳るマフィアのボスであるカッサーノ役を大谷亮介が演じる。

取材会では、まず宮田が「このご時世に舞台をできるというのは、演者としてすごく幸せなことなのでワクワクしています」と初日を迎えた心境を披露。8年ぶりとなる主演舞台について「8年前をもっと前のことのように感じるぐらい、目まぐるしい日々を過ごさせていただいたので、舞台のお芝居ってどうやればいいんだろうかというところからのスタートでした。見てくださって、良かったと言ってもらえたら本当に幸せです」と感慨深げに語った。

美弥は「宮田くんが多忙な中、一生懸命に稽古する姿にいつも私たちは胸を打たれ、そんな宮田くんのためにも最高の舞台にしたいと一生懸命に稽古してきたので、とにかく無事に千秋楽までみんなでできたらと思います」と明かした。

加藤は「このご時世で海外旅行とか行けないですが、この舞台ならハリウッドを体感できますし、素晴らしい役者さんたちが出演されていますので、ぜひ生の舞台を味わいに来ていただきたいです」とアピール。

原作ファンを公言する宮田は、オファーを受けた時の気持ちを「アニメ原作の作品を演じるのは初めてだったので、好きが故にプレッシャーがすごかったです。「俺で大丈夫なのか!?」って」と振り返りつつも、「この作品が決まった時に、嬉しくてキスマイのライブのアンコールのTシャツの背中に「自称“日本一の天才詐欺師”」とプリントしてもらってライブに出ていたんです」とエダマメ愛エピソードを披露。

また、演じるエダマメとの共通点について「エダマメはコーヒーが好きで、僕もコーヒーが大好きなのでそこが共通点だと思います」と答えると、美弥と加藤から「それだけ!?」とWツッコミ。会場の笑いを誘った宮田は、あらためて「スタイルも手足の長さもそうだし、エダマメは、ちょっと逃げる時にがに股で逃げるんですけど、僕もわりとがに股なので、そういうところもエダマメっぽいとマネージャーさんから言われました」と共通点を挙げた。

そんな宮田のエダマメぶりについて、美弥は「実写化として完璧ですよ」と絶賛。加藤も「宮田くんもいじられキャラだから、そこは根っからのエダマメかな」と話すと、宮田が「諒くんには言われたくないよ!」とツッコミを飛ばす一幕も。

男役としてリアル男性陣の中に入る美弥は「急に男役で入ると、皆さんやりづらくないのかなと最初はあったんですけど、稽古が始まってすぐにローランとして皆さんが一緒に芝居をしてくださったので、皆さんのおかげで楽しくお芝居させていただいています」と感謝を述べると、2年ぶりとなる男役について、「立ち振る舞いとか忘れていないかと思ったんですけど、そこは意外とすぐにできました」とブランクが関係ないことを訴えた。

その美弥が演じるローランについて、宮田は「本当にカッコイイんです。稽古の時に、カッサーノとの会話シーンでウィンクしているんですけど、それを見て、カッコイイ!!と思っちゃいました(笑)」と稽古場エピソードを披露すると、美弥は「(ウィンクは)無意識でした。変に思われていないかなと心配ですね」とはにかんだ笑顔を見せた。さらに、宮田は「アニメのローランがすごく色気のあるキャラクターなんですけど、美弥さんの色気とローランの色気とが結びつくんですよ」と魅力を解説。加藤も「本当に鼻につくほど色男ですよ!」と劇中の台詞をもじって称賛した。

舞台版オリジナルキャラクターの役作りについて、加藤は「台本を読んだ時の印象だと、結構ぶっ飛んでいたり、コメディ要素が強い役なのかなと思っていたんですが、稽古場でいざやってみると演出家の河原雅彦さんに「そんな面白くしようとしないでほしい」と言われてしまいました(笑)。だから、真面目にシリアスにやっています」と語った。

その加藤に対して、宮田は「エリートの顔をしているんですよ、お芝居の時に。ムムってエリートな顔をしていて、寝る前に諒くんのエリートな顔を思い出して、幸せな気持ちになる」と満面の笑みを浮かべると、加藤が「好きだねー僕のこと」と反応。すかさず宮田も「好きなのよー、好きになっちゃったのよー」と息の合った掛け合いを見せつけると、会場が爆笑の渦に包まれた。

取材会の最期に、宮田は「音楽劇ということなので、生バンドの中でお芝居をしたりというのもありますし、個人的にもミュージカルの歌い方というの初めてなので、初めて尽くしの舞台になっています。とにかく、この作品は面白いです!間違いないです!ですけど、こういうご時世なので行きたいけど、行かれないという方ももちろんいらっしゃると思うので、そのような方は心の中で千秋楽まで僕らが舞台に立てるように応援してくれていたらいいなと思っています」と呼びかけた。

初の舞台化となる今作のストーリーは、原作のCASE1:ロサンゼルス・コネクションをベースに構成。原作の持ち味を活かしつつ、加えて、生バンドによる原作アニメのOPテーマ曲「G.P.」を筆頭としたスタイリッシュで疾走感あふれる楽曲の数々が、音楽劇として“グレプリ”ワールドを舞台上に見事に実現している。

そして、何よりも取材会でもエダマメ愛を爆発させていた宮田が演じるエダマメは予想以上にエダマメで、まさしくハマり役!いじられキャラながら、元来は真面目でお人好しというエダマメを、英語なまりを表現する日本語の方言を駆使するセリフ回しと共に熱演を見せていた。

さらに、男役として美弥が演じるローランの色男っぷりが舞台上に華やかさを彩り、加藤が演じる舞台版オリジナルキャラクターが観客目線で物語を引っ張っることで、スリリングな騙し騙されの“コンゲーム”な展開の連続と、軽妙なユーモアが綴られる痛快クライム・エンターテインメントとして仕上がっている。

果たしてだまし抜くのは誰か?一癖も二癖もあるコンフィデンスマンたちによって、世界を股にかけた壮大な“コンゲーム”という名の宴の幕がついに開かれる!

音楽劇『GREAT PRETENDER グレートプリテンダー』は、7月4日(日)から7月25日(日)まで東京・東京建物 Brillia HALL、8月4日(水)から8月8日(日)まで大阪・オリックス劇場にて上演。

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

音楽劇『GREAT PRETENDER グレートプリテンダー』公演情報

上演スケジュール

【東京公演】2021年7月4日(日)~25日(日) 東京建物 Brillia HALL
【大阪公演】2021年8月4日(水)~8月8日(日) オリックス劇場

スタッフ・キャスト

【監修】古沢良太
【脚本】斎藤栄作
【演出】河原雅彦

【出演】
宮田俊哉
美弥るりか 加藤諒 山本千尋 仙名彩世

庄司ゆらの 前田悟 伽藍琳 小島亜莉沙 大澤えりな 吉田繭 當真一嘉
安福毅 横沢健司 穴沢裕介 真鍋恭輔 辺田友文 岡野一平 黒沼亮 工藤翔馬

福本伸一 平田敦子 三上市朗 大谷亮介

<MUSICIAN>
Bass:立川智也 Keyboard:矢吹卓 Guitar:武藤良明 Drums:沼直也
Percussion:伊達弦 Sax&Flute:武田和大 Trumpet:二井田ひとみ/河原真彩

【公式サイト】https://www.greatpretender-stage.jp


【関連記事】

おすすめの記事