Yahoo! JAPAN

フォローからの左ヒジの使い方が身に付く「フィニッシュドリル」とは?【究極のシンプルスイング キープレフト理論 実戦強化編/ゴルフ】

ラブすぽ

フォローからの左ヒジの使い方が身に付く「フィニッシュドリル」とは?【究極のシンプルスイング キープレフト理論 実戦強化編/ゴルフ】

左ヒジをたたみ


ヘッドカバーを真後ろに飛ばす

ボールがつかまらない人は、フォローで目標方向にクラブを真っすぐ出したり、逆に左サイドに引き込んでいるかもしれません。前者ではヘッドの軌道がインサイド・インにならず、後者では結果的にカット軌道になる。つかまらないのはそのためです。

ともに共通しているのは左ヒジの使い方が間違っていること。フォローからフィニッシュの過程では、左ヒジは伸びても、引けてもダメで、たたむことがポイントです。

同じたたむのでもスイングでは体全体が動いています。そのためフォローでたたんだのでは遅いので、インパクト直後でたたむようにします。

これはヘッドカバーを持ってスイングし、フィニッシュで投げるとよくわかります。タイミングよく左ヒジがたためると、ヘッドカバーはフィニッシュ時の真後ろに飛びますが、問題があると左右いずれかの後方に飛びます。

出典:『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』著/和田泰朗

【関連記事】

おすすめの記事